• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 岡山科学技術専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 映像音響学科

岡山県認可/専修学校/岡山

オカヤマカガクギジュツセンモンガッコウ

映像音響学科

募集人数:
30人

[職業実践専門課程]テレビ・音楽・イベント業界へ!プロと同じ機材と技術で映像・音響・照明のエキスパートをめざす。

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 映像カメラスタッフ

    感性と想像力で映像をつくりだす

    TVや映画などのスタジオやロケーション現場でカメラを操作するのが仕事。カメラの知識、操作技術はもちろん、場面の内容や展開によってどのようにアングルやショットを変えるかなど、感性や想像力も求められる。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • ラジオ・テレビ放送技術者

    放送に必要な専門技術を駆使

    放送に関わる電波の送信をしたり、番組制作で音響、照明や中継などに携わる。また新しいメディアとしてインターネットを使った事業を進めたり、最先端のCG技術を番組に取り入れるなどのマルチメディア化や更なる技術開発にも関わる。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • MA(マルチオーディオ)ミキサー

    映像と一体化した音づくりを演出

    MA(マルチオーディオ)ミキサーとは、映像と音楽が一体化した作品の中で、音をメインに扱うスペシャリストのこと。扱うものはテレビ番組からCM、ビデオ作品までさまざま。作業はコンピュータのハードディスクに音を取り込んだ後、映像に合わせた選曲をし、その映像と音をミキシングマシーンで微調整する。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • イベント制作スタッフ

    会場作りから広報までイベント全般を担当

    企業の販促イベント、地方自治体の主催する博覧会や展示会、コンサートなどの実施を請け負い、その制作・管理をする。企画や演出にそった会場作り、パンフレットの制作、音響や照明スタッフとの打合わせ、広報活動などを担当。当日も滞りなく進行できるよう受付やアルバイトスタッフの管理などをする。

初年度納入金:2018年度納入金 120万円  (入学金22万円を含む。)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

テレビ・ラジオ・コンサートにかかわりたい人へ
新技術が次々と生まれている映像音響業界。その中で、楽しいエンターテイメントを作っていくために、幅広い実習と現場体験でスキルをみがこう。映像・音響・照明をトータルに学べるから、現在もたくさんの卒業生が県内外で活躍しています。最先端を担うプロフェッショナルの現場で、緊張感や臨場感を体感しながら学びます。

卒業生

見ている人たちに感動を与えられるような“あかり”を作りたい!
「舞台照明家になりたいという小学校からの夢が、カギセンで学ぶことにより益々大きなものになりました。現在はコンサートやイベントでピンスポットを担当。自分でプランニングした照明デザインで感動を与えるのが将来の目標です」。((有)スペース・アート/照明技術者/2014年3月卒 光實 亜衣さん 岡山御津高校出身)

資格

舞台機構調整技能士2級の実務経験が免除!
舞台機構調整技能士(音響機構作業)は、舞台や音響関係で唯一の国家資格。本校は資格認定校のため、3級取得後、実務経験なく2級の受検が可能です!将来コンサートホールで働きたい人、PAやミキサーを扱う仕事に就きたい人には欠かせない資格です。

クチコミ

テレビスタジオセット!
実習ホールに組み立て式のテレビスタジオセットを導入。舞台上で行われるさまざまな演奏や芝居が、瞬時に撮影スタジオに変化。テレビ番組やCMなどの撮影のほか、ライブ撮影なども可能なため、映像、音響、照明の効果を最大限に活かし、裏方として幅広い知識と技術が身につきます。

制度

現場の緊張感を体験する、インターンシップ制度
インターンシップとは、業界で実際の仕事現場を体験しながら学ぶ制度。有名なアーティストの全国ツアースタッフや、テレビ中継スタッフとして、あこがれの業界で現場に出てスキルアップをめざします。インターンシップを入社前の試用期間としている企業もあり、就職への第一歩となることもあります。

研修制度

バックステージに潜入!
毎年、校外研修としてミュージカル鑑賞に行きます。閉演後にはステージに上がり、舞台裏を案内していただいたり、現場の人から直接指導を受けたりと、普通はできない貴重な体験をすることができます。ほかにも、テレビ局やコンサートホール、テーマパークなどで、現場にふれる機会をもうけています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

舞台機構調整(音響機構調整作業)技能士2級・3級<国>
※在学中に2級まで受験可能

目標とする資格

    • 映像音響処理技術者資格認定試験 、
    • ビジネス著作権検定 、
    • 電気工事士<国> (第二種)

    ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    株式会社大阪共立 、 株式会社ファンテックス 、 株式会社ピーエーシー ウエスト 、 株式会社東京舞台照明大阪 、 有限会社ネクサス 、 株式会社テクニカルトータルサービス 、 株式会社MABU 、 ジーエムピー株式会社 、 株式会社ビデオコム 、 株式会社コローレ ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒700-0032 岡山市北区昭和町8-10
フリーダイヤル 0120-45-7171
E-mail info@mail.oist.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
昭和町校舎 : 岡山県岡山市北区昭和町8-10 「岡山」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内


岡山科学技術専門学校(専修学校/岡山)