• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 横浜医療情報専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療IT科
  • 医療システム開発コース

神奈川県認可/専修学校/神奈川

ヨコハマイリョウジョウホウセンモンガッコウ

医療システム開発コース

募集人数:
20人 (学科全体)

安定のIT×医療で、確かな就職。ITを総合的に学び、働きやすい医療業界で「医療情報システム開発エンジニア」に!

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

目指せる仕事
  • 秘書

    良きパートナーとして多彩な業務で上司をサポート

    仕事内容は、補佐する上司によっても異なるが、一般的には、次の9つの業務になる。(1)スケジュール管理、(2)客の接遇、(3)文書作成と書類のファイリング、(4)事務機器の運用と管理、(5)上司の仕事の下準備と事後処理、(6)社内外の連絡・調整、(7)出張・交際などの手続きと費用の精算、(8)備品の購入、オフィス管理、(9)情報収集と整理など。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 診療情報管理士

    病院の診療情報を管理する

    病院で保存される診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。記録の点検は十分行い、カルテや検査結果に不備がないかも確認する。このノウハウをもとに病院内の医療情報のデータベース化や診療統計を行うなどの役割も期待される。

  • 医療情報管理者

    医療情報を管理し、研究や広報にも活用

    カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。この情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもある。多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務する場合もある。

初年度納入金:2017年度納入金 128万円  (※入学金20万円含む)
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

IT技術と医療知識の両方を身につけられる
震災時には、紙カルテの流失が大問題に。その影響から多くの病院が電子カルテを導入するなど、医療現場のIT化が進んでいます。ニーズ急増中の「医療情報システム開発エンジニア」をめざし、電子カルテシステムはもちろん、先端医療機器のソフト開発までを担当できる最新の開発技術を習得します。入学後のコース変更も可能。

カリキュラム

医療ITの現場を再現した専用実習室での「実習スタイル授業」
病院の医療情報部門を模した実習室を完備。サーバや電子カルテ、遠隔医療システムなど、現場で実際に使われている医療機器・システムはもちろん、VRなどの最先端機器にもふれながら実践的に学べます。また、最新のノートPCを1人1台無償貸与。卒業時には「高度専門士」の称号と大卒と同等に大学院入学資格が付与されます。

実習

先端企業で「医療情報システム開発エンジニア」の仕事を体験。そのまま就職につながることも!
4年次には、医療情報システムを扱う企業で実習を行い、「医療情報システム開発エンジニア」としての実務力を完成させます。3年次までに学んだ知識を活かし、より具体的に仕事の流れを理解することができます。希望者には、1年次からインターンシップの機会も。就職活動時の大きな強みになります。

卒業後

安定の医療IT業界へ!ニーズ急増中の「医療情報システム開発エンジニア」「医療情報技師」に
「医療情報システム開発エンジニア」として、医療情報システムを扱う企業への就職をめざします。開発はもちろん、システムの販売や、病院への導入・サポートも仕事のひとつ。一般のIT企業に比べ、安定しているのが特長です。その他、IT企業やデータセンター、病院、医療系企業など、就職の選択肢が幅広いのも魅力。

資格

「医療情報システム開発エンジニア」に必須の三大資格を取得できる!
医療情報技師、診療情報管理士、基本情報技術者<国>という三大資格をはじめ、4年間で多数の資格を取得できるカリキュラムです。担任の先生との距離が近く、個別サポートも充実しているため、ITや医療を初めて学ぶ方も安心。資格に合わせた時間割で、無理なく効率的に資格対策を行います。国家資格の一部試験免除も。

奨学金

学費減免の特待生入学や、学校独自の奨学金・分納制度が充実!
取得資格や部活の実績、早期AOなどを活用した特待生制度(5万~80万5千円減免)をはじめ、医療IT科希望者対象の特別推薦(15万円減免)など、進学を応援する制度が充実。そのほか岩崎学園奨学生(年50万円貸与・無利息)、岩崎学園 学費分割納入制度などの学費サポートも豊富です。詳細はお気軽にお問合せください。
学校概要

県下初の医療事務専門学校で、安定の医療事務・秘書、小児クラーク、医療情報技師に!

景気に左右されにくく、安定していると人気の医療業界。「ありがとう」と言われるたびにやりがいを感じるお仕事です。医療事務、調剤薬局事務、医療IT、診療情報管理士など、多彩な学科・コースで将来の幅が広がる!

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 診療情報管理士

目標とする資格

    • 医療情報技師 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • Java SE7 認定資格 (OCJ-P) 、
    • オラクルマスター 、
    • 情報検定(情報活用試験)【J検】 、
    • Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験 、
    • Excel(R)表計算処理技能認定試験 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • 診療報酬請求事務能力認定試験 、
    • 医療秘書技能検定試験 、
    • 秘書技能検定

    上級医療情報技師 
    医用画像情報専門技師
    医療情報基礎知識検定
    医療情報システム監査人 
    UMLモデリング技能認定試験 
    医事コンピュータ技能検定
    医療経営士 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日立メディカルコンピュータ 、 富士フイルムメディカルITソリューションズ 、 キヤノンITSメディカル 、 パナソニック メディコムネットワークス 、 サイバーコム 、 医用工学研究所 、 北里大学(大学病院) 、 東海大学(大学病院) 、 湘南鎌倉総合病院 ほか


※ 内定先一覧

(2017年3月卒業予定者内定先/2017年1月現在)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒222-0033神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-10
TEL:0120-423-114(入学情報専用フリーダイヤル)
jsmail@iwasaki.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-10 横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅8番出口から徒歩 1分
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅北口から徒歩 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

横浜医療情報専門学校(専修学校/神奈川)