• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • マロニエファッションデザイン専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ファッションビジネス学科
  • ファッションアドバイザーコース

大阪府認可/専修学校/大阪

マロニエファッションデザイン専門学校

マロニエファッションデザインセンモンガッコウ

ファッションアドバイザーコース

ショップ店員のプロとしての知識と技術を身につけ、さらには店長やバイヤーの技術もついてくる

学べる学問
  • 服飾・被服学

    快適な衣服や、服飾に関する理論と技術を研究する

    快適な衣服とそれに付随する服飾に関する理論と製作について、素材、テキスタイル、デザイン、製造まで幅広く研究する。流通や販売も研究テーマとなる。

目指せる仕事
  • ショップ・店オーナー・経営者

    ショップの所有者兼店長。自分のアイデアをフルに生かして店を経営する

    自分の資金で店舗物件を借り、商品をそろえるため、開店したショップは自分の所有物(個人事業主)になる。オーナーであると同時に店長として店舗に立つ人が多い。業務内容は普通の店長と変わらないが、仕入れでも内装でも自分のアイデアを自由に実現しやすいのが魅力。経理や資金繰りなど経営面の責任は重大。

  • ファッションプレス

    商品や自社イメージを宣伝する

    商品や企業イメージをPRするアパレルメーカーの宣伝広報担当者。雑誌撮影やテレビ番組への商品の貸し出し、マスコミ取材への対応、広告印刷物の制作などが代表的な仕事だ。商品のPR効果を見極めたり、企画内容や掲載状況をチェックしたりと仕事内容は幅広い。

  • ファッションバイヤー

    流通業界の仕入れのプロ

    デパートや専門店、スーパーマーケットなどで買い付け、仕入れを専門に行う。消費者ニーズを把握し、営業方針や企画に沿って売れる商品を仕入れるのが役目。流行に敏感な感性や売れるものを見極める目、的確な計算能力や交渉力などさまざまな能力が必要とされる。

  • アパレルマーチャンダイザー

    アパレル商品の販売をトータルでコーディネートする

    市場調査をもとにシーズンごとに移り変わるファッションの流行を予測し、どの商品をどれだけ作るか、価格はいくらにするか、どの店舗にどれだけ置くかなどを決めていくアパレル業界の専門職。一つの商品に関して、企画・開発から、販売計画の立案、仕入れ、さらに販売促進活動や広告・宣伝までを一貫して担当するのがこの仕事の特色。ファッションやマーケティング、流通ビジネスに関する専門的な知識はもちろん、情報収集力につながる感性や好奇心、積極性や営業手腕なども求められる。

  • ファッションショープランナー

    ファッションショーの演出方法や構成を決める

    ファッションショーの企画を担当。まず出品予定の衣装や主催者の意向などを参考に、イメージを膨らませ、ショーのコンセプトを決める。それに基づき、会場レイアウト・音響・照明・特殊効果などの演出プランを練り、進行を管理する。

  • ファッションコーディネーター

    シーズンごとにショップの方針を決定

    アパレルメーカーのショップ担当者、小売店経営者としてシーズンごとの営業戦略を立てる。どんな服をどれだけ仕入れるのか、そのコンセプトは何か、どうやって売るかなどを企画し、担当のバイヤーに仕入れの方針を提案したり、時には自ら買い付ける。

  • ファッションアドバイザー

    服選びなどのアドバイスを行う

    専門店やデパートにおいてその人に合う洋服選びや小物などとのコーディネイトの仕方をアドバイスするのが仕事。担当している商品に対する知識はもちろん流行にも敏感であることが求められる。人当たりのよさも大切な資質。

  • ファッションスタイリスト

    ファッションから小物まで自分のセンスでコーディネート

    雑誌やテレビの撮影のために、タレントやモデルのファッション全般をコーディネートする仕事。場面にふさわしい服や小物を選択・収集し、現場でのセッティングを行う。求めるものをどこで調達するかといった人脈や借りたものを丁寧に扱う細やかさも求められる。著名人などのイメージアップのため、ファッションを演出することもある。

