• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 京都コンピュータ学院洛北校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • エンジニアリング学系
  • 情報工学科(4年制)

京都府認可/専修学校/京都

キョウトコンピュータガクインラクホクコウ

情報工学科(4年制)

募集人数:
40人

【職業実践専門課程】総合的なシステム開発を行う情報工学・組込みシステム開発のエキスパートをめざす!

学べる学問
  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    物質を構成する素粒子の一つである電子の流れ、つまり電流を、実験や実習を多用して、エネルギーや情報伝達の要素として研究していく学問。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 応用物理学

    社会に役立つ新技術開発に向けて、物理学の応用研究をする

    超伝導など新しい物質の性質の研究、ミクロより小さい構造をもつ材料の研究、レーザーや光を使った計測技術、知能ロボットや生物の神経回路を真似た情報処理技術などさまざまな研究が行われている。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • セキュリティ技術者

    不法なアクセスや破壊行為から情報を守る

    企業などのネットワークを管理する部門や、専門のセキュリティ会社のスペシャリストとして顧客名簿や機密資料など企業の大切な情報を守る。外部から違法アクセスされるようなセキュリティの欠陥を作らないよう、ネットワークを管理・監視する。

  • 電気通信技術者・研究者

    現代社会では欠かせない通信やネットワークに関する様々な技術や研究開発を行う。

    電話やインターネットなど、電気通信に関するさまざまな技術を開発し、新しい通信システムなどを設計・管理するのが電気通信技術者。電話会社や情報通信会社、それらの設備設計・施工を行う会社や、電気機器メーカーなどで活躍する。銀行のATMシステムやインターネットバンキング、電車や飛行機などの制御システムなど大規模なものから、企業内のイントラネットなどの設計・管理など個別のものまでさまざまな分野に関わる。これらの電気通信技術が今後どのように成長し、それが世の中をどう変えていくのかなど研究する。

  • 半導体技術者・研究者

    ダイオードやトランジスタ、集積回路(IC)などに組み込まれている半導体に関する技術の研究や開発を行う。

    コンピュータや冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品、携帯電話など、あらゆる電気製品の小型化・高性能化に成功しているのは、半導体がチップやLSIに大量に組み込まれるようになったから。半導体技術者は、この半導体を開発し、いかに効率よく限られた基盤の中に収めるかを設計し、チェックを繰り返して製品化する。半導体を専門に扱うメーカーのほか、電気・電機メーカーはじめ、さまざまな企業が手がけている。さらに企業の枠を超えて半導体の学会で論文を発表し、大学や各種研究機関とともに研究を進める半導体研究者も多い。

初年度納入金:2017年度納入金 138万5000円  (教材費等別途)
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

4年間の学習で、高度専門士号を付与され、ハード&ソフトウェアのプロに!
京都コンピュータ学院(KCG)の中でも抜群の就職実績を誇る本学科。少人数クラス制のもと、4年制という充実の時間を活かし、ハードウェア・ソフトウェアの両分野の専門スキルを着実に養います。また4年次には、それぞれのゼミに分かれ、各自の好きなテーマで、1年間通して学びを追究。修了後には、高度専門士号が付与されます

カリキュラム

情報工学の世界的権威が設計した実践型カリキュラムを通して、最先端の技術・知識をマスター
情報工学分野の世界的権威・萩原宏博士(故人)が中心となって、カリキュラムを編成。京都大学工学部のカリキュラムも取り入れた学びで、社会で必要とされている情報分野の技術を理倫的・実践的に養います。さらに、ハードとソフトの技術もバランスよく修得。次代を切り拓く情報工学のエキスパートをめざします

実習

自動車や家電などに組み込まれたシステムについて、ハードとソフトの両面から深く学ぶ
「オブジェクト指向設計実習」では、モデリング言語「UML」を習得し、組込みシステムの世界でも注目されているオブジェクト指向によるシステム設計手法を学びます。また「認証システム」では、顔認証、製品の検査、車両の自動走行など幅広い応用が可能な、画像処理による物体認識に関連した技術・知識を実習形式で学びます

ゼミ

「情報工学プロジェクト」は、興味のあるテーマで現場を想定した実践的な開発を行う
「携帯メールの絵文字変換システム」や「顔認証システム」など興味のあるテーマをグループで自由に決め、1年間かけてシステム開発を実施。プロジェクト管理手法やシステムのテスト、性能評価など、実際の現場を想定した実践的な開発で、即戦力となる知識と技術を身につけます

卒業後

ハードウェア開発者をはじめ、ネットワークエンジニアやSE…。多彩な分野での活躍が可能!
携帯電話に組み込まれる極小チップから超高速計算を可能にするスーパーコンピュータに至るまで、ハードウェアとソフトウェアは、互いに密接に関係しながら、急速に進化しています。そのため、ハードとソフトのスキルをバランスよく身につけた本学科の卒業生は、多彩なフィールドでの活躍が期待されているのです

クチコミ

KCGグループ校のひとつ。IT分野のトップリーダー育成をめざす「京都情報大学院大学」
KCGでは2004年4月にIT専門職大学院である「京都情報大学院大学」を開学。応用情報技術研究科ウェブビジネス技術専攻を設置し、CIO(最高情報統括責任者)やシステム統合コンサルタント、ITアーキテクトといった高度専門職業人を育てています。修了すると情報分野の最高学位である情報技術修士号が取得可能です

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 応用情報技術者試験<国> 、
    • エンベデッドシステムスペシャリスト試験<国> 、
    • ネットワークスペシャリスト試験<国> 、
    • C言語プログラミング能力認定試験 、
    • シスコ技術者認定 、
    • オラクルマスター 、
    • 情報検定(情報システム試験)【J検】 、
    • 情報検定(情報デザイン試験)【J検】 、
    • 情報検定(情報活用試験)【J検】

    MCA(Microsoft Certified Associate)
    インターネット検定「.com Master」 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ヤフー(株) 、 (株)カプコン 、 富士通(株) 、 ヤンマー(株) 、 (株)エイチーム 、 (株)NTTデータ関西 、 日立物流ソフトウェア(株) 、 (株)ディー・エヌ・エー 、 (株)画龍 、 関電システムソリューションズ(株) ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒601-8407 京都府京都市南区西九条寺ノ前町10-5
京都コンピュータ学院 入学相談窓口/tel:0120-988-680
hello@kcg.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市左京区下鴨本町17 地下鉄「北大路」駅から市バスで6分、洛北高校前下車徒歩1分
京阪「出町柳」駅から市バスで6分、洛北高校前下車徒歩1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

京都コンピュータ学院洛北校(専修学校/京都)