• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神戸電子専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • サウンドクリエイト学科

兵庫県認可/専修学校/兵庫

コウベデンシセンモンガッコウ

サウンドクリエイト学科

募集人数:
30人

自分だけの表現を追求。TVCMやゲームサウンドなどの商業音楽で活躍する。そんなサウンド・音楽づくりのプロをめざす

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • マニピュレーター

    求められるデジタルサウンドをつくり出す

    シンセサイザーやデジタルサンプラーを駆使してサウンドをつくり、コンピュータに音を打ち込んでいくのが仕事。音楽の素養が不可欠なので、ミュージシャンやアレンジャーがこの職種を兼ねている例も多い。デジタル音楽隆盛で需要は増加傾向。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • MA(マルチオーディオ)ミキサー

    映像と一体化した音づくりを演出

    MA(マルチオーディオ)ミキサーとは、映像と音楽が一体化した作品の中で、音をメインに扱うスペシャリストのこと。扱うものはテレビ番組からCM、ビデオ作品までさまざま。作業はコンピュータのハードディスクに音を取り込んだ後、映像に合わせた選曲をし、その映像と音をミキシングマシーンで微調整する。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • コンサートプロモーター

    コンサートの宣伝、チケット販売等を担当

    芸能プロダクション等からコンサートの開催依頼を受け、その実施を請け負う。まず会場を予約し、日程や場所が決まり次第、各地域での宣伝や各種許可の申請、チケット販売と管理、集計などを担当する。制作、進行状況を随時チェックし、当日は観客の誘導や警備、出演者の送迎の手配なども行う。

初年度納入金:2018年度納入金 133万円 
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

育むのは感性と創造性。心奮わせる「音の表現者」を育成
映画やゲームの音楽・効果音、モバイルコンテンツなど、あらゆるメディアの「音」を生み出すのがサウンドクリエイター。本学科では、音楽・音響理論の基礎からオーケストレーションなどを学習。楽曲・効果音制作やレコーディングのスキルを養う。5.1chサラウンドシステムを導入し、サラウンド制作の技術も身につける。

カリキュラム

曲づくりの基礎から応用まで。サウンドクリエイト技術、幅広い商業音楽に対応できる手法を修得
曲づくりの基礎から応用までを体系的に学ぶ。表現方法の幅を広げ、サウンドクリエイトのモチベーションを高める。また、ゲームサウンドクリエイターを招いての特別授業や、デジタルアニメ学科とのコラボによるアニメサウンド制作などの実習を通じ、即戦力を身につける。

実習

プロの仕事を想定した実習で、さまざまな商業音楽のニーズに対応するための音楽理論も学ぶ
たとえばジャズやロックなど、ジャンルによる“文法”が存在するのが音楽。「作編曲技法」ではさまざまな曲づくりのニーズに対応する音楽理論を幅広く学び、「作編曲演習」では学んだ基本を発展させて作曲と編曲にチャレンジ。課題をもらって曲づくりをする、プロの仕事を想定した実践的な演習だ。
経験豊富な業界講師陣を迎え、未来の「音の職人」を育てる濃密なカリキュラム
オーケストレーションやダンスミュージック、ポップス、ゲーム音楽などの楽曲制作、映画やアニメーションの音響効果、MA、レコーディングを軸にさまざまな選択授業を用意して、希望職種にマッチするカリキュラムを用意。ますます多様化する業界の幅広いニーズに対応している。

クチコミ

サウンド分野学生、卒業生、教員が参加の短編映画が、カンヌ国際映画祭に正式招待!
本校で収録を担当した短編映画「shikasha」が、第63回カンヌ国際映画祭に正式出品。音楽プロデューサーの渡邊崇氏が音楽を担当する作品で、レコーディングのメインエンジニア・ミキシングを卒業生が、そのアシスタントを在校生が担当。また、教員が音響効果を担当し、学生達と効果音制作をおこなった。

施設・設備

デジタルサウンドラボ、コラボレーション、レコーディングスタジオなど業界仕様の本格設備
プロ仕様の本格機材を導入したデジタルサウンドラボI、デジタルサウンドラボII、コラボレーションスタジオ、さらにプロミュージシャンも来校するレコーディングスタジオ&コントロールルームなど業界仕様の本格設備を完備。授業以外でも開放され、課題制作、フリーワークにフル稼働している。
学校概要

IT、Web、ゲーム、デザイン、アニメ、声優、サウンド、建築、インテリア。就職に強い

55年以上の歴史を持つ本校から各業界へ巣立っていく多くの卒業生の活躍をベースに各業界の企業との強固な連携体制を確立。年間400社の学内企業説明会やセミナーを実施。学生の理想の就職をバックアップしています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • MIDI検定

    ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)エスイーシステム 、 (株)サウンドエースプロダクション 、 (株)サンフォニックス 、 (株)三和映材社 、 (株)スーパーテレビジョン 、 (株)スワラ・プ口 、 (株)トーセ 、 (株)放送映画製作所 、 三木楽器(株) 、 ヤマハ(株) ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒650-0002 神戸市中央区北野町1-1-8
FreeDial 0120-449-467

所在地 アクセス 地図・路線案内
兵庫県神戸市中央区北野町1-1-8 JR線「三ノ宮」駅から徒歩 10分
阪急「神戸三宮(阪急・神戸高速)」駅から徒歩 10分
阪神「神戸三宮(阪神)」駅から徒歩 10分
地下鉄「三宮(神戸市営)」駅から徒歩 10分
JR新幹線・地下鉄「新神戸」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内


神戸電子専門学校(専修学校/兵庫)