• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 京都建築専門学校

京都府認可/専修学校/京都

京都建築専門学校

キョウトケンチクセンモンガッコウ

京都のまちがキャンパス!建築の基礎をしっかり学び、さらに伝統・木造建築を修得!

本校は、京都市の中心部に位置しています。京都に点在する歴史的建造物や町並に普段から触れることができ、建築の奥深さと面白さを体感します。京都のまち全体を建築の生きた教材として学べる恵まれた環境です。

京都建築専門学校の特長

学校の特長1

建築の基礎をしっかり学び、さらに伝統建築・木造建築を修得する

鉄筋コンクリート、鉄骨など建築の基礎をしっかり学び、資格そしてその先に備えます。さらに、今注目されている伝統建築・木造建築も修得。最近の建築界の動向として、伝統や木造は省エネルギーや省資源の点からも高く評価されています。本校は古くから、伝統的な技術を受けついできた京都の工務店組合が母体となっており、伝統建築研究科を設置するなど、この分野に力を入れています。また近年では、古い建物のリノベーション(リフォーム)が注目されていますが、その基本を学ぶことができます。

学校の特長2

体験型学習で建築を楽しみながら学ぶ

座学だけでなく、実習やフィールドワーク、グループワークで建築に関する興味を深め好きになるところから始めます。学生は興味、関心、意欲、将来の進路に合わせて幅広く学ぶ事ができます。例えば、古い日本建築の残る京都のまちで歴史や伝統を体験したり、週末や長期休暇を利用して、学生がツリーハウスを建てる課外授業など、実際に自分の手で自然の木材にふれる時間があります。一方でCAD(コンピュータでの図面作成)などの情報教育も充実。社会に出ても役に立つスキルを身につける事ができます。

学校の特長3

ベテランの講師陣がFace to Faceの学びを実現しています

建築・設計のプロが専門科目を担当。多くの専門知識とともに、建築にたずさわる喜びや楽しさを伝えます。小規模校だからこそ、先生が生徒一人ひとりの目標や成長を把握し、きめ細やかな指導を実現しています。また授業やゼミでは「町家」「和の空間」「地域居住空間」など、それぞれ得意分野を持つ講師陣の魅力にも触れることができます。また、京都のトッププロである棟梁が指導担当を行う課外授業も人気。匠の技を身近に学びながら、感性と技術を高めていきます。

学校の特長1

建築の基礎をしっかり学び、さらに伝統建築・木造建築を修得する

鉄筋コンクリート、鉄骨など建築の基礎をしっかり学び、資格そしてその先に備えます。さらに、今注目されている伝統建築・木造建築も修得。最近の建築界の動向として、伝統や木造は省エネルギーや省資源の点からも高く評価されています。本校は古くから、伝統的な技術を受けついできた京都の工務店組合が母体となっており、伝統建築研究科を設置するなど、この分野に力を入れています。また近年では、古い建物のリノベーション(リフォーム)が注目されていますが、その基本を学ぶことができます。

学校の特長2

体験型学習で建築を楽しみながら学ぶ

座学だけでなく、実習やフィールドワーク、グループワークで建築に関する興味を深め好きになるところから始めます。学生は興味、関心、意欲、将来の進路に合わせて幅広く学ぶ事ができます。例えば、古い日本建築の残る京都のまちで歴史や伝統を体験したり、週末や長期休暇を利用して、学生がツリーハウスを建てる課外授業など、実際に自分の手で自然の木材にふれる時間があります。一方でCAD(コンピュータでの図面作成)などの情報教育も充実。社会に出ても役に立つスキルを身につける事ができます。

学校の特長3

ベテランの講師陣がFace to Faceの学びを実現しています

建築・設計のプロが専門科目を担当。多くの専門知識とともに、建築にたずさわる喜びや楽しさを伝えます。小規模校だからこそ、先生が生徒一人ひとりの目標や成長を把握し、きめ細やかな指導を実現しています。また授業やゼミでは「町家」「和の空間」「地域居住空間」など、それぞれ得意分野を持つ講師陣の魅力にも触れることができます。また、京都のトッププロである棟梁が指導担当を行う課外授業も人気。匠の技を身近に学びながら、感性と技術を高めていきます。

