• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 光塩学園調理製菓専門学校

北海道認可/専修学校/北海道

光塩学園調理製菓専門学校

コウエンガクエンチョウリセイカセンモンガッコウ

道内最大級の設備で感性と技術を磨く!歴史ある光塩ネットワークで就職をサポート

分野別の専用実習室や、現場を体感する本格レストラン、洋菓子・パンのショップでの専門的且つ実践的な授業で即戦力を身につけます。海外研修旅行・短期留学など国際交流も盛んです。

光塩学園調理製菓専門学校の特長

学校の特長1

専門的な実習が行える「3つの校舎」で、即戦力として働くための技術を身につける

東館には、オープンキッチンのリストランテ「ラ・ルーチェ」を備えた西洋料理実習室を設置。製菓実習室には、最新機器を備えた本格的なショコラ工房を併設。中国料理の本場、香港でも珍しい強火力の中華レンジを設置した中国料理実習室もあります。本館・西館には製パン専用実習室や日本料理・和菓子など各ジャンルの専用実習室があるほか、一般のお客さまをお迎えし、営業を行うレストラン「ルミエール」、洋菓子・パンを販売するショップ「ボナプティKoen」もあります。東館と本館・西館、これら3つの校舎に完備された専用実習室で学ぶことにより、幅広く専門的に「食」の技術・知識を身につけられる環境が整いました。

学校の特長2

給食が学びに!基本から専門技術までしっかり学べる全6学科。

学生・職員のランチは毎日給食!管理栄養士と専門調理師の指導のもと、学生たちが給食を実際に作り、お店とは少しちがった大量調理を体験することができます。自分たちで給食を作ることで、集団調理を実体験で学ぶことができます。管理栄養士のサポートにより、栄養バランスの整った、多彩で季節感のあるメニューを作り、食べることで食育も学ぶことができます。

学校の特長3

フランス、中国、フィンランドとの国際交流で、本場の技と味を学ぶ貴重な体験

本校はフランスの国立調理師専門学校「シャトー・デ・クードレィ」と姉妹校提携を結んでいます。交流の歴史は30年以上で、1991年からは短期留学制度もスタート。毎年夏にはクードレィ校の諸先生を招き、フランス料理や製菓の授業、講習会を実施。これも、創立68年の歴史の中で積み重ねてきた実績の一つです。2007年より中国の国立シェフ養成学校「香港中華廚藝學院」とも交流を開始し、アジアでの短期留学が可能になりました。海外研修旅行時には、フランスのニーム、ドイツの製パン学校での研修も行っております。また、2014年からはフィンランドと交流を始めるなど、毎年積極的に国際交流を行いグローバルな感性を養います。

学校の特長1

専門的な実習が行える「3つの校舎」で、即戦力として働くための技術を身につける

東館には、オープンキッチンのリストランテ「ラ・ルーチェ」を備えた西洋料理実習室を設置。製菓実習室には、最新機器を備えた本格的なショコラ工房を併設。中国料理の本場、香港でも珍しい強火力の中華レンジを設置した中国料理実習室もあります。本館・西館には製パン専用実習室や日本料理・和菓子など各ジャンルの専用実習室があるほか、一般のお客さまをお迎えし、営業を行うレストラン「ルミエール」、洋菓子・パンを販売するショップ「ボナプティKoen」もあります。東館と本館・西館、これら3つの校舎に完備された専用実習室で学ぶことにより、幅広く専門的に「食」の技術・知識を身につけられる環境が整いました。

学校の特長2

給食が学びに!基本から専門技術までしっかり学べる全6学科。

学生・職員のランチは毎日給食!管理栄養士と専門調理師の指導のもと、学生たちが給食を実際に作り、お店とは少しちがった大量調理を体験することができます。自分たちで給食を作ることで、集団調理を実体験で学ぶことができます。管理栄養士のサポートにより、栄養バランスの整った、多彩で季節感のあるメニューを作り、食べることで食育も学ぶことができます。

