• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 京都建築大学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 森田 修平さん(建築科/建築士)

京都府認可/専修学校/京都

キョウトケンチクダイガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

建築士  として働く  森田 修平さん  にインタビュー!

  • 住宅・建設業界
  • クリエイティブ職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

設計から建物の完成まで、長いスパンを要する仕事だからこそ、思い入れも強くなります

この仕事の魅力・やりがい

ひとつのプロジェクトにかかわると、住宅の新築であれば、設計から始めて建物が完成するまで最低でも1年以上を要します。長いスパンをかけて、少しずつ形になっていくのを間近で感じられることが、この仕事の醍醐味だと思います。1年の間にはいろんなことが起こります。もちろん、思うように進まないことも少なくありません。だからこそ、完成したときには、そんな記憶が一つひとつ鮮明に蘇り、感慨深いものがあります。そして、最後には、施主様の喜ぶ顔が待っているわけですから、こんな幸せな仕事はありませんね。

建築士として働く森田 修平さん

その時々の状況や条件に合った良い建築をつくりたい!

建築士として働く森田 修平さん
私の学生時代!

京都建築大学校の仲間と共に建築設計事務所を設立

私の学生時代!

昔から建築を見るのが好きで、高校卒業後の進学の際も、建築業界にしか興味はありませんでした。ただ、本当の意味で建築の面白さを知ったのは、京都建築大学校ですごした4年間だったといえます。設計することの楽しさを感じ、4年次には新たにゼミが開設され、卒業設計やコンペなどを通して、楽しく建築を学んでいました。自然と「この仕事で一生やっていきたい」と決心したのもこの頃です。在学中に二級建築士の資格を取得することを目指して、勉強に励んでいた日々も懐かしく思い出します。

後輩への応援&アドバイス

古い民家をリノベートしたオフィス

後輩への応援&アドバイス

どんな業界に進んでも、楽のできる世界はないと思いますが、とくに建築業界は大変だと思います。しかし、その一方で、建築士は非常にやりがいがあって、これ以上楽しい職業もないと思います。もし、建築士に興味があるなら、今から建物をスケッチしてみるのもよいでしょう。将来必ず役に立ちます。スケッチすることで、建築の細かい部分にまで目が行くようになり、建築の見方もどんどん進歩するはずです。

プロフィール

森田 修平さん のプロフィール

一級建築士事務所 STUDIO MONAKA代表/建築科/2010年3月卒/卒業後、一級建築士資格を取得。京都建築大学校の同級生たちと一緒に、建築設計事務所を開設。実際に建築士として働いて実感するのは「様々な方とかかわることができ、視野が広がる」ことだという。

この先輩が卒業したのは…

京都建築大学校 建築科

学校イメージ

ビッグキャンパスが自慢

4年間で「二級建築士」や「インテリアプランナー」の在学中合格・登録を可能にし、大学の卒業資格である学士の取得もめざせます。建築科の2年間は、豊富な実習を取り入れながら、建築を基礎から学習。卒業後進学できる建築専攻科では「二級建築士」「インテリアプランナー」をはじめとする、資格取得のための専門講座に取り組み、多くの資格の取得をめざします。また、2009年4月からは、4年間で学士と高度専門士、両方の取得が可能で、卒業後の一級建築士最短合格をめざす「建築学科」も開設。充実の実習・講義数でハイレベルな専門知識を修得し、将来、建築業界を牽引できる人材の育成をめざします。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

京都建築大学校(専修学校/京都)