学校の特長1

建築の基礎をしっかり学び、さらに伝統建築・木造建築を修得する

鉄筋コンクリート、鉄骨など建築の基礎をしっかり学び、資格そしてその先に備えます。さらに、今注目されている伝統建築・木造建築も修得。最近の建築界の動向として、伝統や木造は省エネルギーや省資源の点からも高く評価されています。本校は古くから、伝統的な技術を受けついできた京都の工務店組合が母体となっており、伝統建築研究科を設置するなど、この分野に力を入れています。また近年では、古い建物のリノベーション(リフォーム)が注目されていますが、その基本を学ぶことができます。

学校の特長2

体験型学習で建築を楽しみながら学ぶ

座学だけでなく、実習やフィールドワーク、グループワークで建築に関する興味を深め好きになるところから始めます。学生は興味、関心、意欲、将来の進路に合わせて幅広く学ぶ事ができます。例えば、古い日本建築の残る京都のまちで歴史や伝統を体験したり、週末や長期休暇を利用して、学生がツリーハウスを建てる課外授業など、実際に自分の手で自然の木材にふれる時間があります。一方でCAD(コンピュータでの図面作成)などの情報教育も充実。社会に出ても役に立つスキルを身につける事ができます。

学校の特長3

ベテランの講師陣がFace to Faceの学びを実現しています

建築・設計のプロが専門科目を担当。多くの専門知識とともに、建築にたずさわる喜びや楽しさを伝えます。小規模校だからこそ、先生が生徒一人ひとりの目標や成長を把握し、きめ細やかな指導を実現しています。また授業やゼミでは「町家」「和の空間」「地域居住空間」など、それぞれ得意分野を持つ講師陣の魅力にも触れることができます。また、京都のトッププロである棟梁が指導担当を行う課外授業も人気。匠の技を身近に学びながら、感性と技術を高めていきます。

京都建築専門学校からのメッセージ

日々の学びを学校ブログで更新中!
詳しくはhttp://kyotokenchiku.ac.jp/blog/category/kac-blog/

<市民講座『京のまちに住む。』>
市民講座「木造の魅力」では、基調講演「京の町衆の暮らしと文化」と討論会「町家を通してまちに住む」を行いました。

<ノミのカツラ直し&研ぎ(木工基礎より)>
1年生の木工基礎授業は火曜日と金曜日に別れ、それぞれ石田、福井2棟梁の指導で行っています。


(4/26更新)

京都建築専門学校の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

建築士

田路 まりかさん

たくさんの人が関わり、協力して造り上げる建築の仕事にやりがいを感じます!

キャンパスライフレポート

詳細を見る

建築科(昼間)設計コース

六波羅 陸さん

将来は父のような設計士になって、家をたくさん建てたいです!

学費(初年度納入金)

2017年度納入金【建築科(昼間)】115万円【建築科二部(夜間)】68万円

就職・資格

就職支援

満足のいく就職につながるよう全面的にバックアップ。

本校の母体となっているのは京都の伝統的な工務店の企業団体。工務店や設計事務所とのつながりも深い学校です。そして60年を超える歴史と実績を背景に、学生一人ひとりが満足のいく就職につながっていくよう全面的にバックアップ。先生と学生が緊密に相談する中で希望や意志を確認し合い、学生の特性や志望を十分踏まえて、きめ細かくアドバイスを行い、満足度の高い就職を目指しサポート体制を充実しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試担当

〒602-8044 京都府京都市上京区下立売通堀川東入ル東橋詰町174
TEL:075-441-1141

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市上京区下立売通堀川東入ル東橋詰町174 JR「京都」駅から市バス 20分 堀川下立売下車 徒歩1分
「神宮丸太町」駅から市バス 10分 堀川丸太町下車 徒歩5分
「丸太町(京都市営)」駅から徒歩 約10分
「二条城前(京都市営)」駅から徒歩 約15分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
建築科(昼間2年制)ご希望の方はコチラ
無料
建築科二部(夜間2年制)ご希望の方はコチラ


京都建築専門学校(専修学校/京都)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