• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 岡山科学技術専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ものづくり工学科

岡山県認可/専修学校/岡山

オカヤマカガクギジュツセンモンガッコウ

ものづくり工学科

募集人数:
25人

【職業実践専門課程】アイデア、発想をカタチにする、次世代を担うものづくりのプロを育成。

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    物質を構成する素粒子の一つである電子の流れ、つまり電流を、実験や実習を多用して、エネルギーや情報伝達の要素として研究していく学問。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 金属・材料技術者

    さまざまな金属やセラミックなどの新素材の開発をしたり、製品の製造現場での新しい技術を開発したりする。

     モノを作る現場では、モノを作るための素材が必要になる。機械などの場合は、さまざまな金属やセラミックなどの新素材がそれ。どういう目的で、どんな形状のものを作るかという話になった際、重要なのがこの材料。目的にかなった強度や加工のしやすさ、耐久性など、材料次第でうまくいくことも失敗することもある。しかも、商品にするためには、コスト管理も欠かせない。そのような金属や材料に関しての専門知識を持ち、時には新しい素材の開発を行ったり、加工技術に工夫を凝らしたりするのが金属・材料技術者。

  • CADオペレーター

    コンピュータを使って建築用図面や設計図を作成

    CADとはComputer Aided Designの略で、鉛筆の代わりにライトペンやタブレットを用いてコンピュータ画面で設計を行うシステム。CADシステムは、建築会社をはじめ、各種機器メーカー、デザイン関連会社、自動車、航空機、通信などさまざまな業界で導入されている。

初年度納入金:2018年度納入金 120万円  (入学金22万円を含む。)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

幅広く学び、高い就職率を維持
航空機、船、自動車、電化製品、医療機器、食料加工品…。ものづくりは機械を使って行われるため、活躍分野が広く就職のチャンスにも恵まれています。「ものづくり工学科」では、ものづくりの基礎基本である材料の選び方から、機械加工法にいたるまで、わかりやすく、楽しく、そして安全に学ぶことができます。

授業

基礎を身につけ、得意分野を伸ばす指導
「ものづくり工学科」では、個人の能力に合わせた丁寧な指導で、基礎をしっかり身につけるとともに、それを応用できる能力の向上をめざしています。旋盤・フライス盤などの機械操作や溶接など、幅広い分野を学ぶことができ、得意な分野はマンツーマンの指導で、さらなるスキルアップをめざすことができます。

実習

難しそうに思える3次元CADも楽しく身につける
「CAD実習」では3次元CADソフトの「SolidWorks」を使用。このソフトは、高機能にも関わらず、意外なほどスムーズに操作できるので、ゲーム感覚で楽しみながら実力をつけることができます。CADは就職先の企業でも利用率が高いソフト。カギセンでしっかりと技術をマスターして、就職活動に備えましょう。
時間が止まる木工実習
人気の木工実習では、デザインを最初から最後まですべて自分で行います。先生のアドバイスを受けながら、置時計・丸椅子などの制作を材料選択からじっくり行うので、作品が仕上がるまで時間が経つのもわからないほど夢中になって取り組めます。大部分が手作業なので「ものづくり」の基礎的能力を身につけることができます。
金属加工の技能検定に対応したものづくり実習
金属部品やプラスチック製品の金型作成に必要な金属加工。フライス盤を使用した金属加工は段取りが重要です。現場経験豊富なベテラン講師が、工作物の取り付けから切削の順序、長さを精密に測定する機器の扱い方、また技能検定に対応した知識・技術をわかりやすく指導するので、学生たちはみんな素晴らしく上達しています。

卒業後

メカトロニクスの未来を支える「ものづくり」のプロに!
将来は、航空機・船舶・印刷技術・金型製作・機械・自動車部品・プラスチック製品加工など、様々な分野で生産管理者として活躍。また、医療機器・アパレル・食品加工・電気製品・車・船・航空機・建設機械・工作機械・家具・文具・化粧品など、産業界すべての生産現場で活躍できる技術者をめざします。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 2次元CAD利用技術者試験 (1級・2級) 、
    • 電気工事士<国> (第二種) 、
    • 危険物取扱者<国> (乙種) 、
    • ガス溶接技能講習<国> (労働基準監督署)

    技能検定(普通旋盤、フライス盤、機械保全)
    アーク溶接技能講習<国>(労働基準監督署)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    福谷電装株式会社 、 ヒフミ産業株式会社 、 相互車輌株式会社 、 株式会社塩生センター 、 株式会社山本自工社 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒700-0032 岡山市北区昭和町8-10
フリーダイヤル 0120-45-7171
E-mail info@mail.oist.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
昭和町校舎 : 岡山県岡山市北区昭和町8-10 「岡山」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内


岡山科学技術専門学校(専修学校/岡山)