• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神戸動植物環境専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 鈴木 涼太先生(動物園スタッフ)

兵庫県認可/専修学校/兵庫

コウベドウショクブツカンキョウセンモンガッコウ

先生・教授

「また来たくなる動物園」の飼育員を育てる 先生

鈴木 涼太先生

生命科学科  スモールアニマルコース

【動物園スタッフ】
動物飼育員 ・動物園 ・現場体験

近年の動物園は、昔ながらの「見せる動物園」から、「魅せる動物園」、つまり動物たちの生き生きとした動きや生態を観察できる施設へと変わってきており、同時にそうした環境づくりによって、動物のストレスを減らすことも求められているのです。私は、こうした変化やそれに対応できる飼育員の在り方などを、動物園勤務の経験をもとに追究し、学生たちに伝えています。例えば、王子動物園の「動物とこどもの国」エリアの責任者だったときに、子どもたちが楽しめる展示を実践しました。その際の展示や飼育環境の改善方法はもちろん、スタッフへの提案の仕方などを授業で説明。「魅せる動物園」の飼育員として必要な知識や技術とともに、物事を多面的に考えられる柔軟性、チャレンジする積極性、コミュニケーション力などが身につくよう指導しています。

授業では自分自身の体験をもとにアドバイスを行うよう心がけています

授業・ゼミの雰囲気

「見て」「触れて」「感じる」体感型の授業やインターンシップなどを通して、自ら発信できる積極性を養う。

「動物飼育展示学」では、近隣の動物園などを見学。展示方法を比較し、よりよい環境をつくるためのグループディスカッションを行う。また、海外研修も含めて校内・校外での実習授業を豊富に取り入れ、インターンシップも推奨している。「現場で指示されたことをやるのではなく、そこで得たことを人前で発信する能力や自ら動く積極性も育てていきます。また、多様な現場を体験することで、さまざまな飼育や展示方法を学ぶとともに、自分の適性を見極めていくことも大切。インターンシップや実習が就職につながるケースは多いですよ」。

さまざまな飼育現場での体験は、実践的な力の養成とともに、自分に適した職場を見つけることにもつながる。

キミへのメッセージ

「人と動物の架け橋」となる「飼育員」をめざして一緒に勉強しましょう。

動物園、水族館、ペットショップ、動物病院等の仕事は動物だけでなく人がいて初めて成り立つ仕事であり、接客業でもあります。実習を通して動物との関わり方はもちろん、人との関わり方もしっかり学んでください。

この先生・教授に出会えるのは…

神戸動植物環境専門学校 生命科学科 スモールアニマルコース

ウサギ、ミニブタ、熱帯魚、ハ虫類…多彩で奥が深い小動物全般について学んで、動物たちとふれあう仕事を目指します…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
神戸動植物環境専門学校(専修学校/兵庫)