• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 新横浜歯科技工士専門学校
  • 学校の特長

神奈川県認可/専修学校/神奈川

シンヨコハマシカギコウシセンモンガッコウ

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

先端技術を取り入れた授業により、即戦力となれる力を身につけます

歯科技工士は、歯科医師と患者さまの要望に応える技工物を製作する技術が求められます。本校では、その技術を発揮できるように1年次は専門的基礎学力と技術力を重点的に習得。2年次からは技工実習に重点を置いて、専門知識と臨床的技術習得にじっくりと時間をかけて実践力を身につけます。さらに日々進歩する歯科医療に対応できるよう、インプラント技工、チタン床義歯、CAD/CAMなどの先端技術を実習授業に導入。さらに学科などの講義は、大学や臨床の第一線で活躍中の講師陣が指導します。豊富な知識と経験で資格取得をバックアップ。幅広い知識と高度な技術を習得することで、患者さまの要望に対応できるように指導しています。学校の特長1

就職に強い

専任教員が学生の希望を完全に把握。納得いくまでサポートします

本校では、学生一人ひとりの適性、就職、進学の希望を専任教員がすべて把握して的確なアドバイスや様々なサポートを行っています。また学校に求人企業を招いてブース形式の会社説明会なども実施。これは企業が求める人材を理解した上で、就職先の幅を広げ、選択基準を明確にすることでそれぞれの希望を叶える工夫です。さらに講義を担当する講師が就職先を紹介することもあります。その結果、国内外の歯科技工所や診療所などに限らず、資格と技術を活かして人工ボディ、補聴器、歯科材料メーカーなど幅広く活躍しています。また、就職だけに限らず、一人ひとりの疑問や悩みに応じた良き相談相手として学生を見守っています。学校の特長2

きめ細かな少人数制

少人数制教育で高い技術を習得。歯型彫刻コンテストで出場校最多、8回の最優秀賞受賞

一人ひとりが確実に技術を身につけられるよう、実習は1グループ学生7~8人に対して専任教員1人が指導します。その結果は平成28年度で17回を数える歯型彫刻コンテストで、8回もの最優秀賞受賞や上位入賞を誇っている実績で証明されています。また、歯科技工士には技術だけでなく知識も必要不可欠。学生が実習で疑問に思ったことは、徹底して理解するまで丁寧に指導。学生は患者さまそれぞれの症例に合わせて、製作する技術を確実に習得します。さらに学生同士、教員・講師と学生の距離が近いので、将来、歯科医師や歯科衛生士と連携して仕事をする上で必要なコミュニケーション能力も養うことができます。学校の特長3
新横浜歯科技工士専門学校(専修学校/神奈川)