• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 湘央生命科学技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 井上 拓実さん(救急救命学科/救急救命士)

神奈川県認可/専修学校/神奈川

ショウオウセイメイカガクギジュツセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

救急救命士  として働く  井上 拓実さん  にインタビュー!

  • 公務員業界
  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

誰にも起こりえる緊急事態を目の前にしても、自信を持って命を救える「救急救命士」

この仕事の魅力・やりがい

幼い頃から救助隊に憧れていた私ですが、中学生のときに突然倒れた人を目の前にして、ただうろたえ何もできませんでした。その経験から、倒れた人を目の前にしたとき、自信を持って適切な処置ができる人間になりたいと思うようになりました。湘央で3年間学び、「救急救命士」国家試験に合格後、採用された相模原市消防局の津久井消防署で、消防士として消火、救命活動に全力を尽くしています。この仕事のやりがいは、やはり緊急を要する人に、いち早く救命処置を行って命を救えることです。また、「救急救命士」として、消防隊と救急隊を往き来しながら患者さんの病態を伝えて、仲間の役に立てることにも、大きなやりがいを感じます。

救急救命士として働く井上 拓実さん

人の命に関わる仕事だけに真剣な目つきに

救急救命士として働く井上 拓実さん
私の学生時代!

井上さんは消防車にも救急車にも同乗して現場に

私の学生時代!

救助隊員を目標に、高校卒業後すぐに消防官採用試験を受験したのですが、その高い倍率の壁に阻まれました。消防士の親類から「湘央の出身者は、消防士として即戦力になると評判がいいし、救急救命士の資格は武器になるよ」と教えられ、湘央生命科学技術専門学校に入学しました。同級生には大学を卒業した人もいて、皆が「救急医療」を真剣に学んでいました。3年間、月曜から金曜まで授業はびっしりで、私は消防官採用試験のため、放課後は一般教養の勉強、体力試験のためのトレーニングを行い、土日に救命の実技講習を受講したり、とにかく頑張りました。同級生には、救急救命士の資格を取得して、さらに看護師を目指す人もいました。

これからかなえたい夢・目標

目標の「救助隊」に向かって、研さんを積む日々

これからかなえたい夢・目標

今の私は、消防隊配属ですが、「救急救命士」として、ときに救急隊員、ときに救助隊員としても現場に出場しています。活動する部隊により、オレンジ、グレー、ブルーと制服も替わります。「救急救命士」の資格を持つからこそできる経験ですが、さらに救助隊員や救急隊員の経験を積み、救急救命士の資格を持つ救助隊員として、たくさんの人を救いたいと思っています。そうは言っても、救助隊への配属はとても狭き門です。訓練を重ねている消防官の中でも、さらにすば抜けた体力・技能・知識が必要なので、日常の勤務で最大の力を発揮しながら、「救助隊員」という夢に向かって努力を続けていくつもりです。

プロフィール

井上 拓実さん のプロフィール

相模原市消防局 津久井消防署/救急救命学科/2012年3月卒/小学生の頃から運動が得意だった井上さんは、県立高校の普通科体育コースの出身。消防士として勤務しながら、同時に訓練も重ねるハードな日々を送っている。そんな日常を送りながら、片道10キロを自転車で通勤しているという、根っからのスポーツマン。井上さんから消防士(救急隊員)に興味を持つ高校生へのアドバイスは「救急救命士は、消防士になるにあたって大きな武器です。そして消防官の採用試験には体力試験もあるので、必ず日常的に運動をして鍛えておきましょう」とのこと。

この先輩が卒業したのは…

湘央生命科学技術専門学校 救急救命学科

学校イメージ

救急救命学科では1年次から1次救命処置など、実際の救急救命法を学んでいきます。指導にあたっては、現役の救急救命士をはじめ、専門科目の9割を救命救急センター勤務の医師にご担当いただき、常に緊張感にあふれた授業を展開しています。希望者はアメリカでの救急医療研修も受けることができます。命を預かる仕事を目指す学生たちは、このようにしてスキルアップし、チームワークの大切さを学んでいきます。また、多くの国家試験合格者を送り出しているのも本校の特長で、2016年の救急救命士国家試験合格率は92.9%(受験者42名)でした。高い医療知識と強い精神力を養い、卒業後は消防機関、医療機関など、救急医療の最前線で活躍します。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

湘央生命科学技術専門学校(専修学校/神奈川)