学校の特長3

フランス、中国、フィンランドとの国際交流で、本場の技と味を学ぶ貴重な体験

本校はフランスの国立調理師専門学校「シャトー・デ・クードレィ」と姉妹校提携を結んでいます。交流の歴史は30年以上で、1991年からは短期留学制度もスタート。毎年夏にはクードレィ校の諸先生を招き、フランス料理や製菓の授業、講習会を実施。これも、創立68年の歴史の中で積み重ねてきた実績の一つです。2007年より中国の国立シェフ養成学校「香港中華廚藝學院」とも交流を開始し、アジアでの短期留学が可能になりました。海外研修旅行時には、フランスのニーム、ドイツの製パン学校での研修も行っております。また、2014年からはフィンランドと交流を始めるなど、毎年積極的に国際交流を行いグローバルな感性を養います。

学校の特長1

専門的な実習が行える「3つの校舎」で、即戦力として働くための技術を身につける

東館には、オープンキッチンのリストランテ「ラ・ルーチェ」を備えた西洋料理実習室を設置。製菓実習室には、最新機器を備えた本格的なショコラ工房を併設。中国料理の本場、香港でも珍しい強火力の中華レンジを設置した中国料理実習室もあります。本館・西館には製パン専用実習室や日本料理・和菓子など各ジャンルの専用実習室があるほか、一般のお客さまをお迎えし、営業を行うレストラン「ルミエール」、洋菓子・パンを販売するショップ「ボナプティKoen」もあります。東館と本館・西館、これら3つの校舎に完備された専用実習室で学ぶことにより、幅広く専門的に「食」の技術・知識を身につけられる環境が整いました。

学校の特長2

給食が学びに!基本から専門技術までしっかり学べる全6学科。

学生・職員のランチは毎日給食!管理栄養士と専門調理師の指導のもと、学生たちが給食を実際に作り、お店とは少しちがった大量調理を体験することができます。自分たちで給食を作ることで、集団調理を実体験で学ぶことができます。管理栄養士のサポートにより、栄養バランスの整った、多彩で季節感のあるメニューを作り、食べることで食育も学ぶことができます。

学校の特長3

フランス、中国、フィンランドとの国際交流で、本場の技と味を学ぶ貴重な体験

本校はフランスの国立調理師専門学校「シャトー・デ・クードレィ」と姉妹校提携を結んでいます。交流の歴史は30年以上で、1991年からは短期留学制度もスタート。毎年夏にはクードレィ校の諸先生を招き、フランス料理や製菓の授業、講習会を実施。これも、創立68年の歴史の中で積み重ねてきた実績の一つです。2007年より中国の国立シェフ養成学校「香港中華廚藝學院」とも交流を開始し、アジアでの短期留学が可能になりました。海外研修旅行時には、フランスのニーム、ドイツの製パン学校での研修も行っております。また、2014年からはフィンランドと交流を始めるなど、毎年積極的に国際交流を行いグローバルな感性を養います。

オープンキャンパスに行ってみよう!

KOENフードフェスティバル

光塩学園調理製菓専門学校のイベントです

続きを見る

光塩学園調理製菓専門学校の学部・学科・コース

調理科 (募集人数:80人)1年制

調理科(夜間部) (募集人数:80人)1年6ヶ月制

製菓衛生師科 (募集人数:40人)1年制

パティシエ専科(夜間部通信課程)※附帯事業 (募集人数:40人)1年制

卒業後のキャリア

詳細を見る

料理人

加藤 庄真さん

コース料理のデザートを担当。料理人として貴重な体験をさせてもらっています

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】 全学科/118万5000円、パティシエ専科(夜間部通信課程)※附帯事業/74万円
(実習費・教材費等を含みます。ただし、給食費(昼間部)と海外研修旅行費は別途)

問い合わせ先・所在地・アクセス

光塩学園調理製菓専門学校 入学受付係

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西14丁目1番地
TEL:0120-233-554 (フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市中央区大通西14丁目1番地 地下鉄「西11丁目」駅から1番出口を出て徒歩 5分
地下鉄「西18丁目」駅から5番出口を出て徒歩 5分
市電「西15丁目」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内

光塩学園調理製菓専門学校(専修学校/北海道)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