• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 西日本調理製菓専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 調理師科

岡山県認可/専修学校/岡山

ニシニホンチョウリセイカセンモンガッコウ

調理師科

募集人数:
120人 (1年制)

日本料理・西洋料理のプロ技術から料理を彩る技術まで最短1年で身につける

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • 調理師

    自分の作った料理でお客さまを笑顔にする

    味が良く、見た目に美しく、衛生的にも営業的にも優れた料理を作る職人。和、洋、中、イタリアン、すし、日本そば等、その分野は幅広い。技術だけでなく、盛り付けのセンス、新しい味を生み出す研究心も要求される。将来独立するなら経営的センスも必要。

  • シェフ

    料理人のトップにたって、厨房をしきる最高責任者

    ホテルやレストランなどの厨房は、さまざまな料理人が自分の持ち場をしっかりこなして料理を仕上げていく。そのすべてをしきり、段取りから最終の味覚チェックまでお客様に出すすべての料理に責任をもつ。シェフと呼ばれるまでには、さまざまな現場の経験と実績を積まなければならず、真の実力がないとなれない。

  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • 料理研究家

    料理の解説をしたり、新しいレシピを考案する

    「健康によい」「短時間で作れる」「季節の食材を使って」など雑誌やTVで企画される料理のテーマに合わせたメニューを考案し、栄養面だけでない、料理のレシピや楽しみ方を提供する仕事。実際にお皿に盛り付けるまでやる場合もあるので、仕事範囲はその時々で微妙に変化する。また、スクールや講習会での講師や料理番組の解説をする場合もある。

  • フードスペシャリスト

    食品に関する専門知識を活かし、消費者との橋渡しをするスペシャリスト

    食品の流通や販売、レストランやホテルなどの飲食関係の世界で食のプロとして活躍する。食品の品質判定や食品情報の収集・提供などを行って、消費者からの信頼を得て販売促進につなげる仕事をしたり、レストランやホテルなどでは料理やメニュー、食卓、食空間などのコーディネートを行ったりする。食品会社や食品に関わる企業で活躍するほか、外食関係のコンサルティングを行う企業、個人で活躍することも。日本フードスペシャリスト協会が認定した大学・短期大学で所定の単位を履修すると「フードスペシャリスト」の資格が得られる。

  • 料理人

    和・洋・中などのレストランで調理や新メニュー開発を担当する職人

    レストランやホテルなどの厨房で調理を担当。和食、洋食、イタリア料理、フランス料理、中華料理、懐石料理など料理の分野はいろいろあり、それぞれに専門的な技術を磨いた料理人が活躍している。おいしい料理を作ることはもちろん大切だが、プロとして、毎日その店の味を安定して再現できる技術や調理のスピードも求められる。また、新メニューの開発も料理人の仕事の一つ。そのため、料理への探求心や発想力も必要とされる。飲食店だけでなく、結婚披露宴などの調理で活躍する人も。

  • 飲食店員・店長

    レストランやカフェなどでおいしい食事やくつろげるひとときを提供

    レストラン、ラーメン店、定食屋、ファストフード店、カフェ、居酒屋、バーなどの飲食店で働く。大きく分けて、調理を担当するキッチンスタッフと、店内で接客や配膳、会計などを担当するホールスタッフとに分かれる。飲食店は、おいしい食事や飲み物を提供することはもちろん、お客さまに楽しくくつろいだひとときを演出する場でもある。そのため、気持ちの良い接客や衛生管理も大切な仕事。店長は、調理やサービスのほか、仕入れや売り上げの管理やスタッフの管理・指導なども求められる。

  • 食品製造

    食品メーカーなどの工場で安全・衛生に配慮しながら食品を加工・製造

    食品メーカーなどの工場で食品の製造や加工を担当する仕事。大量生産する工場では生産ラインが設けられ、食材の洗浄、下処理、加工、調理、包装などの工程ごとに細かく分業されている。機械化が進んでいる工場では機器の操作が中心となることも多いが、食品の種類や工場の規模によっては手作業が大切になることも。そのため、工場で活躍している調理師やパン職人、パティシエなども少なくない。作業の正確さはもちろん、衛生面の配慮も求められる仕事だ。

初年度納入金:2018年度納入金 121万円 
年限:1年制

学科の特長

学ぶ内容

西洋料理・日本料理・中国料理を1年でマスターし、プロに!
西洋料理、日本料理を中心に中国料理まで学び、基礎になる技術の習得に加え、料理がより美味しく見える盛りつけや、料理でお客様に感動していただけるようカービングや氷細工の実習を行います。繊細さを必要とするこの技術を学ぶことで、料理を演出できる力を習得。さらに最短1年で「調理師」(国)が取得可能です。

実習

1年間の実習時間は390時間。徹底した実習指導でプロを養成します
野菜の切り方や出汁の取り方などの基礎は、身につくまで反復し確実に習得。調理はオムレツ、パスタなど基本となるメニューをはじめ、より高度な技術を要する料理へとステップアップ。学びの集大成として行われる「総合調理実習」では、調理師に求められる資質と接客サービス、大量調理、レシピ作成法などを学びます。

学生

「1年でも不安なし。早く就職したい人にはおすすめです」(有吉星一郎さん・倉敷翠松高校出身)
オープンキャンパスで見た先輩たちの姿に憧れてニシチョウへ。早く調理師免許を取得して就職したかったので、1年制の調理師科を選びました。ニシチョウでは、ここならではの食材を使った実習もあり、毎日があっと言う間に過ぎていきます。イタリアンのお店を経営するという夢に向かって充実した学校生活を過ごしています。

制度

技術力を確実に高める、オープンキッチン(自主練習)
実習室で自主練習できる時間(オープンキッチン)があります。そこには未来のシェフをめざして料理を練習する学生がたくさんいます。教員から指導も受けられるので、細かい部分を確認できます。

研修制度

現場が学びの場。インターンシップ研修で現場力を身につけ、就職内定につなげる
現場主義を貫くニシチョウは現場研修に力を入れています。現場力が身につくのはもちろん、最新技術が習得できます。研修はホテル・レストラン・料亭など。研修先に就職が決まることもあるので、インターンシップ研修に行くことは大きなチャンスでもあります。

イベント

学生の学生による学生のためのイベント!
先輩が料理やお菓子をつくる新入生歓迎会で1年がスタート!姉妹校と合同の学園祭は腕試しのチャンス。販売数・アイディアを競い合います。そして卒業記念フェスティバル(卒業制作)では身につけた技術を使って作品を仕上げ、展示する他、「食」への関心を深める国内・海外研修旅行、季節行事の七夕など盛りだくさん!

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 調理師<国> 、
  • 介護食士 (3級)

食育インストラクター

目標とする資格

    • 専門調理師・調理技能士<国> (学科試験免除) 、
    • 食品衛生責任者

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒700-0913 岡山市北区大供3-2-18
TEL 086-223-8822
E-mail nishicho@motoyama-e.com

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県岡山市北区大供3-2-18 「岡山」駅から東口を出て徒歩 10分

地図

 

路線案内


西日本調理製菓専門学校(専修学校/岡山)