• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 日本聴能言語福祉学院
  • 学校の特長

愛知県認可/専修学校/愛知

センモンガッコウ ニホンチョウノウゲンゴフクシガクイン

歴史や伝統がある

病院を母体に持つ義肢装具士、言語聴覚士養成の学校

医療法人珪山会グループは一般病床・療養病床を有する『鵜飼病院』、回復期リハビリテーション病棟の『鵜飼リハビリテーション病院』(全床回復期リハビリテーション病棟)をはじめ、老人保健施設、訪問看護ステーションなど多数の医療・福祉施設を有しています。本校はこれら医療機関との連携により、医療現場で即戦力となる人材を養成しています。姉妹校である学校法人珪山学園『中部リハビリテーション専門学校』、医療法人珪山会『中部看護専門学校』(2校とも愛知県認可の専修学校)とともに優れた医療従事者の養成に力を入れています。また、本校近くにある『鵜飼リハビリテーション病院』で臨床実習を行うことができます。学校の特長1

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

本校独自の授業を開講するなど、中身の濃いカリキュラム内容です

補聴言語学科では病院や施設での臨床実習を学内の演習とリンクさせて段階的に実施。演習でしっかり学んだ上で臨床実習に臨むことで、観察・検査→評価→訓練といった言語聴覚士業務の全般を着実に習得できます。また、吃音、補聴器などの講義にも力を入れています。義肢装具学科では独自のカリキュラムとして「筋電義手」(電気で動く義手)の製作実習を行っています。臨床実習については全国に約50施設の臨床実習施設があり、2、3年次の実習では自分が集中的に学びたい分野に合わせて実習施設を選ぶことが可能です。また、講師陣は専門分野に関する最新情報を積極的に取り入れ、教育の場にフィードバックできるよう努めています。学校の特長2

在校生・卒業生が魅力

OB・OGの専任教員がサポート。卒業生は全国・海外で活躍中!

教鞭を執るほとんどの教員は本校の卒業生。卒業後、複数の現場を経験し、再び学校に戻ってきました。現在も臨床現場と密接に関わっている先生ばかりです。「後輩である学生たちを医療現場のプロに育てたい」という気持ちは非常に強く、それがあらゆる場面で教育の姿勢に表れています。求人に関しては、義肢装具学科は私学第一校目として設立された伝統ある学科であるなど、両学科ともに長年の教育実績によって専門の医療機関、企業から求人情報が寄せられています。学生はその中から自分に合った条件を見つけ出し、就職先を決定していきます。また、入学時から学生を見てきた教員が、どんな職場が最適かを見極め、相談に応じています。学校の特長3
専門学校 日本聴能言語福祉学院(専修学校/愛知)