• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 静岡デザイン専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ファッションデザイン科

静岡県認可/専修学校/静岡

シズオカデザインセンモンガッコウ

ファッションデザイン科

募集人数:
20人

ファッション分野で求められる、感性、デザイン力、技術力を身につけ、ファッション界の次代を担う人材になる

学べる学問
  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 服飾・被服学

    快適な衣服や、服飾に関する理論と技術を研究する

    快適な衣服とそれに付随する服飾に関する理論と製作について、素材、テキスタイル、デザイン、製造まで幅広く研究する。流通や販売も研究テーマとなる。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

目指せる仕事
  • 靴デザイナー

    足元の美しさを生み出す。人間工学的な能力も

    靴の材質はもちろん、形を総合的にデザインするのが仕事。ファッション性は重要だが、それだけでなく、人間の足の構造や動きをよく理解し計算したデザインが求められる。商品がヒットすれば、靴メーカーと契約を結ぶこともできる。

  • パタンナー

    型紙起こしから納品チェックまで

    デザイナーのデザイン画を基に、型紙に起こして立体化し、そのほか生地やボタンのサイズ指定、納品チェックなども行う仕事。専門的な技術、知識が必要な仕事で、人手不足気味。最近ではパターンメイキングはCADを使って行われるケースが多く、コンピュータの操作能力も求められるようになってきた。

  • テキスタイルデザイナー

    糸、染色、生地など素材づくりをする

    生地の織や、染のパターンをデザインする。言いかえれば、洋服やスカーフからじゅうたん、カーテンなどのインテリアまで用途はさまざまだが、それらに使われる素材をつくる仕事だ。現場は糸の考案、プリント染色デザイン、生地デザインとパートがいくつかに分かれている。

  • ソーイングスタッフ

    コレクションやサンプルまで縫製のスペシャリスト

    洋服や小物など、布地の縫製を専門に行う。技術力によっては、洋服襟、袖などのパーツ縫いを担当したり、コレクションや展示会へ出品するサンプル縫いを担当するなど、仕事内容をステップアップしていくことができる。縫製技術に加え、細やかさも必要。

  • ファッションデザイナー

    服だけではなくトータルデザインも

    春と秋に行われるファッション業界の発表会に備えて、デザイナーが企画・準備に入るのは半年から1年前。大きくはオートクチュールデザイナーと企業内デザイナーとに分かれる。つねに時代の先を読む感性が要求される。

  • ファッションコーディネーター

    シーズンごとにショップの方針を決定

    アパレルメーカーのショップ担当者、小売店経営者としてシーズンごとの営業戦略を立てる。どんな服をどれだけ仕入れるのか、そのコンセプトは何か、どうやって売るかなどを企画し、担当のバイヤーに仕入れの方針を提案したり、時には自ら買い付ける。

  • ファッション商品企画・開発・管理

    アパレルメーカーで消費者のニーズにこたえる洋服を作り、流通させる仕事

    洋服は、人々のニーズや流行に沿った商品のアイデアを考えるところからはじまり、それをデザインし、素材や加工法などを決め、工場で生産し、小売店に出荷することで消費者の手に届く。工場での生産は外注することもあるが、企画・開発、生産や在庫、品質の管理はアパレルメーカーにとって中核となる業務だ。企画・開発には、素材などに関する専門知識やセンスに加え、マーケティングの知識やプレゼンテーション能力も不可欠。生産管理や在庫管理は企業の利益に直結する業務であり、ビジネス感覚があり数字に強いことが大切になる。

初年度納入金:2017年度納入金 111万円  (入学金含む、別途教材費が必要)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

新たなファッションを創造する人材になる
デザイン画実習や平面裁断から高度な立体裁断までマスターするパターンメイキングなどを経て、3年次にはオリジナルブランドの立ち上げを行います。さらに、卒業制作展ではファッションショーを行い、製作からショーのディレクションまでを担当。多彩なカリキュラムを通じて、ファッション界の次代を担う人材をめざします。

カリキュラム

入学から卒業までのカリキュラム
1年次は、業界の仕組みや基礎知識のほか、基礎から製作技術を学びます。2年次は、基礎から応用へ、さらに企業やクライアントに関わる実習を通して、専門知識や技術も磨きます。3年次は、実務を想定したプログラムを通し、ファッション産業界のスペシャリストとして活躍できる知識と技術、ビジネスセンスを身につけます。

授業

Pick Up授業!
『オリジナルブランド』…「いつか自分のブランドを立ち上げたい」そのノウハウを授業を通して学び、オリジナルブランドを企画する実習。トレンド情報の分析からスタートし、マーケティング、企画立案、製作、販売まですべて学生主動で行います。

先生

業界の第一線で活躍するプロ講師陣が教えます
ファッション業界の最前線で活躍中のプロがシズデの講師となり「業界の今」を実務レベルで教えます。プロの仕事の楽しさや厳しさなどを聞くことで、仕事に就くまでの道のりが見え、将来のイメージが広がります。また、学生一人ひとりに合わせた指導や学科担当者による就職内定に向けた指導も徹底して行います。

クチコミ

「技能五輪全国大会」洋裁部門にて第4位入賞
23歳以下の若い技術者が技術を競い合う「技能五輪全国大会」洋裁部門に、ファッションデザイン科の学生が毎年出場。2015年は見事第4位入賞を果たしました。競技では決められた仕様のジャケットを制限時間内に製作し、日ごろの練習で磨いてきた技術とセンスを思う存分発揮しています。

イベント

全学生が参加し日ごろの成果を発表する「デザイン ア・ラ・モード」
日ごろの成果を企業や一般の方々に披露する卒業制作展「デザイン ア・ラ・モード」。卒業制作で取り組んだ課題を作品展示で発表します。ファッションショー・ヘア&メイクショーや、洋服・雑貨・フラワーなど各種ショップも出展する全学生参加のビッグイベントです。次回は2018年2月2日(金)~4日(日)に開催予定。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • パターンメーキング技術検定 、
    • 洋裁技術認定試験 、
    • 色彩検定(R)

    専修学校専門課程准教員認定 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)SHIPS 、 (株)アーバンリサーチ 、 (株)アダストリアホールディングス 、 アディダスジャパン(株) 、 イトキン(株) 、 (株)上野商会 、 (株)エフ・ディ・シイ・プロダクツ 、 (株)くれよんはうす 、 (株)クランベリー 、 (株)コックス ほか

※ 内定先一覧

※2017年2月現在

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠2-19-15
0120-252-136 フリーダイヤル
info@sdc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
静岡県静岡市葵区鷹匠2-19-15 「静岡」駅から徒歩 7分
「新静岡」駅から徒歩 3分
「日吉町」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内


静岡デザイン専門学校(専修学校/静岡)