• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原情報ビジネス専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 森田 輝さん(CG・映像制作&3Dデジタル造形コース/CGデザイナー)

東京都認可/専修学校/東京

オオハラジョウホウビジネスセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

CGデザイナー  として働く  森田 輝さん  にインタビュー!

  • マスコミ・通信業界
  • クリエイティブ職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

「あの有名なCMは俺が作ったんだ!」と、自信を持って言えるようになりたい

この仕事の魅力・やりがい

インパクトのあるCMが流れると、見ている人はその映像が心に残り、企業や商品を意識してくれる。映像の力ってすごいし、それを自分で作っていることが、最高のやりがいです。入社して早々、『ニトリ「寝心地安心ベッド篇」』のCGを担当することになり、がむしゃらに取り組みました。オンエアされた時は思わず両親や友人に自慢しましたね。限られた期間のなかで制作し、まずは上司、そして映像監督、ディレクター、クライアント…といくつものゲートを乗り越え、認められなければいけない。否定されてヘコんでいるヒマがあったら、一本でも多く作る。厳しそうだって?もちろん。でも、ここまでやらせてもらえることが誇りですし、刺激的です。

CGデザイナーとして働く森田 輝さん

携帯電話や家具など、 様々なCMのCGを作っています

CGデザイナーとして働く森田 輝さん

今の仕事との出会い・きっかけ

音楽のプロモーションビデオを見たとき「すごい!こんな映像を作りたい」と思ったことが、最初のきっかけです。そしてメイキングシーンを見て“CG”という仕事を知りました。実は親から「難しい分野だから、趣味で終わってしまうんじゃないか」と言われたりもしたんです。でもやると決めたし、決めたからには仕事にしたいと思い、就職率の高い大原に入学を決意。まずは技術を磨くことが大事だと思ったので、学生時代の2年間はCGにのめりこむように学びました。企業研修でデジタル・ガーデンにお世話になったとき、会社全体のレベルの高さを実感。ここで働きたい!と、強く感じ、就職活動でその思いを伝え、見事入社することができました。

これからかなえたい夢・目標

会社の先輩に「こんなスゴイ人が世の中にいるんだ!」と驚き、憧れている方がいます。センス、スピード、技術、どこをとってもパーフェクト。みんなの数倍仕事をこなし、周囲やクライアントの信頼も厚い。いつか自分も先輩みたいになりたいと思っています。この会社は仕事に対して厳しい半面、いろんなことが吸収できる環境。周囲にも「もっとレベルアップしろ。上を意識しろ。いつか、憧れている人を追い越せ」と言われます。今は越えなければいけない壁が多く、毎日の仕事をこなすのが精一杯ですが、少しでも早く先輩に追いつき、追い越したい。社内はもちろんのこと、社外の方にも「森田に作らせれば大丈夫」と思われる人になりたいです。

プロフィール

森田 輝さん のプロフィール

株式会社デジタル・ガーデン勤務/CGクリエイターコース(現 CG・映像制作&3Dデジタル造形コース)/2009年3月卒/在学中の企業研修(インターンシップ)にて、TV-CMを主体とした映像制作プロダクションである(株)デジタル・ガーデンで現場を体験。プロデューサーから「技術的には特出していた」という評価を受け、見事に入社。VCD部にてさまざまなCMのCGを担当する。これまで担当した作品は『京セラ URBANO PROGRESSO すべてをかなえる相棒篇』、『トヨタ Mark X Zio クルージング篇』など。「愛情をこめて手掛けたものがCMとして世の中に出る。ハンパじゃないほどの責任感とやりがいのある仕事です」。

この先輩が卒業したのは…

大原情報ビジネス専門学校 CG・映像制作&3Dデジタル造形コース

学校イメージ

CGやアニメーションの技術や知識はもちろん、それ以外の技能もしっかり身につけます。例えば企画力と情報収集力。考えていることを具体的にするのが企画ですが、その企画の立て方や情報収集の方法を学びます。さらに、企画したものを作品として仕上げる能力やプレゼンテーション能力も磨きます。卒業後はCGデザイナーやCGアニメーター、VFXコンポジッター、デジタル映像エディターなどのプロのクリエイターになることが目標です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
大原情報ビジネス専門学校(専修学校/東京)