• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 桑沢デザイン研究所
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • デザイン専攻科(夜間部)
  • ファッションデザインコース

東京都認可/専修学校/東京

センモンガッコウクワサワデザインケンキュウジョ

ファッションデザインコース

募集人数:
160人 (科合計 男子・女子・2年 夜間部)

「ファッションとは何か」「着るとはどういうことか」について考察を深め、自分の理想とする作品を仕上げていく

学べる学問
  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 服飾・被服学

    快適な衣服や、服飾に関する理論と技術を研究する

    快適な衣服とそれに付随する服飾に関する理論と製作について、素材、テキスタイル、デザイン、製造まで幅広く研究する。流通や販売も研究テーマとなる。

目指せる仕事
  • パタンナー

    型紙起こしから納品チェックまで

    デザイナーのデザイン画を基に、型紙に起こして立体化し、そのほか生地やボタンのサイズ指定、納品チェックなども行う仕事。専門的な技術、知識が必要な仕事で、人手不足気味。最近ではパターンメイキングはCADを使って行われるケースが多く、コンピュータの操作能力も求められるようになってきた。

  • ファッションデザイナー

    服だけではなくトータルデザインも

    春と秋に行われるファッション業界の発表会に備えて、デザイナーが企画・準備に入るのは半年から1年前。大きくはオートクチュールデザイナーと企業内デザイナーとに分かれる。つねに時代の先を読む感性が要求される。

  • ファッションプレス

    商品や自社イメージを宣伝する

    商品や企業イメージをPRするアパレルメーカーの宣伝広報担当者。雑誌撮影やテレビ番組への商品の貸し出し、マスコミ取材への対応、広告印刷物の制作などが代表的な仕事だ。商品のPR効果を見極めたり、企画内容や掲載状況をチェックしたりと仕事内容は幅広い。

  • ファッションバイヤー

    流通業界の仕入れのプロ

    デパートや専門店、スーパーマーケットなどで買い付け、仕入れを専門に行う。消費者ニーズを把握し、営業方針や企画に沿って売れる商品を仕入れるのが役目。流行に敏感な感性や売れるものを見極める目、的確な計算能力や交渉力などさまざまな能力が必要とされる。

  • ファッションショープランナー

    ファッションショーの演出方法や構成を決める

    ファッションショーの企画を担当。まず出品予定の衣装や主催者の意向などを参考に、イメージを膨らませ、ショーのコンセプトを決める。それに基づき、会場レイアウト・音響・照明・特殊効果などの演出プランを練り、進行を管理する。

  • ファッションコーディネーター

    シーズンごとにショップの方針を決定

    アパレルメーカーのショップ担当者、小売店経営者としてシーズンごとの営業戦略を立てる。どんな服をどれだけ仕入れるのか、そのコンセプトは何か、どうやって売るかなどを企画し、担当のバイヤーに仕入れの方針を提案したり、時には自ら買い付ける。

  • ファッション雑誌記者・編集者

    ファッション情報を発信する

    流行のファッション、最新ファッションショーの取材、着こなしのハウツーなど、ファッションに関する様々な記事を作る。季節の流行を先取りし、多くの読者の心をつかむ情報を発信するためには、アパレル業界との交流による人脈づくりや、街中での情報収集も欠かせない。

初年度納入金:2018年度納入金(予定) 81万円  (入学金、授業料、維持費、施設拡充費)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

高い技術力と豊かな感性をあわせ持ったデザイナーを育成する
衣生活に豊かさと美しさを与えるファッションデザインには、人間の生活や環境を考慮し、機能性・合理性をも追求したうえで、対象を総合的に把握する能力が要求されます。このコースでは、ファッションデザインを職業として志す人を対象に、他分野のデザインとも提携できるような知識と造形力を培います。
1年次:講義科目とともに、実際のデザインワークを進めるのに必要な表現技術を基礎から学ぶ
1年次にはファッションデザインの本質である、着やすく、美しい形づくりを主眼に、色、形や質感、衣服の性格や機能を踏まえてデザインします。平面作図などを学ぶと共に、モデリング・メーキングなどによって平面と立体の相互の連関をとらえます。また、世界の服飾文化や流行、変遷などについても知識を深めます。
2年次:1年次に学んだ内容をさらに深めつつ、系統的かつ総合的に学習
2年次には、1年次に学んだ基礎をもとに、デザイン力、企画力、表現力を充実させていきます。立体裁断、大量生産を前提とした商品企画などについても学び、ファッションビジネスや、関連するそのほかの分野についても理解し、現代社会に対応できるデザイナーを目指します。

施設・設備

あらゆるデザイン/流行の発信地、渋谷・原宿をキャンパスに。流行を見据えながらも独自性を磨く
キャンパスは、渋谷と原宿の中間に位置し、あらゆるデザインの実例を吸収、理解するのに最適な立地と言えます。空間効率を考慮し設計された都市型キャンパス(グッドデザイン賞受賞)の中で学生は、それらのデザイン情報の吸収、独自性の構築に傾注し、課題制作に取りくんでいます。

雰囲気

各自が明確な目的意識を持ち、積極的に学ぶ意欲がクラスに満ちている
夜間の通学には厳しい時間的制約があり、学ぶ人の経済的・肉体的負担も軽いものではありません。それを乗り越え自身の目標に向かう努力や熱意が、クラスに高いモチベーションをもたらしているとも言えます。互いに励ましあい、刺激しあっての2年間は、貴重で濃密なかけがえのない経験となるでしょう。

イベント

〈桑沢〉での学びの集大成を、多くの方にアピールする卒業生作品展
毎年2月下旬に行われる卒業生作品展には、卒業を迎えた学生の渾身の作品が一般展示されます。また、同時に行われるファッションショーでは、学生がデザインした衣装をモデルが身にまとい、企業やプレス等多くの来場者を魅了します。企画から制作・展示に至る過程で、自分たちの手でデザインする難しさや喜びを体感します。
学校概要

本気で学ぶなら〈桑沢〉が良い。本質を学ぶなら〈桑沢〉が良い。

1954年日本で初めて校名に「デザイン」を冠し設立。以来60年にわたり日本の、また世界のデザイン界の一端を力強く担ってきた〈桑沢〉はデザインを「本気で学ぶなら」「本質を学ぶなら」最適な選択肢の一つです。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)アミナコレクション 、 (株)エヌエスケーエコーマーク 、 キシユニバース(株) 、 (株)クロスカンパニー 、 (株)クロスプラス 、 (株)三景 、 (株)ジュン 、 チャコット(株) 、 (株)ユナイテッドアローズ ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-17
TEL03-3463-2431(代表)
kouhou@kds.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都渋谷区神南1丁目 4-17 JR、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩 約10分。
JR「原宿駅」より徒歩 約7分。
東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」より徒歩 約7分。

地図

 

路線案内


専門学校 桑沢デザイン研究所(専修学校/東京)