• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 新潟工科専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 建築設備システム科

新潟県認可/専修学校/国土交通大臣認定・経済産業大臣指定/新潟

ニイガタコウカセンモンガッコウ

建築設備システム科

募集人数:
10人

水道・空調、防災など、生活に欠かせない社会の設備を支えるスペシャリストを目指す!

学べる学問
  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    物質を構成する素粒子の一つである電子の流れ、つまり電流を、実験や実習を多用して、エネルギーや情報伝達の要素として研究していく学問。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • プラント技術者・研究者

    石油や化学製品、電気などを製造するプラント(大規模な工場群)の設計をし、工事現場での施工管理も行う。

    工業地帯に行くと、石油や化学製品、電気などを製造する巨大なコンビナートが並んでいたり、大きな工場群が現れる。そのような大規模なプラント(工場)を設計し、施工管理するのが、プラント技術者。国内だけでなく、発展途上にある海外での仕事も多い。また、これまでのプラントを検証し、今後どのようなプラントを設計していけばいいかを研究する。環境がキーワードの昨今、単に効率や経済性を重視するのではなく、いかに環境を考えた安全性の高いプラントを作っていくか、そのための技術などを研究する研究者もいる。

  • 建築設備士

    空調や電気など建物設備の設計と監理

    空調・換気・給排水衛生・電気・防災といった、建物設備の設計や工事監理を行う。ソーラーシステムなどの新技術や、コンピュータの普及で複雑になる設備にも対応し、建築士に適切なアドバイスをする。試験を受けるには、空調・衛生工事会社、ゼネコン、設計事務所などで実務経験を積む必要がある。

  • 建設会社営業

    ビルやマンションから橋、ダムなど公共建造物まで、様々な建築物を建てることを提案・受注する。

    建設会社の営業の仕事は非常に幅広い。土地を所有する個人や企業に対してマンションやビルなどを建設することを提案して受注することもあれば、公共事業に入札するために営業が動く場合もある。また、自社で建設・開発した商業施設へのテナント誘致の営業を行うこともある。建設会社によって作るものや規模は異なるが、営業は地域社会と企業をつなぐ役目を果たすということは共通している。プロジェクトが始動すると順調に進んでいるか常に気を配る。建築に関しての深い知識以上に人間関係やチームワークがきちんととれることが大切。

初年度納入金:2016年度納入金(参考) 118万円  (入学金含む)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

水道・空調、生活に欠かせない設備のプロを目指す!
建築設備に必要な技術・知識・設計に求められるCADスキル、再生可能エネルギー等の幅広い建築設備に対応したノウハウを身につけ、社会のニーズに対応したエンジニアを育成します。全国でも数少ない、本格的な建築設備が学べる学科です。

授業

最先端の技術と知識を業界で活躍するプロが直接指導!
業界で長年活躍した経験豊富な講師陣が熱心に指導。最先端のCAD技術をマスターして設備の図面作成能力を身につけるだけでなく、実際の設備機材を使った本格的な設備機器実習で、業界の即戦力となるスキルも習得します。

学生

本格的な建築設備が学べる学科です!
家が設備会社を営んでいるので設備業界に興味を持ちました。入学の決め手は建築設備の専門的な勉強ができること、そして設備業界での勤務経験のある先生から直接教えてもらえること!設備の仕事をトータルに学べる学校は全国的に少なく、この学校を知ったときは本当に嬉しかったです。 児玉 柊佑さん(秋田県小坂高校出身)

卒業後

数多くのOBを輩出!建築設備業界からの安定した求人!
社会基盤の整備が推進される今、社会では設備設計、再生可能エネルギーに対するニーズが非常に高まっています。しかしながら、現在の技術者数では人手が足りていない状況です。NITでは、工業分野の伝統校としての強みである資格取得・最新技術を在学中に身につけて、卒業後には企業で即戦力となる人材を輩出します。

資格

1・2級管工事施工管理技士の資格取得を目指す!
施工計画の作成、工程・品質・安全管理等全ての業務を行う国家資格「管工事施工管理技士」の実務経験が短縮されます。2級は「実務経験2年」、1級は「実務経験5年」で受験可能!さらに「消防設備士」「ボイラー技士」など専門資格の在学中取得も目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

管工事施工管理技士<国>(2級:卒業後要実務経験2年、1級:卒業後要実務経験5年)

目標とする資格

    • 建築設備士<国> 、
    • 消防設備士<国> 、
    • ボイラー技士<国>

    空気調和衛生工学会設備士
    給水装置工事主任技術者
    排水設備工事責任技術者

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数123名中123名 )

主な就職先/内定先

    中越大栄工業 、 太平エンジニアリング 、 新越工業 、 千代田設備 、 越後交通工業 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-0932 新潟県新潟市中央区長潟2-1-4
TEL:0120-180-068(フリーコール)

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市中央区長潟2-1-4 「新潟」駅南口から1番乗場発バス 6分 「北谷内」下車スグ

地図

 

路線案内


新潟工科専門学校(専修学校/新潟)