• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神戸電子専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 臼井 裕彦さん(エンターテインメントソフト学科/ゲームプログラマー)

兵庫県認可/専修学校/兵庫

コウベデンシセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

ゲームプログラマー  として働く  臼井 裕彦さん  にインタビュー!

  • IT・コンピュータ業界
  • クリエイティブ職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

実習でゲーム制作の面白さを知り、先生のサポートのおかげで夢が叶いました

この仕事の魅力・やりがい

ゲームのプログラムは奥が深く、だからこそ面白いのだと思います。うまく表現できなかったり動かしてみたらダメだったりとか苦労がいろいろあるのですが、経験を積むうちに思う通りにできるようになる。そうすると楽しくて、自分の成長も実感できるので、やりがいがあります。また、作ったものが内外から評価されることは何より嬉しいし、この仕事を選んで良かったなと思いますね。それから、自分が経験してきたさまざまなことをアイデアなどに活かせるのも、この仕事の魅力。たとえば僕は幼稚園でボランティアをしていたのですが、子どもたちに接したことも、どこかでゲームの企画につながっていくんです。

ゲームプログラマーとして働く臼井 裕彦さん

支えてくれた先生に感謝しています

ゲームプログラマーとして働く臼井 裕彦さん

私の学生時代!

1、2年の頃は、全然優等生ではなく、ゲーム業界への就職は無理だとあきらめていたほどでした。それが一転、頑張ろうと思ったきっかけは、ゲーム制作実習と先生のサポートでした。先生にゲームのアイデアを伝えたら「おもしろい」と言ってくださり、一から教えてもらいながら制作に取り組んだのです。この実習を通じて、ゲーム制作の面白さやチームで作り上げていく楽しさを味わったことが、今の原点。また、先生には本当にお世話になりました。就職活動用の作品についても、3年になる春休みに休み返上で指導していただき、100枚近くの履歴書作成にも、会社の特徴に対応した自己アピールを書くようアドバイスしていただきました。

後輩への応援&アドバイス

神戸電子は自由に制作をさせてくれる学校でした。そんなふうに学校によって特色があるので、自分に合う学校を見つけること。そして、しっかり基礎を身につけてください。就職すれば本当に基礎が大切だと実感しますよ。それから、ゲーム制作に大切なのは、いろんな経験をすること。たとえば、バイクが好きな人は、その面白さを感じる部分がアイデアのヒントになったりします。また、アルバイトや実習を通して、気配りや意志の疎通の図り方など、チームで行うゲーム制作には欠かせないコミュニケーション能力を育むことができます。そのためにも、学生時代には、いろんなことに興味をもって挑戦し、さまざまな体験を積んでおくとよいと思います。

プロフィール

臼井 裕彦さん のプロフィール

(株)スクウェア・エニックス勤務/エンターテインメントソフト学科/2007年3月卒/パソコンに興味をもって神戸電子に入学。2年の制作実習での先生の親身な指導をきっかけに、ゲーム制作の楽しさを知る。学内発表会用に制作したこのゲームの企画性が評価され、就職につながる。「先生には、技術的な指導はもちろん、履歴書の書き方や面接の受け方、作品送付の仕方まで手取り足取り教えていただきました。またゲーム制作には、いろんなことに興味をもつことが大事だと教わりました。おかげで自分が選んだゲーム会社に就職することができました」。

この先輩が卒業したのは…

神戸電子専門学校 エンターテインメントソフト学科

学校イメージ

C言語とゲーム制作支援ツールDirectXなどを活用したプログラミングを修得。3Dゲーム制作やネットワークゲームの技術も身につけ、幅広いゲーム制作に実力を発揮できるゲームプログラマを育成する学科だ。また同学科では、世界最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ」への学生作品の出品や、学内に現役ゲームクリエイターを招いて学生の作品を評価してもらうイベントを実施。名だたるゲーム会社のクリエイターたちと交流することで、デジタル技術だけでなく、ゲームづくりの仕事に携わる者に必要なマインドやハート、コミュニケーション能力を磨くことにも力を入れている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

神戸電子専門学校(専修学校/兵庫)