• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神田外語学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • アジア/ヨーロッパ言語科
  • フランス語コース

東京都認可/専修学校/東京

神田外語学院

カンダガイゴガクイン

フランス語コース

国連やヨーロッパ連合の公用語であるフランス語と英語を身につけ、活躍のフィールドを世界へと広げます。

学べる学問
  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

目指せる仕事
  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 貿易事務

    輸出入に必要な事務が仕事

    総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などを舞台に、輸出入の必要な事務をとる。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまで。輸出の場合は、注文のとりまとめ、輸送手続きなどを行う。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 外務公務員

    将来は外務省の幹部職員に

    外務省本省では、政策決定に関与する課長、局長、次官などの幹部職員候補。大使館・総領事館などでは大使や総領事としての仕事を行う。経験を積めば、将来は幹部職員として活躍することが期待される。

  • 外交官

    世界を舞台に国益を守り、国際社会に貢献する日本の顔

    在外の公館である大使館や総領事館でさまざまな外交事務を担当したり、現地の情報収集を担当する。諸外国と日本の関係を円滑に友好的に結ぶための政策決定などに影響を与える仕事だ。

  • 国際ボランティア・NGOスタッフ

    民間レベルで、国際協力を行う

    政府間での国際協力とは異なり、NGOと呼ばれる民間の組織で、開発、飢餓、教育、難民、環境、人権など、それぞれの得意分野をもちながら、有償スタッフまたはボランティアとして国際協力を行う。それぞれの団体に直接応募して、主に海外の現地で働く。

  • 通訳

    人と人とをつなぐ、言語のエキスパート

    国際会議やビジネスの場で、同時通訳または遂次通訳を行うなどの専門家。単に同時通訳するだけでなく議題から出席者のプロフィールなどまで詳しく勉強し、その人が発している言葉のニュアンスを正しく伝えることも必要。

  • 翻訳家

    さまざまなジャンルの外国語を訳す

    文学、一般書、ビジネス文書、学術資料、映画などさまざまな分野の外国語を翻訳するのが仕事。語学力、特にボキャブラリーが豊富なことが求められる。コンピュータの解説書や科学技術関係などのニーズも高まっている。

  • 語学教師

    児童から社会人まで教える相手はさまざま

    教える国の語学が堪能なことはもちろんのこと、根気よく相手に教えるテクニックも必要。その国の文化や風習、政治や環境についても常にアンテナを張っておく必要がある。同じ言葉でもニュアンスが違うこともあるため、現状を知っていることが大事だ。

  • 日本語教師

    外国人に日本語を教える

    外国人に日本語を教える専門教員。単に日本語を教えるだけではなく、一般教養や日本語教育に関する知識、日本の事情に関する知識、また教える相手の外国語および外国事情の知識なども求められる。語感の鋭さや、人柄などの適性も必要。

初年度納入金:2016年度納入金(参考) 137万円 
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

フランス語を「ABC(アベセ)」からはじめて、2年後には日常会話の成立を目指す
フランス語は書き言葉と話し言葉が同じなので、覚えた単語をそのまま言えば会話が成立します。このコースでは、繰り返し単語練習をしながら言葉を覚え、次第に表現したいことを伝えられるようにトレーニングしていきます。2年間で、フランス語検定2級以上、TOEIC(R)テスト650点以上、英検2級以上の合格を目指します。
想像以上に広い、フランス語圏
フランス語は、フランスのほか、モナコ、ベルギー、スイス、ルクセンブルク、カナダのケベック州、アメリカのルイジアナ州、ハイチ、ニューカレドニアの公用語となっています。アフリカにもフランス語圏は多く、また、国連やヨーロッパ連合の公用語のひとつでもあります。

授業

言語だけでなく、フランスの文化も学ぶ
このコースでは、言語とともにフランス文化や風習も学びます。例えばフランスでは、初対面の人に年齢を聞かず、人間性を見て、年齢が離れていても気があえばその人と親しく付き合うという風習があります。より深いコミュニケーションをはかるには、その国の文化や風習を知ることがとても大切です。

学生

ファッション・料理・芸術・・・フランス語を学びたい学生の動機はさまざま
フランスのファッションに興味がある、フランス料理についてもっと知りたい、フランスの芸術が好き・・・フランス語コースを選んだ学生たちの動機はさまざま。フランスは好きでも、フランス語は文法も発音も日本語とはかなり違うため、最初は苦労しますが、文化的な背景も含めて学び、卒業後にはフランス留学する学生も。

卒業後

フランス語と英語の2言語を身につけて、自分の可能性を広げてほしい~山川由紀子先生~
「隣国と地続きのヨーロッパでは、複数の言語が話せて当たり前という認識があります。その点、このコースではフランス語と英語を同時に習得できるので、将来海外で活躍したい人に役立ちます。フランス語と英語を身につけて、自分の可能性を広げてほしいですね。そのために必要なサポートを、私たちは全力で行っています。」

留学

フランスへの留学をバックアップ
神田外語学院が留学先として認定する提携校や大学附属の語学研修機関の中から、英語圏の国やフランスなど自由に行き先を決めて留学することが可能。留学時期や期間も、休暇期間中または3学期中であれば、各自の都合に合わせて決められ、所定の研修時間と出席率を充たせば卒業単位として認められます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 実用フランス語技能検定試験 (準2級以上) 、
    • TOEIC(R)テスト (650点以上) 、
    • 実用英語技能検定 (2級以上) 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス (2級以上) 、
    • コンピュータサービス技能評価試験 (ワープロ・表計算部門/2級以上)

    DELF(A2~B1)
    TCF(A2~B1)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    サンエー・インターナショナル 、 ユナイテッドツアーズ 、 ジェイ・エス・エス ほか

※ 2015年3月卒業生実績

※国内4年制大学(京都外国語大学、神田外語大学、白百合女子大学、共立女子大学 他)への編入学も

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒101-8525 東京都千代田区内神田2-13-13
フリーダイヤル 0120-815-864

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都千代田区内神田2-13-13 JR「神田」駅から徒歩 2分
東京メトロ「神田」駅から徒歩 3分
東京メトロ「淡路町」駅から徒歩 7分
都営地下鉄「小川町(東京都)」駅から徒歩 7分
東京メトロ「大手町(東京都)」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内


神田外語学院(専修学校/東京)