• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 九州デザイナー学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • インテリアデザイン学科

福岡県認可/専修学校/福岡

専門学校 九州デザイナー学院

センモンガッコウ キュウシュウデザイナーガクイン

インテリアデザイン学科

募集人数:
40人

「こんな家で暮らしてみたい」「こんなお店があったらいいな」を形にする空間づくりのプロになる!

学べる学問
  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 住居学

    人が住みやすい空間、環境を研究する

    住居に生活面から視点をあて、人がより快適に暮らしやすい住空間を実習、調査、研修などで研究し、その創造をめざす。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 雑貨デザイナー

    文具や食器など生活雑貨をデザイン

    生活雑貨を中心に、形や素材などトータル的にデザインしていく。このところ雑貨人気もあり、デパートなどでも雑貨コーナーを、新設・拡大する傾向にあるようだ。使いやすく、しかも見た目も洗練されたレベルの高いデザイナーが求められる。

  • パッケージデザイナー

    買いたくなるパッケージをデザイン

    お菓子や化粧品など商品の内容や魅力が消費者によく分かるよう、容器・包装などのパッケージデザインをする。商品内容やターゲット、会社のイメージ、使用する素材と商品の相性などを考慮し、思わず手が伸びるようなデザインを生み出す。

  • 工業デザイナー

    家電など工業製品を機能的で美しくデザイン

    ボールペンから飛行機まで、さまざまな工業製品の形と機能性をデザインする。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適なデザインを決め、模型を作り、改善して最終的なデザインを決定していく。

  • 空間デザイナー

    店舗や住宅などの空間の演出家

    店舗やアーケードといった商業空間、一般住宅などの生活空間をどのように使うか提案する。商業空間の場合、店舗の周辺を行き交う人の動きや気持ちを想定して、売場の構成や演出の工夫、商品のディスプレイ等を考える。生活空間の場合、そこに住む人が快適に過ごせるよう、工夫をこらす。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

  • エクステリアデザイナー

    塀や門など、建物の外観に関わるデザインをする

    塀や門、カーポート、フェンスなど建物の外観に関わる製品のデザインをする。玄関部分などをトータルデザインする場合、イメージから素材までを考えていく。顧客や設計・施工担当者の意向を取り入れながら、具体的な形、素材を決めていく力が必要。

  • インテリアコーディネーター

    住む人の立場に立って、快適な住空間を提案・提供する

    顧客の要望を聞いて、内装(住宅の照明や壁紙など)のプランニングアドバイスをしたり、具体的な商品の選択を行い、見積り、施工管理をする。住生活に対する価値観・ライフスタイルなどをきちんと把握し、住む人の立場に立って、快適な住空間を提供する仕事だ。

初年度納入金:2018年度納入金 111万9000円  (別途教科書・教材費・研修費)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

「インテリア」「ショップ」「家具・雑貨」デザインをトータルに学び、総合力を身につける
インテリアコーディネートでは福祉住環境デザインやキッチンコーディネート、照明デザインなど総合的に学習。ショップデザインでは、実際にショップの企画・デザインができる能力を養います。家具・雑貨デザインは、オリジナルの家具製作にトライして技術力を高めます。CADやコーディネートなど総合力を身につけます。

授業

知識ゼロからインテリアのプロへの道
インテリアコーディネートを例に挙げると、1年次にフィールドワークをはじめデザイン基礎知識や立体構成、CADや基礎製図など、基礎力を身につける理論と実践の授業を受講します。そして2年次には、作品製作を視野に入れて演習、実習そして産学協同授業に取り組み、デザイン力、プレゼン能力を養います。

資格

目標とする資格
さまざまなインテリア関連の資格取得をサポートします。インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター検定試験(R)、インテリアプランナー、商業施設士、商業施設士補、CAD利用技術者試験、キッチンスペシャリスト、カラーコーディネーター検定試験(R)などです。

クチコミ

実践リアルで学ぶ!企業や地域との「産学協同プロジェクト」で現場経験を積み即戦力を養う!
2016年は、自動車ディーラー「トヨタカローラ福岡」のショールームディスプレイや、博多駅構内商業施設「マイング」ディスプレイボックスのハロウィン装飾を制作。学科の垣根を越えて、企画~プレゼン、制作まで学生が担当。コミュニケーション力やプレゼン力、仕事に対する意欲が高まり、自信や成長につながっています。

制度

空き時間に他学科や姉妹校の授業を無料で受けられる「FAシステム」
九州安達学園ならではの学びの特長と言えるのが、FAシステム。授業の空き時間に姉妹校や他学科合わせて29学科の中から好きな授業を無料で受講できる制度です。最大活用すれば3年制の学校と同じ授業時間数を学ぶことができ、就職にも有利です。

奨学金

2年間で最大40万円の免除がある2種類の特待生や返済不要の企業奨学金など、学費サポートが充実
「プレスクール特待生」「特待生」の2種類の特待生制度があり、2年間で最大40万円の学費が免除となります。ほかにも2年間で20万円が支給される返済不要の企業奨学生や校友会奨学生など、独自の学費サポートが充実しています。また日本学生支援機構奨学金や新聞奨学生、各種教育ローンの利用もできます。

募集コース・専攻一覧

  • インテリアコーディネート

  • ショップデザイン

  • 家具・雑貨デザイン

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 商業施設士 (要卒業後1年以上の実務経験)

目標とする資格

    • インテリアコーディネーター 、
    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R) 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • カラーコーディネーター検定試験(R) 、
    • キッチンスペシャリスト 、
    • インテリアプランナー

    商業施設士補 
    リビングスタイリスト ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    インテリアコーディネーター 、 インテリアプランナー 、 インテリアデザイナー 、 プロダクトデザイナー 、 照明デザイナー ほか

※ 想定される活躍分野・業界

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒812-0011 福岡市博多区博多駅前3-8-24
フリーダイヤル0120-474-923
staff@eggnet.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
福岡県福岡市博多区博多駅前3-8-24 「博多」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


専門学校 九州デザイナー学院(専修学校/福岡)