• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 阪和鳳自動車工業専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中野 功一さん(自動車整備専門科/自動車整備士)

大阪府認可/専修学校/国土交通大臣指定/大阪

ハンワオオトリジドウシャコウギョウセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

自動車整備士  として働く  中野 功一さん  にインタビュー!

  • 航空・運輸業界
  • サービス業界
  • 技術・研究開発職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

直すだけでなく、お客様に完全に安心してもらうところまでが自動車整備士の仕事です

この仕事の魅力・やりがい

お客様の車の点検や不具合の診断、修理などを行っています。不調により車を持ち込まれるお客様は、相当不安になっておられると思います。僕らを唯一の頼りにしてお越しになられるわけで、その信頼に確実にお応えしなくてはなりません。当然車をお返しする際には完璧に直したという自信があります。そして、そのことをお伝えしてお客様の不安を払拭させなければなりません。不安を、絶対的な安心へと変える。そこまでが自動車整備士の仕事だと思っています。ですから、帰り際に安堵の表情を浮かべ、「ありがとう」と言ってくださることが、ことのほか嬉しい。この仕事をやっていて良かったと感じる瞬間です。

自動車整備士として働く中野 功一さん

この人に任せば安心と言ってもらえる整備士になりたい

自動車整備士として働く中野 功一さん
業界ココだけ話!

車はお客様の財産。細心の注意を払って丁寧に扱います

業界ココだけ話!

2016年の「第40回ダイハツサービス技術コンクール全国大会」に、メーカーの推薦を受けて出場させていただきました。これは全国のダイハツディーラーで働く、約6000人の整備士の頂点を競う大会です。故障箇所の診断、お客様への説明、修理など、さまざまなシーンでの技量が審査され、若手とベテランの2人がチームを組みます。私は当時入社4年目で若手です。結果は、優勝。本大会の予選である近畿地区大会では、力を出し切れず2位という成績で悔しい思いをしただけに本当に嬉しかったです。副賞はインドネシア工場への研修旅行で、現地エンジニアに自分たちの整備技術を披露する機会が与えられました。

これからかなえたい夢・目標

四六時中、車を触ることができる楽しい仕事です

これからかなえたい夢・目標

ゆくゆくは技術コンクールにベテラン部門で参加したいですね。これはひとつの目標と言えるかもしれません。けれども私は、目標というか、ゴールはなるべく決めないようにしています。なぜなら、ゴールにたどり着くとそこで燃え尽きてしまうから。大会で優勝したからといって、私にはまだまだ足りない部分がいっぱいあります。壁だらけです。そういう壁を日々乗り越え、成長を継続させたいと思っています。また、新人に対するサポートについても気を配りたいです。現在業界では、ベテランの引退などで若い自動車整備士は非常に重要視されています。彼らが1日も早く職場に慣れ、楽しみつつ仕事に打ち込められるよう手助けしたいです。

プロフィール

中野 功一さん のプロフィール

大阪ダイハツ販売株式会社泉北店勤務/自動車整備専門科/2012年3月卒/小さい頃から車が好きで、親にモーターショーやディラーに連れていってもらうことで、車好きに拍車がかかる。高校卒業後、自動車整備士を目指し全メーカー対応の阪和鳳自動車工業専門学校に進学。同校を選んだ理由は「将来どのメーカーの車を扱うかあまり早く決めたくなかった」から。大阪ダイハツ販売株式会社入社4年目で挑んだダイハツの技術コンクールでは見事全国優勝。食事会が開かれるなど会社や同僚から手厚く祝福された。

この先輩が卒業したのは…

阪和鳳自動車工業専門学校 自動車整備専門科

学校イメージ

卒業後はトップ整備士に

国内各メーカーのクルマはもちろん、外国車を含むあらゆる自動車・二輪車の整備をカバー。オールマイティーな整備士として就職先の範囲は極めて広く、高い就職率を誇ります。卒業と同時に二級自動車整備士資格の受験資格が与えられ、しかも実技試験が免除に。スムーズに二級自動車整備士資格を目指すことが可能です。また、少人数クラス制なのでプロの技術を身近に学べ、苦手な科目も補講などを通じて特別に指導するので安心。さらに、併設する自動車運転教習所で、将来必要となる大型・大型特殊・けん引免許が取得できるのも魅力。卒業生たちは、各メーカーが実施する技術大会で優勝するなど、輝かしい成績を収めています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

阪和鳳自動車工業専門学校(専修学校/大阪)