• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 鯉淵学園農業栄養専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • アグリビジネス科
  • 畜産コース

茨城県認可/専修学校/茨城

コイブチガクエンノウギョウエイヨウセンモンガッコウ

畜産コース

募集人数:
20人

現場で基礎技術を習得し、畜産加工や循環型畜産など、新しい畜産にも対応できる人材を育成

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 獣医・畜産学

    動物の病気の診断や予防、動物生産の効率化や高度化を研究する

    獣医学は、家畜やペットの病気の診断や予防、治療の在り方を研究していく学問。畜産学は、実験や実習を通じて、おいしい肉や牛乳、品質のいい革製品などをいかに効率よく生産するか、つまり、人間の生活を豊かにするための動物生産を研究する学問。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 酪農家

    おいしい牛乳や食肉などを生産するため家畜を育てる

    農場や牧場などで、牛や豚、鶏などを飼育する。乳製品にしたり、食肉用にしたり、安全でおいしい畜産品等を生産するため、飼育方法や飼料・環境を整え、家畜を育てていく、重労働だが、育てる楽しみがある。

  • レンジャー(自然保護官)

    国立公園の自然を守り、適切な利用をすすめる

    自然公園法に基づく国立公園内でのホテルや道路施設などの開発許可申請の適否について審査するのがレンジャーの仕事。利用者への自然保護の解説、野生生物の保護なども大切な仕事だ。なるには、国家公務員試験にパスし、環境省に採用される以外にレンジャーになる道はない。

  • グリーンコーディネーター

    植物を使って空間を演出。

    観葉植物を使って、店舗やオフィス、イベント会場、家庭の空間を装飾、演出する専門家。さまざまな条件を考慮し、飾り付ける植物を選択。さらに、仕入れ、搬入、手入れまでをトータルに担当する。

  • 農業

    お米や野菜などさまざまな作物を生産する

    農地としての自分の土地をもち、農作物を育て、出荷する。季節や地域、周辺環境によって、つくるものがかわったり、気候や水害などの天候にも大きく影響を受けるので、長年の知識や技術の蓄積が必要。もともと家が農家の場合などが多いが、最近では、仕事をやめて都会からあえて地方にうつり、専門家の指導を受けて農業を始める人たちも出てきている。

  • 林業

    山や森林から木を切り出し、木材として取引きする

    山に入り、必要な種類の木を育て、また、山から木を切り出して出荷、取引きをする。木は、切り続けるだけでは無くなってしまうだけでなく、自然環境にも影響をおよぼす。そのため最近では、森林計画や造林事業などを計画作成し、治山や林道調査・設計をする専門技術員も出てきている。

  • 森林インストラクター

    自然とのつきあい方を教える

    樹木や草花、動物の生態に通じ、森に遊びに来る人と大自然との橋渡しをする。自然の中で行われるイベント、キャンプ、シンポジウムなどで活躍する。現状ではボランティアとしてやる人たちが多い。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

  • 林業技術者・研究者

    森林を守り育てるため、森林の調査・分析のほか、苗木の植え付けや枝打ち、間引き、伐採など計画的に行う。

    林業技術者は、国や都道府県、市町村の林業担当部署や、森林組合、林業を事業としている企業などの所属し、森を守り、育てている。苗木の植え付けや枝打ち、間引き、伐採などを計画的に行うことによって、自然のままに放置しておくと荒れ放題になる森林を守り、伐採によって収穫した材木を有効活用することができる。林業研究者(林学研究者)は、大学の研究室や研究機関で、樹木の科学的性質を研究したり、森林と海との関連を研究するなど、より科学的に、環境全体を見渡した研究テーマをもとに研究活動を行う。

初年度納入金:2016年度納入金(参考) 112万円 
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

将来の畜産を支える、実践力・専門性のある人材を育成
動物、畜産などの基礎科目から家畜飼料・栄養・育種・衛生などの専門科目を体系的に学び、さらに畜産農場での生産・加工・販売実習や畜産実験を通じ、畜産を実践的に学びます。さらに、時代の要請である環境保全型畜産、畜産バイテクなど高度な技術、ハム・ソーセージ加工などの付加価値につながる技術についても学びます。

先生

畜産生産を熟知したスペシャリストを目指す(小島 敏之 教授)
「家畜の現場では、堆肥作り、土作り、草作り、牛・豚・家禽作りなど学ぶことは多い。本校の畜産農場には乳牛や肉牛など家畜のほか15ヘクタールの飼料畑もある。また、講義も充実し、畜産加工施設や直売所もあるので加工や販売も含めて、探究心を持って勉強して、畜産のスペシャリストになってほしい」

設立の背景

「食農一環、環境保全・循環型」教育を実践
飼育する乳牛や肉牛の飼料は、飼料畑で栽培するトウモロコシや牧草も使っています。生産された牛乳は学生食堂で提供され学生たちに好評です。また、学生食堂で出る食品残渣は、家畜の飼料や作物園芸農場の肥料として使用。キャンパス内で「農と食」を循環する一体のものとして学ぶ場を提供しています。

教育目標

農業を担う実践者と指導者、国際協力推進者などを養成
本校では「農業と食生活の改善・発展に寄与できる総合的能力を育成」「循環型社会の実現と国民の健康増進、および食文化の発展に寄与するための食農一環教育の実施」「基礎理論の理解を基に、先端技術に関する専門知識、および現場での実践力と応用力を重視した教育の実施」の三つの教育方針をかかげています。

制度

就職・就農サポート
1年次から個別進路指導があり、就職情報を提供したり、面接や履歴書作成など就活ノウハウについて学びます。セミナー・実習の一部は農業関連企業と協力して実施することで、就職までの道にしっかりつなげます。就農希望者は本校の提携する全国の農業団体・自治体や、国による就農者支援事業の就農サポートも受けられます。

奨学金

本校独自の奨学金制度もあります
「鯉淵学園奨学金(無利子)」は、月額2万円、3万円、5万円から選択できます。日本学生支援機構奨学金の利用も可能です。採用条件や申請方法などは、本校学生募集要項でご確認下さい。また、農林水産省「新規就農総合支援事業(新規就農者確保事業)」の青年就農給付金制度の支給対象です(詳細はお問い合わせ下さい)。
学校概要

「タネまきから食卓まで」が学べる「農と食」の専門学校

創立以来71年、「タネまきから食卓まで」を第一の教育目標に掲げ、食農教育、環境保全、資源循環、食の安全を学習。農と食を結ぶ地域連携を特色とし、「農と食」に携わる全ての産業で貢献できる人材を養成。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 家畜人工授精師<国> 、
    • 毒物劇物取扱責任者<国> 、
    • 危険物取扱者<国>

    農業簿記検定試験(3・2級)
    家畜体内受精卵移植師 
    大型特殊自動車運転免許 
    小型車両系建設機械・小型フォークリフト作業免許

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

農業経営者、新規就農者、畜産経営者、農業法人スタッフ、全国のJA(農協)職員など

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒319-0323 茨城県水戸市鯉淵町5965
TEL 029-259-2811(学務担当)

所在地 アクセス 地図・路線案内
茨城県水戸市鯉淵町5965 「友部」駅からバス 茨城交通鯉渕学園下車 15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

鯉淵学園農業栄養専門学校(専修学校/茨城)