• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪デザイナー専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • プロダクトデザイン学科
  • アクセサリーデザイン

大阪府認可/専修学校/大阪

大阪デザイナー専門学校

オオサカデザイナーセンモンガッコウ

アクセサリーデザイン

金属や皮革、ガラスなど素材の特性を活かしたデザイン力、彫金技術を磨いて、アクセサリーデザイナー・作家を目指す。

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 雑貨デザイナー

    文具や食器など生活雑貨をデザイン

    生活雑貨を中心に、形や素材などトータル的にデザインしていく。このところ雑貨人気もあり、デパートなどでも雑貨コーナーを、新設・拡大する傾向にあるようだ。使いやすく、しかも見た目も洗練されたレベルの高いデザイナーが求められる。

  • ジュエリーデザイナー

    宝石や貴金属を素敵にデザインする

    宝石類や金、銀、プラチナなどの素材を使用し、リング、ネックレス、ブローチなどのジュエリーをデザイン、または製作までを担当する。デザインセンスはもちろん、消費者ニーズに素早く対応できる敏感さも求められる。

  • 帽子デザイナー

    デザインだけでなく制作まで手がける人も多い

    帽子の形や色、素材を含め、全体のデザインをするのが仕事。アトリエなどの帽子作家には、制作まで手がける人も多い。デザイン力はもちろん、素材の扱いや型起こしには熟練した技術とセンスが必要だ。

  • 靴デザイナー

    足元の美しさを生み出す。人間工学的な能力も

    靴の材質はもちろん、形を総合的にデザインするのが仕事。ファッション性は重要だが、それだけでなく、人間の足の構造や動きをよく理解し計算したデザインが求められる。商品がヒットすれば、靴メーカーと契約を結ぶこともできる。

  • バッグデザイナー

    機能や素材をも考えデザインする

    バッグの機能、使いやすさ、使うシーンや年齢層など、さまざまな要素を考えながらデザインしていく。布や皮革などの素材選びや色、形など、使う人の立場に立つことはもちろんのこと、流行をキャッチした斬新なアイデアを発想することも必要。

  • 空間デザイナー

    店舗や住宅などの空間の演出家

    店舗やアーケードといった商業空間、一般住宅などの生活空間をどのように使うか提案する。商業空間の場合、店舗の周辺を行き交う人の動きや気持ちを想定して、売場の構成や演出の工夫、商品のディスプレイ等を考える。生活空間の場合、そこに住む人が快適に過ごせるよう、工夫をこらす。

  • ディスプレイデザイナー

    ショーウィンドウなどを魅力的に飾る

    デパートのブティックのショーウィンドウに飾られるディスプレイや、ショップ内のデコレーションを行う。人目を引くような斬新なアイデア、流行を感じ取る鋭い洞察力、色や形のバランスを気遣う美的センスなどが必要。店舗が閉まっている夜間の業務が多い。

初年度納入金:2018年度納入金 134万円  (入学金、授業料、設備費の合計。※教材・研修費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

彫金技術を中心に制作技法や発想力を身につけるアクセサリーデザインコース
オシャレを演出するアクセサリーデザイナーや感性を表現するアクセサリー作家をめざします。金属加工を中心とした彫金技術を学び、オリジナルのアクセサリーを生み出すためのデザインセンスを磨きます。制作技法はもちろん、消費者動向を敏感にキャッチした商品企画力や発想力も同時に身につけていきます。

カリキュラム

実習重視の授業で実践スキルを習得。ガラス技法も学べます
各種素材で発想力を鍛える「テクニックワーク」、吹きガラスなどの技法を学ぶ「ガラスワーク」、ブレスレット、リングなどを制作する「アクセサリー制作」といった実習や、すべてのベースとなる発想力の習得を重視したカリキュラムを編成。アクセサリー制作のノウハウやスキルを実践的に学んでいきます。

授業

アクセサリーデザイン専用アトリエで、さまざまな素材を使った制作に挑戦!
学内にアクセサリーデザイン専用アトリエ「flame」があり、アクセサリーに関わる全てが学べる恵まれた制作環境を用意。金属や革素材など多彩な素材を使ったアクセサリーづくりに挑戦し、さまざまなテクニックを身につけることができます。

クチコミ

学生作品の企画展「ゆめうつつ展」と期間限定ショップを2度にわたってオープン
アクセサリーデザインコースの6名による「ゆめ」をテーマに制作したアクセサリーの企画展「ゆめうつつ展」と期間限定ショップをオープン(2014年/WHO'S WHO gallery大阪店)。ワークショップも同時に開催し、大盛況でした。また、その後、雑貨店「Nonius」にて再びオープンし、期間中のみweb shopでの販売も行いました。
2016年も岐阜県へ秋季合宿に。恒例となった「美濃和紙あかりアート展」へ出展しました
秋季合宿では「第23回美濃和紙あかりアート展」に出展。これは、美濃和紙を使用したあかりのオブジェを公募し、「うだつの上がる町並み」に展示して審査を行うというイベント。今年は講師の先生がライトアップ賞(審査員賞)に入賞。学生5名の作品が「あかりの町並み」のイベントにて買い取り作品として選ばれました。
京都国立近代美術館「ポール・スミス展」見学をはじめ感性を刺激するイベントがいっぱい
世界的なデザイナーであり、ファッションだけでなく様々なものに挑戦しているポール・スミス氏の展覧会を見学。ブランドの原点から今に至る経緯がユニークな方法で展示されており、その考え方や視点は学生にとっていい刺激になったようです。このほかクリエイターによる講演会など感性を磨くイベントを多数実施しています。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ケイビュロー 、 リビングハウス 、 エルソニック 、 スタジオノイエ 、 オカザキ 、 )紋郎美術工房 、 パイン・クリエイト ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0003 大阪市北区堂島2-3-20
TEL:0120-59-2299(フリーコール)
info@odc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区堂島2-3-20 「大阪」駅から徒歩 10分
「西梅田」駅から徒歩 5分
「北新地」駅から徒歩 5分
「渡辺橋」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内


大阪デザイナー専門学校(専修学校/大阪)