• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 阿佐ヶ谷美術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • paricoさん(視覚デザイン科/イラストレーター)

東京都認可/専修学校/東京

アサガヤビジュツセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

イラストレーター  として働く  paricoさん  にインタビュー!

  • ものづくり業界
  • クリエイティブ職
  • モノを作るのが好き
インタビュー

店頭に並び、Twitterで話題に。自分の作品を楽しんでくださる人がいるのが醍醐味!

この仕事の魅力・やりがい

自分の描いたイラストが雑誌に載り書店に並んだり、キャラクターとしてぬいぐるみ等のグッズに展開されたり。成果物を皆さんが手に取って楽しんでいる様子を見ると「この仕事は楽しい」と幸せを感じます。WebやSNSを通し「作品を見ました」と新たな仕事をいただくケースも増えています。例えばテリー伊藤さんが初監督された映画『10億円稼ぐ』のお仕事もその一つ。キャラクター作りを依頼されました。そう、“ナニティ”は私の作品なんです。想定外の経路で仕事が来て、作品発表の場がどんどん広がっていくのも嬉しい。また私が描いたLINEのキャラクターが多くの方に使われ、Twitterで話題になっていたりするのもモチベーションになっています!

イラストレーターとして働くparicoさん

愛犬ロボとも過ごせる仕事場。左手が“ナニティ”

イラストレーターとして働くparicoさん
今の仕事との出会い・きっかけ

新しいキャラクターを生み出し続けたい

今の仕事との出会い・きっかけ

2年生のとき『デザインフェスタ』に参加。低予算で作れる缶バッジやカード、ファッション小物類等の制作物やポートフォリオを披露しました。すると後日モバイルコンテンツ会社から連絡があり仕事へと発展。Webの“育成ゲーム”のキャラクターとそれにひもづく着せ替え小物類のイラストの作成で、これがコンスタントに仕事となり、卒業後そのままフリーとして独立でき現在に至っています。「好きだ・やりたい」を行動に移すことできっかけやチャンスが寄ってくるんですね。モノ作りが得意な私たちは、やはり発表の場を活用していくのがいちばんだと思います。もじもじせず自分らしいスタイルで人と交流していく。行動がすべての仕事に繋がります。

私の学生時代!

打ち合わせではしっかり要望を聞きアイデアを伝える

私の学生時代!

先生を驚かせたい・褒められたい。いつも目指していました(笑)。だから追求するのは超オリジナル。雑誌作りの課題では印刷不可能なモコモコの表紙にし、「意表をつかれた」と褒めていただいた想い出があります。提出物の期日を守るのもそう。褒められたい一心で約束を厳守していたのです。でもこれが習慣化したおかげでとても役立っています。仕事はたくさんの人との関わりによって生まれ作品が世に出ていきます。良いモノを納期を守って提出する。仕事の依頼を継続的にいただけるのはそのベースがあるからだと感じています。学生時代には気づかなかったけれど、学びを通してたくさんの事を身につけられたのがアサビなんだなと実感しています。

プロフィール

paricoさん のプロフィール

イラストレーター(フリーランス)/視覚デザイン科/2007年3月卒/自宅兼職場では愛犬「ロボ」がいつも一緒。雑誌、Webなど活動の幅は広く、最近はLINEスタンプの制作も積極的に行っている。『なまいきうさぎ』シリーズはヒット作。他にもオカマちゃんキャラの『アタシに話して』もparicoさんの作品。paricoさんのLINEスタンプシリーズは24弾に(2016.1.14現在)。「LINEで自分が会話している時にこんなシーンに使えるキャラクターが欲しいな、と思うことが発想の原点になります」。仕事はマイペースながらできるだけ前倒しで進め、常に新しい案件にも対応できるようにしているという。

この先輩が卒業したのは…

阿佐ヶ谷美術専門学校 視覚デザイン科

学校イメージ

アートな中庭は語りの場

1年次は、基礎造形やデザインの基礎知識を幅広く学び、2年次以降は具体的な課題を制作します。例えば、在校生一人ひとりが自分の身の回りのことを取り上げて、一冊の雑誌をつくる課題『私の雑誌』。また、実際に店頭で売られている健康飲料をテーマに「商品はどのように売られているか?」「他の飲料との違いは何か?」など商品の裏側を考えながら、パッケージをもう一度デザインするプロジェクトなど、より実践的に取り組みます。他にも『イラストレーション』や『写真』などの授業があり、広告・雑誌・ポスター・パッケージなどの印刷物のデザインを総合的に学習。社会に向けて情報を発信するために必要なスキルとプロセスを身につけます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

阿佐ヶ谷美術専門学校(専修学校/東京)