• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 岡山情報ビジネス学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報スペシャリスト学科

岡山県認可/専修学校/岡山

センモンガッコウ オカヤマジョウホウビジネスガクイン

情報スペシャリスト学科

募集人数:
20人

[職業実践専門課程]難関資格・人間力・技術力で勝負!3年間で、即“専”力として活躍できるシステムエンジニアに!

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • データサイエンティスト

    大量のデータを分析して消費者の行動パターンなどを読み取る

    例えば、顧客の購買履歴など、今、企業はマーケット分析や消費者行動などを読み取るために活用できるさまざまなデータを大量に蓄積している。「ビッグデータ」といわれるこれらの膨大で多種多様なデータを分析するのがこの仕事。どのような切り口や角度からデータを取り上げるかを考え、統計学の手法を使ってデータを分析し、事業に役立つ情報を見極めていく。数学やITなど理系の知識も非常に重要だが、同時に、分析の前提になる仮説を立てたり、分析の結果を事業に生かしたりするためには経営やマーケティングなどの知識も必要となる。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

  • セキュリティ技術者

    不法なアクセスや破壊行為から情報を守る

    企業などのネットワークを管理する部門や、専門のセキュリティ会社のスペシャリストとして顧客名簿や機密資料など企業の大切な情報を守る。外部から違法アクセスされるようなセキュリティの欠陥を作らないよう、ネットワークを管理・監視する。

初年度納入金:2017年度納入金 94万円  (入学金18万円、学費76万円)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

高度なスペシャリスト国家試験に合格し、IT最前線で活躍できる技術者に
IT分野の最前線で活躍できる技術者をめざします。情報処理を基礎から学び、C言語、Java、PHP言語など多様なプログラム言語を駆使してシステムを構築する「プログラマー」、企画・設計する「システムエンジニア」を養成。最大5回の受験チャンスを生かして高度なスペシャリスト国家試験の合格もめざします。
情報のスペシャリストをめざして、3つの分野を学習。ハイレベルなシステムエンジニアを育成
学習分野は大きく3つ。一つは「ハイレベルな技術力と応用力」、基礎から高度な専門知識までを身につけ、難関資格の取得をめざします。二つ目は「ヒューマンスキル」、グループワークを通して正確な情報伝達能力を身につけます。三つ目は「企業を知る力」、インターンシップによるリアルな職場体験で実践力を習得します。

実習

初心者からのスタートでも、ワンランク上の技術者をめざせる実習
システムの設計から開発をIT企業の現場で直接体験。1、2年次に2つの企業で10日ずつ実習を行い、卒業後の現場をイメージして即戦力として活躍できる実力を身につけます。パソコンの基礎や情報処理技術者試験を基礎から学び、就職試験時に大きなアピールにつながる国家資格の取得もめざします。

卒業後

専門知識や国家資格を生かした就職活動。活躍のフィールドは多岐にわたります
アルゴリズム、プログラミング、サーバー構築、スマートフォンアプリ開発、IT企業と連携したシステム開発を学び、取得した難関資格や人間力・技術力を生かして、就職活動を行います。上級システムエンジニアとして大手情報処理企業やソフトウェア関連会社、メーカー開発部門、インターネット業界などでの活躍をめざします。

資格

資格はスキルの証明。難関資格の取得は就職活動時のアピールにもつながります
3年間という学習時間と受験機会を最大限に生かし、高度なIT系国家試験に挑戦します。基本情報・応用情報技術者試験<国>をはじめ、ネットワークスペシャリスト試験<国>、情報処理安全確保支援士試験<国>、各プログラミング言語の検定など多彩。情報系のスキルの証明につながる多くの資格取得が可能です。

施設・設備

いつでも使える4つのパソコン室。好きなだけプログラミングに没頭できる
校内にある4つのパソコン室には、約300台のPCを設置。充実した実習環境で学習できるのも、OICが難関資格取得に強い理由のひとつ。これらの設備は、授業はもちろん、空き時間や放課後も自由に使えます。すべてのPCがインターネットに接続され、いつでも自習が可能。試験勉強や、国家試験対策に活用する学生も多くいます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • ネットワークスペシャリスト試験<国> 、
    • データベーススペシャリスト試験 <国> 、
    • 情報処理安全確保支援士試験<国> (2017年4月より実施の新設資格) 、
    • 応用情報技術者試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • Java【TM】プログラミング能力認定試験 、
    • C言語プログラミング能力認定試験 、
    • ビジネス実務マナー検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    TDCソフトウェアエンジニアリング(株) 、 テックスエンジンソリューションズ(株) 、 アイネット・システムズ(株) 、 東京製鐵(株) 、 (株)ソニックス 、 (株)ワールドインテック テクノ・SI事業部 、 (株)アテック 、 (株)ワードシステム 、 シンニチロ建工(株) 、 (株)システムエンタープライズ ほか

※ 内定先一覧

2017年1月現在の内定先

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒700-0024 岡山市北区駅元町1-4 ターミナルスクエア
フリーダイヤル 0120-68-2336
E-mail info@oic-ok.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県岡山市北区駅元町1-4 ターミナルスクエア JR「岡山」駅から徒歩 2分 (地下道直結)

地図

 

路線案内


専門学校 岡山情報ビジネス学院(専修学校/岡山)