  • ファッション店員・店長

    洋服店を訪れるお客さまにセンスを生かして最適なファッションや商品を提案

    アパレルメーカー直営店やセレクトショップなどの洋服店で、店舗を訪れたお客さまに洋服を販売する仕事。店員は、商品のディスプレイや管理、接客、会計などを担当する。お客さまの好みやスタイルに応じて、似合う洋服を提案するのも大切な役割。そのため、店舗で扱う商品はもちろん、ファッションの流行や色・素材に関する専門的な知識が求められる。店長は、スタッフの採用や接客の指導、仕入れや売り上げの管理、販売促進のための企画などを担う。店員からステップアップするのが一般的だ。

  • ファッション商品企画・開発・管理

    アパレルメーカーで消費者のニーズにこたえる洋服を作り、流通させる仕事

    洋服は、人々のニーズや流行に沿った商品のアイデアを考えるところからはじまり、それをデザインし、素材や加工法などを決め、工場で生産し、小売店に出荷することで消費者の手に届く。工場での生産は外注することもあるが、企画・開発、生産や在庫、品質の管理はアパレルメーカーにとって中核となる業務だ。企画・開発には、素材などに関する専門知識やセンスに加え、マーケティングの知識やプレゼンテーション能力も不可欠。生産管理や在庫管理は企業の利益に直結する業務であり、ビジネス感覚があり数字に強いことが大切になる。

初年度納入金:2017年度納入金 112万円  (併修費用別途。このほか教材費・諸費等が必要です)
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

売上トップを走り続けたショップ店員が教える接客技術
ショップで楽しみながら売上をあげる秘訣や、ショップで実際に使用していた接客技術を伝授。そして何よりもショップ店員にとって大事なお客様にもう一度ショップに来てもらえる接客を習得できる。将来は店長やバイヤーになるのも見据え、ショップに関する事を専門的に学びます。

実習

卒業制作展で実際にショップ店員として活躍してもらいます
学内行事の集大成でもある卒業制作展。そこではオリジナルのショップが設置されます。ファッションアドバイザーコースの生徒は、ショップのレイアウトはもちろん、お越しになったお客様に対して実際に接客・販売を行ってもらいます。
現役のショップ店員が伝えるショップの“今”
ショップというものは時間とともに変化していくものです。現在現場で活躍する販売員がショップの“今”とともに、その変化にどう対応するべきかを実際に接客をしてもらいながら、指導してくれます。この授業を受けていれば、現場にでても不安なく働けます。

卒業後

ファッション業界での“自立”をめざすキャリア教育
ファッション業界でずっと活躍し続けるには、自らの力で未来を切り拓く“自立”できる力が必要。担任教員とキャリア面談を通じ就職だけではない自分のキャリア、将来の目標を設定。目標達成のために現状の確認と、必要な学習工程・活動も設定。半年ごとの振り返りで学習工程・活動を見直しモチベーションの維持を図ります。

研修制度

自分が希望する研修先へ行けるように学校全体で全力サポート
業界の空気を在学中にいち早く感じ、就職に備えるインターン制度。それぞれが希望するインターン先へ就職部の経歴を活かし用意します。また1万人以上の卒業生を輩出している実績も手伝い、様々な分野でのインターンが可能です。

併修制度

希望があれば大学卒業資格も取得できるので、ご両親も安心
産業能率大学通信教育課程との併修制度により、学士の学位取得をめざせるコースです。本コース修了後、本校ファッションマスター学科(4年制)の3年次に編入し、学士の取得をめざします。単位互換認定制度など、学習の負担が軽くなる制度も用意しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • ファッションビジネス能力検定 、
    • ファッション販売能力検定 、
    • 色彩検定(R) 、
    • ファッション色彩能力検定 、
    • 販売士

    ほか

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒531-0041 大阪市北区天神橋7-7-4
フリーダイヤル 0120-062-456

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区天神橋7-7-4 「天神橋筋六丁目」駅から6番出口を出て徒歩 2分
「天満」駅より徒歩 8分

地図

 

路線案内


マロニエファッションデザイン専門学校(専修学校/大阪)