• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 札幌工科専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 造園緑地科

北海道認可/専修学校/国土交通大臣登録・認定 厚生労働大臣指定/北海道

サッポロコウカセンモンガッコウ

造園緑地科

募集人数:
20人

花と緑について総合的に学び、環境づくりのスペシャリストを育成!木々を保護する「樹木医」の道も目指せる

学べる学問
  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • レンジャー(自然保護官)

    国立公園の自然を守り、適切な利用をすすめる

    自然公園法に基づく国立公園内でのホテルや道路施設などの開発許可申請の適否について審査するのがレンジャーの仕事。利用者への自然保護の解説、野生生物の保護なども大切な仕事だ。なるには、国家公務員試験にパスし、環境省に採用される以外にレンジャーになる道はない。

  • フラワーコーディネーター

    花をアレンジし、さまざまな場所を華やかに演出

    ホテルやレストランから、イベント・パーティー会場まで、さまざまな場所に花を飾ることで、空間を華やかに演出。また、花束のアレンジやブライダルブーケ、コサージュ、カゴ花の製作も行う。

  • ガーデンデザイナー

    庭をより美しく仕上げるための専門家

    緑をアレンジしたスペースをつくるガーデニングは、今ちょっとしたブーム。個人の家庭内や庭先、ベランダなどを利用して、安らぎの空間をつくる人たちが増えてきている。庭づくりをしたい人たちの相談にのり、より上手なスペースの使い方や緑のアレンジ方法をアドバイスしたり、自ら任されたスペースをガーデニングする場合もある。

  • グリーンコーディネーター

    植物を使って空間を演出。

    観葉植物を使って、店舗やオフィス、イベント会場、家庭の空間を装飾、演出する専門家。さまざまな条件を考慮し、飾り付ける植物を選択。さらに、仕入れ、搬入、手入れまでをトータルに担当する。

  • 造園士

    庭木一本から都市の環境開発までかかわる

    個人宅の庭から、公園、緑地、遊園地、緑地帯など、公的な大きなスペースまで、緑のある快適な生活環境を提供する。植物や木に関する基本的な知識はもちろん、規模が大きくなれば、基本設計から、道、敷石などトータルにプランニングすることもある。

  • 樹木医

    老木や街路樹の診察・治療をする、木のお医者さん

    木の病気は樹種の特性によって違い、また原因も病気、虫、気象、土壌障害など実にさまざま。そのため、求められる専門知識もかなりハイレベル。樹木医になるには、樹木医研修を受けることになるが、造園業や林業関係者、大学の研究所などで7年以上の実務経験が必要だ。実際の認定者も林業に関わりを持つ人が多い。

  • 林業

    山や森林から木を切り出し、木材として取引きする

    山に入り、必要な種類の木を育て、また、山から木を切り出して出荷、取引きをする。木は、切り続けるだけでは無くなってしまうだけでなく、自然環境にも影響をおよぼす。そのため最近では、森林計画や造林事業などを計画作成し、治山や林道調査・設計をする専門技術員も出てきている。

  • 森林インストラクター

    自然とのつきあい方を教える

    樹木や草花、動物の生態に通じ、森に遊びに来る人と大自然との橋渡しをする。自然の中で行われるイベント、キャンプ、シンポジウムなどで活躍する。現状ではボランティアとしてやる人たちが多い。

初年度納入金:2017年度納入金 83万円  (4分割納入可能。他に教科書代等が必要になります)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

造園学・園芸学・林学をトータルで学び、緑のスペシャリストに
花や植物、自然が好きな人!山や森で働きたい人!体力のある人!デザインが得意な人!格別の達成感を味わいたい人!個人庭園、公園や街路樹などの公共空間の緑化、樹木の診断・治療、森林保全など、緑豊かで魅力的な環境づくりのスペシャリストを目指し、実際に土や花に触れながら専門知識を習得します。

実習

総授業時間の半分近くが実習・実験、現役のプロが直接指導
技術は体験を通してこそ身に付くもの。竹や石を使った日本庭園の基礎を学ぶ造園実習、学校林でチェーンソーを使って計画や施業を行う森林実習、ビニールハウスや畑で花や野菜を育てる園芸実習、パソコンで設計図面を描くCADなど、実際の現場を知る講師が経験談を交えながら、業界で求められる知識と技術を指導します。

卒業後

「森林官(公務員)」「民間就職」「大学編入」3つの進路を強力バックアップ
入学時から進路ガイダンスや面談を繰り返し、クラス担任と学校が一丸となって学生の希望を確実にします。林業職公務員のほか、民間就職は造園会社を中心に園芸、生花店、森林関係など幅広く、さらに信州大学、山形大学など国立大学への3年次編入学も実現しています。

資格

「樹木医」「造園施工管理技士」「造園技能士」「園芸装飾技能士」など多様な資格
道内専門学校唯一の樹木医補資格養成機関なので、卒業と同時に樹木医補に認定、通常実務経験7年のところ1年で樹木医を受験できます。また、1・2級造園施工管理技士、造園技能士、園芸装飾技能士などの国家資格の受験に必要な実務年数が短縮され、業界で重宝される資格取得に有利。技能士は在学中に2級まで受験可能。

雰囲気

在校生の7割以上が普通高校出身、初心者も女性も心配なし!
10代~過去にはなんと60代まで、高校卒・大学卒・社会人ほか様々な年齢の学生が在籍。体育大会や学園祭、ボウリング大会などの行事を一緒に楽しみ、学科や年齢、性別に関係なく友だちに。特に学園祭では、学生主体でデザインから施工まで行った庭園の展示や、種から育てた植物を販売し、来た人を感動させています。

奨学金

独自の学費免除制度を在校生の8割以上が利用!最大60万円免除!
I.全体or数学の平均評定4.0以上
II.建設・造園系資格保持者
III.本校在校生・卒業生の推薦
IV.年収350万円以下の家庭
V.社会人、大学・短大・専門学生・予備校生
◆特別奨学生…定員6名に20~40万円免除 ※高校新卒者のみ
特別奨学生試験(数学I程度)合格者

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

樹木医補(日本緑化センター)

受験資格が得られる資格

  • 樹木医 (R)(日本緑化センター要実務1年) 、
  • 造園施工管理技士<国> (1級:要実務5年、2級:要実務2年) 、
  • 土木施工管理技士<国> (1級:要実務5年、2級:要実務2年) 、
  • 園芸装飾技能士<国> (1級:2級合格後、実務2年※3・2級在学中可) 、
  • 造園技能士<国> (1級:2級合格後、要実務2年)

目標とする資格

    • エクステリアプランナー 、
    • ビオトープ管理士 、
    • 技術士<国>

    生物分類技能検定

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数44名 )

主な就職先/内定先

    旭東林産協同組合 、 (株)ほりべ造園 、 (株)真栄造園 、 緑葉リース(株) 、 (株)コクサク 、 (有)花拓 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒007-0895 北海道札幌市東区中沼西5条1-8-7
TEL/011-791-5050
E-mail/toiawase5055@sapporo-kouka.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市東区中沼西5条1丁目8-7 地下鉄南北線「北34条」駅から76番中央バス 15分 モエレ団地下車 徒歩 8分
地下鉄東豊線「新道東」駅から76番中央バス 10分 モエレ団地下車 徒歩 8分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

札幌工科専門学校(専修学校/北海道)