• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 山脇美術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宇都宮 英介さん(スペースデザイン科/インテリアデザイナー)

東京都認可/専修学校/東京

ヤマワキビジュツセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

インテリアデザイナー  として働く  宇都宮 英介さん  にインタビュー!

  • 住宅・建設業界
  • ものづくり業界
  • クリエイティブ職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

自分の思いが形になる。デザインの仕事の魅力は、なんといってもこれに尽きます。

この仕事の魅力・やりがい

新規やリニューアルオープンする店舗のデザインをするのが自分の仕事。何もない空間に、どんなデザインのものをどこに配置するかをクライアントと打ち合わせて決めていきます。そのお店のブランドコンセプトに始まり、対象の客層や地域性など様々なことを考慮しながら、先方の思いも酌みつつ、作り手である私の思いも込めて形にします。基本的に既製品は使わないので、時には壁や床に貼るタイルまで特注することも。この仕事のやりがいは、何と言っても思いが形になること。デザインを考えることも楽しいのですが、やはり、最終的に形になった空間をこの目で見るときが一番嬉しいですね。

インテリアデザイナーとして働く宇都宮 英介さん

クライアントだけでなく、人との繋がりが大切な仕事

インテリアデザイナーとして働く宇都宮 英介さん
今の仕事との出会い・きっかけ

3Dデザインできるソフトを使ってイメージを形にします

今の仕事との出会い・きっかけ

高校生の時に見た映画の中で、主人公が座っている椅子を見て「かっこいいな」と思ったのがきっかけ。調べてみるとそれは、とある有名なデザイナーの椅子でした。また、その時期はインテリアデザイナーが一般人の部屋を模様替えする番組も流行っており、漠然と「こんな仕事もいいな」と思いました。親に言われ一度は大学に入りましたが、「自分の人生だから」と考え直し1年足らずで退学。バイトで学費を貯め、デザインの勉強をするために山脇に入学しました。卒業後はデザイン事務所や、大手建設会社の派遣社員、展示会のブースをデザインする会社などを経て、店舗デザインをする今の会社へ。忙しい日々ですが充実しています。

これからかなえたい夢・目標

自分の仕事が実際に形となった、その一例がこちら

これからかなえたい夢・目標

勝負しない人生はつまらないと思っているので、30代のうちに絶対に独立して、自分のデザイン事務所を開業したいと思っています。また、デザインの仕事を続けてスキルを磨いていくのと同時に、バーやカフェなどのお店を経営していくことも考えています。今は生き方・働き方をいろいろと模索している最中ともいえますね。常に仕事のことを考えているので、飲食店に入っても「この床の仕上げはいいな」など見てしまいます。でもそれだけこの仕事が面白いということ。そして、ただなんとなく「なりたいなあ」と思っているだけでは夢は叶えられないから、独立に向けて一歩一歩努力していきたいと思います。

プロフィール

宇都宮 英介さん のプロフィール

株式会社セイ 勤務/インテリアデザイン科(現スペースデザイン科※2011年4月名称変更)/2007年3月卒/仕事をするには、知り合いをたくさんもっていることが大切。「人と上手につきあう能力に長けていないとやってはいけません」と語る。その宇都宮さんは、仕事上の知り合いに誘われて現在の会社へ入社。「面接という面接はなく、社長とお酒を飲みながら、色々な話をして働くことになりました」と笑うが、これもまた人との繋がりがなせる技。独立に向けても、今はさまざまな人との繋がりを大切にしているという。コンテンポラリーアートやグラフィティアートなど、現代芸術を好み、美術館にも足繁く通う。

この先輩が卒業したのは…

山脇美術専門学校 スペースデザイン科

学校イメージ

学生の憩いの場

スペースデザインの基本である「気持ちのいいスペースデザイン」を、建築のスペースデザイン、家具などのプロダクトデザイン、建築法規、設備、構造、施工など様々な手法から学んでいきます。スペースデザインを伝える製図や、プレゼンテーション力を鍛える授業も充実しています。3年次には卒業後に目指す方向に分かれ選択授業で学んでいき、実践に強い知識・技術・問題解決力をつけていきます。卒業と同時に二級建築士の受験が可能です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
山脇美術専門学校(専修学校/東京)