• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 国際文化理容美容専門学校渋谷校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 横溝 梨沙さん(美容科/美容師)

東京都認可/専修学校/東京

コクサイブンカリヨウビヨウセンモンガッコウシブヤコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

美容師  として働く  横溝 梨沙さん  にインタビュー!

  • 美容・ファッション業界
  • その他専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

自主練習を重ね一歩一歩美容師の夢へ。温かくサポートしてくださった先生のおかげです

この仕事の魅力・やりがい

憧れだったSHIMAに入社して2年が過ぎました。1年経つとスタイリストの先輩の指導のもと、アシスタントとしてお客様を担当できるのですが、最初は技術が不安定で、度々指導をいただくこともありました。現在は担当できることが少しずつ増えてきました。カットとカラー剤の選択は先輩スタイリストが行いますが、その他のことはほぼ私がやらせていただいています。SHIMAではアシスタント、スタイリストともに段階があり、次のステップへ進むするためには店内の試験にクリアしなくてはいけません。常に周りのスタッフと切磋琢磨できる環境が私を成長させてくれたと思います。大変な面もありますが、同時にやりがいにもなっています。

美容師として働く横溝 梨沙さん

憧れの店舗で、夢に向かってがんばっています!

美容師として働く横溝 梨沙さん
今の仕事との出会い・きっかけ

仕事が終わってからも練習を重ねています

今の仕事との出会い・きっかけ

祖母・母ともに美容師で、自宅で美容院を経営しています。そういった環境で育ってきましたので、美容の道に進んだのは私にとってごく自然なことでした。ただ、もともと興味があったのはヘアよりもメイクで、学生時代にコンテストに出場して優勝したこともありました。美容師になるかメイクアップアーティストになるか迷いましたが、SHIMAでモデルをする機会をいただき、「このお店で働きたい!」と強く思うようになりました。SHIMAは有名店で美容学生にとって注目の的ですし、雑誌などにもよく取り上げられています。モデルとして関わってみると、スタッフの方もとてもセンスがよく、私もこのお店の仲間になれたらと憧れるようになりました。

私の学生時代!

お客様の髪にあった製品をお勧めすることも

私の学生時代!

私は、実は不器用なほうで、パーマやカットなど、どの授業でもすぐにはうまくできなくて、結構苦労をしました。でも、負けず嫌いな性格なので、朝は誰よりも早く登校して、放課後も遅くまで残って自主練習を重ねて少しずつ上達していきました。卒業を間近に控えた時期、美容師の国家試験とヘアショーの準備が重なった時は本当に大変!ヘアショーでは舞台でメイクを披露しなくてはいけなかったため、練習しなくてはいけない。でも国家試験の勉強も・・・いっぱいいっぱいな状態で、昼休みもずっと練習していました。そんな私を温かく見守ってくださったのは先生方。いつもサポートして、導いてくださったことを本当に感謝しています。

プロフィール

横溝 梨沙さん のプロフィール

SHIMA吉祥寺PLUS1 勤務/美容科/2014年3月卒/実家が美容院で、「高校生までは母にヘアカットしてもらっていました」という横溝さん。専門学校に入ってから勉強を兼ねてあちこちの美容院へ行くようになったそうだが、その中でも特に、現在勤務する「SHIMA」のセンスに魅かれたという。「それまではブライダルのヘアメイクや、化粧品メーカーの美容部員もいいなと揺れ動いていましたが、SHIMAに出会って美容師になろうと決めました。就職活動を助けてくださった先生にも感謝しています」

この先輩が卒業したのは…

国際文化理容美容専門学校渋谷校 美容科

学校イメージ

コンテストでも入賞多数

開校から60余年、業界の第一線で活躍する卒業生をはじめ、在校生においても、全国規模のコンテストで数多くの入賞者を輩出しています。理容師・美容師としてだけでなく、一人の人間としても社会に貢献できるように、奉仕や思いやりの精神を身につけます。授業では、ヘア、メイク、ネイル、着付け、エステなど基本科目のほか、色彩学、トレンド学、英会話など、美容師としての幅を広げる選択科目も多彩。また、業界で活躍する講師による特別授業や、各種コンテストなど、技術とともに学生自身が磨かれる機会が豊富に用意されています。渋谷校は、流行を発信する渋谷にあり、最先端のファッションや文化にいつでも触れることができるのも魅力。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

国際文化理容美容専門学校渋谷校(専修学校/東京)