• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 修成建設専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 吉野 修一さん(建築CGデザイン学科/建築士)

大阪府認可/専修学校/大阪

シュウセイケンセツセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

建築士  として働く  吉野 修一さん  にインタビュー!

  • 住宅・建設業界
  • ものづくり業界
  • クリエイティブ職
  • モノを作るのが好き
インタビュー

現場で得た情報や建築の知識を使って、思い描いたイメージを具現化するのが楽しい。

この仕事の魅力・やりがい

株式会社プラッツ設計では、住宅やマンションの設計、大手テーマパーク関連の仕事を行っています。現在担当しているのは簡易宿所(カプセルホテルなど)の設計。敷地が狭い場所で、いかに快適に多くの人が泊まれるかに重点を置きながらプランを考えています。ただ紙やパソコン上で図面を引くだけでなく、実際に建築予定の場所に訪れることも。周りの環境や施工の様子など、現場で見て得た情報は、プランを考える上での大きなヒントになるんです。思いついたことをいつでも記録できるよう、カバンには常に大きめのメモ帳を入れています。メモの内容と建築の知識を掛け合わせながら、少しずつイメージを形にしていくことがとても楽しいです。

建築士として働く吉野 修一さん

先方の要望をかなえる、より良い提案を模索

建築士として働く吉野 修一さん
これからかなえたい夢・目標

頼りになる先輩方からは、学ぶことがたくさん

これからかなえたい夢・目標

建物を設計する際は、ただ自由に図面を引けばいいのではありません。建築基準法や消防法、都市計画法をはじめ、さまざまな法律や条例などと照らし合わせながら、規則の範囲内で設計しなければならないんです。就職してからも、日常的に法律の勉強が欠かせないだけに、学生時代に「建築法規」の授業などで法律の基礎知識を学んでおいて良かったと思います。現在の目標は、扱える建物の面積や構造に制限がない一級建築士の資格を取得すること。小さな住宅から大きな公共施設まで、多くの人に長く使ってもらえるような建物を作りたいです。試験合格に向けて、教科書や現場で得た知識と、先輩方からのアドバイスをフルに活かして勉強に励んでいます。

私の学生時代!

考えたプランを、図面の中に落とし込んでいきます

私の学生時代!

学内の施設を題材に、学内コンペで選ばれた作品を形にする取り組みがあり、そのうちの一つの食堂改修プロジェクトに参加しました。企画から設計、施工まで、業者の方とも連携しながらすべて学生が行うのですが、僕が担当したのは施工の一部。天井の色を塗ったり、壁を磨いたりと内装関係の作業に携わりました。みんなで協力して作り上げたからこそ、完成した時は達成感でいっぱいに。チームで一つのプロジェクトを達成することの喜びを感じました。「学生ラウンジ」として生まれ変わった食堂は、多くの学生の憩いの場になりました。友人と過ごしたり、自習をしたりと居心地良さそうに施設を使っている人を見かけると、嬉しかったですね。

プロフィール

吉野 修一さん のプロフィール

株式会社プラッツ設計勤務/建築CGデザイン学科/2015年3月卒/想像しているものを、実際に目に見える形にするのが楽しくて、小さい頃からものづくりに夢中だったという吉野さん。高校卒業後の進路を考えていた際、修成建設専門学校のオープンキャンパスへ参加。「鉄筋組みの体験をしたのが楽しかったです。AO入試の勉強会にも参加し、その時は建築模型を作りました。先生の話もわかりやすく、楽しい雰囲気のなかで作業できたので、ここで学びたいと思いました」。憧れの建築士は、国立西洋美術館を設計したル・コルビュジエ。シンプルでありながら、強く印象に残る建物を作るのが夢なのだそう。

この先輩が卒業したのは…

修成建設専門学校 建築CGデザイン学科

学校イメージ

現在の建築業界では、コンピューター技術を駆使した設計技術をもつ人材が必須となっています。本学科では、業界のニーズに対応し活躍できる人材の育成を目指し、コンピューターで自分自身のイメージを表現できる、デジタルデザインの高い技術を習得します。また同時に、視覚に訴えるプレゼンテーション能力も養い、最新のコンピュータ設計であるBIMにも対応。さらに、二級建築士の資格対策も充実しています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

修成建設専門学校(専修学校/大阪)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路