• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 高津理容美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 渡辺 友梨香さん(理容科/理容師)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

コウヅリヨウビヨウセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

理容師  として働く  渡辺 友梨香さん  にインタビュー!

  • 美容・ファッション業界
  • サービス業界
  • クリエイティブ職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

美容の世界で理容免許が生かせる。シェービングスタッフは憧れの職業でした。

この仕事の魅力・やりがい

レディースシェービングは、産毛だけでなく肌を覆う古い角質も除去するため、肌のトーンが明るくなるんです。手触りでも効果がはっきり分かるから、とても喜んでもらえるお仕事ですね。肌表面の角質層はわずか0.02ミリ。剃刀が当たりすぎると肌トラブルの原因になりますし、逆に弱ければ剃り残しになってしまう。絶妙の角度と力加減が求められます。学校の授業でもシェービングはありましたが、社会に出てからも、1年間は修行の日々。先輩がお客様役になってくださって、何度も何度も練習しました。挙式を控えた新婦さまのブライダルエステでシェービングされる方も多く、一生に一度の晴れの日を支えるという意味でもやりがいがありますね。

理容師として働く渡辺 友梨香さん

初めて担当した時は手が震えるほど緊張したそう

理容師として働く渡辺 友梨香さん
今の仕事との出会い・きっかけ

お客様の年齢層は広く、おもてなしも大切

今の仕事との出会い・きっかけ

祖母が自宅で美容室をやっていて、幼いころからお店で働く姿を見ていたんです。「自分もこんなふうに、誰かをきれいにする仕事をするんだろうな」と、いつの間にか思うようになっていて。高校時代にKOZUのオープンキャンパスに行ったとき、在学生の先輩からレディースシェービングの仕事を教えてもらったんです。その時から、この道に進みたいと思っていました。シェービングは剃刀を使う仕事だから、理容の免許が必要。それで理容科への進学を決めました。このお店は就職活動も時に知ったのですが、一番行きたいお店だったから、就職が決まった時は本当にうれしかったです。実は祖母もKOZUの卒業生。進学も就職も、人一倍喜んでくれました。

後輩への応援&アドバイス

シェービングスタッフとして2年目。まだまだ修行中!

後輩への応援&アドバイス

どんな仕事もそうですが、心が折れそうになることや、やめてしまいたいと考えることはあると思うんです。でもそこで、もうひとふんばりできるかどうか。めげずに続けることで、見えてくるものがある。KOZUでは、知らず知らずのうちに基本的なことを身につけることができ、今も感謝しています。時間厳守や挨拶といった基本はもちろん、整理整頓ひとつとっても、当たり前にできるのは、あの頃に教わったおかげです。「もうひとふんばり」する心も、KOZUで身につけたのかもしれません。毎日の積み重ねを大切にして、これからも技術を磨いていきたいですね。今も現役美容師の祖母のように、私もいつか、自宅でサロンを開きたいと思っています。

プロフィール

渡辺 友梨香さん のプロフィール

レディースシェービングサロンfini勤務/理容科/2014年3月卒/奈良県出身。奈良県立青翔高校卒業後、高津理容美容専門学校理容科に進学。卒業後は、レディースシェービングサロンfiniにて、シェービングスタッフとして勤務。シェービングはもちろん、オールハンドによるフェイスやデコルテのケアも行う。「気軽にお話してくださる方には、こちらも固くなり過ぎないように気をつけますし、リフレッシュを兼ねてゆっくり休まれたい方には、話しかけるタイミングにも気を配るようにしています」。技術はもちろん、心配りも重要なおもてなし。幅広い年齢層のお客様を担当している。

この先輩が卒業したのは…

高津理容美容専門学校 理容科

学校イメージ

多彩な技術を習得

理容科では、ヘアデザイン専攻と理容科就職進学クラスを用意しています。ヘアデザイン専攻では、男性のヘアスタイリングを中心に、シェービングやヘアカラー、パーマ、レディースカットなどを幅広く学ぶことができます。また、理容科就職進学クラスは本校と提携するサロンで働きながら、通学と理容師の資格取得を目指せる全国でも数少ない学びが特色です。このように理容科では学生一人ひとりの目標や実情に応じた多彩な学びが広がっており、渡辺さんのようにエステティック業界でレディースシェービングなどの学んだスキルを発揮することもできます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

高津理容美容専門学校(専修学校/大阪)