• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 創形美術学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ファインアート科

東京都認可/専修学校/東京

ソウケイビジュツガッコウ

ファインアート科

募集人数:
40人

歴史の中で培われた技法の習得と個性溢れる表現力を追求し、世界をリードしうるプロのアーティストの育成を目指します

学べる学問
  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • アニメーター

    原画家、動画家に分かれアニメの作画を行う。

    映画やTVのアニメーションの作画を行う。作画は、シナリオや絵コンテをもとに登場人物や背景などのデザインを描く原画家、その間の動きを一コマ一コマつないでいく動画家に分けられる。動画家は膨大な枚数を描くため、かなりの根気と正確なデッサン力が必要。

  • 絵本作家

    子どもから大人までに愛される絵本を作る

    絵本作家にも絵だけを描く人、ストーリーだけを考える人、ストーリーと絵の両方を手がける人などいろいろなタイプがいる。またイラストレーターが作品を発表する場合も。子ども向けから大人向けまで作品もさまざま。独自の手法や豊かなイメージが要求される。

  • 漫画家

    自分の作風やタッチで、人気作品を創り出す

    現在発行されているまんが誌(週刊誌・隔週刊誌・月刊誌)にまんがを描く仕事。最初から単行本に書き下ろすこともあるが、4コマまんがやストーリーものなどで、連載をもつことで収入を得る。自分の作風やタッチを確立して、作品を出版社の編集者等に認めてもらうことが必要。ヒット作品が出れば、時代のブームを巻きおこすことも。

  • 画家

    旺盛な創作意欲で描き続ける

    洋画、日本画、風景画、抽象画など、絵画の種類や技法はいろいろだが、絵の収入だけで生活できる画家は少ない。教師やデザイナー、イラストレーターなどの副業を持ち、自分の才能を信じて創作活動を続け、大きな賞を受賞するのが成功への早道だろう。

  • 美術教師

    絵画や彫刻などの創作を指導する

    児童・生徒に絵画・彫刻・陶芸などの美術作品の制作を指導する。技術だけでなく、ひとりひとりの個性を尊重し、創作の喜びを伝えるのが目的。また美術館見学や、写生会など、授業以外の行事も中心になって行う。現在は、コンピュータを使ったデザインの授業なども積極的に導入されている。

  • 美術研究者

    大学・大学院、美術館・博物館などで専門分野を研究し論文を書く

    美術学、美術工芸品など美術に関連した専門的な研究を、大学・大学院、美術館・博物館などで続け学会などに論文を発表する。大学・大学院の場合は、教授・准教授または助教として、学生の指導も行う。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • カメラマン

    被写体を見る目、構図、センスが重要

    雑誌、単行本、ポスター、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点が求められる。報道写真、広告写真、営業写真といったジャンルや撮るもの(人物・物・動物・ファッションなど)によって求められる作品も違うので、高度な専門技術が必要。

  • 修復家

    美術品をいかに元の状態に復元させるか

    絵画や彫刻など、年代が古くなったり、何かのアクシデントによって破損したり一部消失した場合に修復する作業を担当するプロ。素材や色などを、いかに元の状態に近づけるか、残っている部分と違和感なく仕上げるのかが腕の見せどころだ。

初年度納入金:2017年度納入金 139万5200円  (入学金18万円、1年次で使用する教材・画材代なども含む)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

「アートとデザインとの垣根を越えた相互リンク」と「国際的グローバル感覚の育成」
時代性や環境にとらわれない柔軟な応用力を身につけるためにも、アートだデザインだという垣根を無くし、国際的グローバル感覚も身につけながら、世界で通用する技術や幅広い知識で活躍できるプロのクリエイターとしての礎を築いていきます。

カリキュラム

1年間の基礎課程と2年間の専門課程の計3年制の特徴を活かした独自のカリキュラム
しっかりとした基礎の上に高度かつ実践的な技術、柔軟な応用力が学べます。1年次は表現基礎力「5つの力」を通して、プロに必要な基礎を習得。2年次からは様々な絵画や版画の技法を学び、自分の表現を探ります。3年次には講師とのディスカッションや展覧会を通じて卒業制作へ結びつけ、作家としての第一歩を踏み出します。

授業

少人数制のメリットを活かした実践的な授業
先生が学生一人ひとりに向き合い、家庭教師のように指導していきます。それは少人数制だから可能になったこと。プロの作家が実践的な授業で直接指導。アーティストの心を伝え、学生の中に眠っている才能を見つけ、プロとして羽ばたけるよう、一緒に考え、共に歩んでいきます。

先生

プロのクリエイターによる直接指導
創形には教師を本業としている先生はいません。創ることの本質を理解しているプロのクリエイターしかいないのです。創作のマニュアルを教えるのではなく、プロの作家として必要なこと、大切なことを学生一人ひとりに直接指導します。

施設・設備

充実した工房と個別スペースのあるアトリエ
創形の版画工房は都内最大規模。シルクや木版の摺場。リトグラフ、銅版画のプレス機や腐食室も充実。また、学生ひとりずつのアトリエスペースがあり、自分の部屋のような雰囲気で制作出来ます。

研修制度

パリ国際芸術都市(シテ・デザール)派遣制度
「パリ国際芸術都市(シテ・デザール)」は、フランス政府とパリ市が設立。国際的な芸術家の交流が生まれる重要な拠点です。創形はその使用を認められた数少ない学校のひとつ。優秀な成績を修めた卒業生から毎年1名を留学生として派遣。留学を通して今まで大きな成果を上げています。
学校概要

本物にふれる 本当の力をつける

指導するのはすべてプロのクリエイター。一歩一歩ともに歩む姿勢で創造する喜びを伝え、眠っている才能とゆるぎない力を引き出します。ひとりひとりにとって心地良い学びの場がここにあります。

募集コース・専攻一覧

  • 絵画造形専攻

  • 版画専攻

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    A・F・T色彩検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント 、 昭和カートン株式会社 、 株式会社ナイスクラップ 、 株式会社ブラックアートセンター 、 株式会社協和アート校正 、 シグニフィ株式会社 、 株式会社ミームプランニング 、 株式会社パルディア 、 アソビモ株式会社 、 株式会社クレア ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-31-2
TEL 03-3986-1981 創形美術学校事務局
sokei@sokei.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都豊島区西池袋3-31-2 「池袋」駅から西口を出て徒歩 5分
「池袋」駅から地下1a出口を出て徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

創形美術学校(専修学校/東京)