• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神戸電子専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 飯尾 浩行さん(情報ビジネス学科/PCインストラクター)

兵庫県認可/専修学校/兵庫

コウベデンシセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

PCインストラクター  として働く  飯尾 浩行さん  にインタビュー!

  • IT・コンピュータ業界
  • 教育系専門職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

パソコン教室用教材の企画・制作でPC、ITを学ぶ人を応援中!

この仕事の魅力・やりがい

私の仕事は、全国に約200教室ある「ハロー!パソコン教室」で使用される教材の企画・制作です。月間2万人以上の方が学ばれる教材をゼロから考え、つくることは苦労も多いですが、手応えは抜群。特に私の手がけた教材に対して「最近の教材は生徒からの評判が良い」「飯尾さんが入って教材が変わった」と反応を聞けるのはうれしい瞬間。自分の考えややり方は間違っていなかったと自信にも、やりがいにもつながりますね。とはいえ、まだまだ自分では満足していません。教材について8割の人から好評価をいただいても、残り2割はダメということも多々あります。100%全員が納得できる教材をつくり、サービスを強化できるよう、今後もがんばります。

PCインストラクターとして働く飯尾 浩行さん

教材開発は、人に感謝され、人の人生を変えられる仕事

PCインストラクターとして働く飯尾 浩行さん

後輩への応援&アドバイス

いくらパソコンが得意で、専門知識を持っていても、自ら考えない人、行動しない人、周りのせいにする人には、この業界で長く活躍することは難しいでしょう。神戸電子には、そんな社会の現実を教えてくれる就職課があり、私も就職活動時にはお世話になりました。社会人としてダメなものはダメと指導してくれたことは、今でも最大のサポートだったと思っています。同じように担任の先生からも「学生脳」から「社会人脳」に変えてくれる徹底した指導を受けられたことも感謝していますね。神戸電子では、意欲的かつ積極的な姿勢、人のせいや言い訳をせず自分のためにがんばる姿勢で学べば、きっとみなさんの将来に役立つ色んなことが身につきますよ!

私の学生時代!

神戸電子では、プレゼンテーション、マネージメントゲーム、ボランティアがカリキュラムとして組み込まれていました。これらの学びを通して、「自分で考える」「自ら行動する」「発信する」という社会人になって必要される意識を身につけられたのは本当に良かったと思います。中でもプレゼンテーションで身につけた「人に物事を伝える力」は、今も企画者として作業する人に企画意図や重要なポイントを伝えるところで役に立っています。こんな風に神戸電子では、知識やスキルだけでなく、社会に出てからもずっと役に立ち、活かせる意識や考え方を学べたのは良かったです。このことは、就職活動でも大きな力になったのを覚えています。

プロフィール

飯尾 浩行さん のプロフィール

株式会社イー・トラックス マーケティング部教材開発勤務/情報ビジネス学科/2005年3月卒/入学した神戸電子では、あらゆるビジネスシーンで必要とされるITの専門知識とスキルをはじめ、活用スキルまで幅広く学んだ飯尾さん。卒業後はパソコンインストラクターを経験後、初心者向けパソコン教室「ハロー!パソコン教室」を全国に約200店舗展開する株式会社イー・トラックスへ。現在はそれまでの指導経験・ノウハウを活かし、パソコン教室用の教材企画・制作担当として活躍中。仕事では神戸電子時代に身につけた、考える力、自ら行動する力、伝える力をフルに発揮して、多くの生徒や社員から「学びやすい」と高く評価される教材づくりを行っている。

この先輩が卒業したのは…

神戸電子専門学校 情報ビジネス学科

学校イメージ

ITは企業経営をはじめ、あらゆるビジネスに欠かせないツールです。本学科では、即戦力となるパソコンを駆使する技術を身につけ、コミュニケーションやプレゼンテーション、マネジメント、インストラクションなどの実務能力や人間力も養います。情報を活用して、ビジネスの現場で先導し活躍するリーダーを育成します。カリキュラムはITの基本的概念&ビジネスの基本から、e-ビジネス、コミュニケーション技法、プレゼンテーション技法までを習得。コンピュータの総合学園でビジネスを学ぶメリットが体感できるカリキュラムが特長です。また、就職に直結する多彩な資格の取得をめざせるほか、ビジネスマナーもしっかり学ぶことができます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
神戸電子専門学校(専修学校/兵庫)