• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪医療技術学園専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 薬業科

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカイリョウギジュツガクエンセンモンガッコウ

薬業科

募集人数:
40人

自分らしさを活かして、ドラッグストアや製薬会社で活躍する医薬品・化粧品・食品のプロを目指す!

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬剤の研究や新薬の開発、効果的な使用法など、医薬品から化学物質まで薬全般について研究する。薬の作り方を学ぶ製薬学、病気予防のノウハウを学ぶ衛生薬学、薬の用い方を学ぶ医療薬学がある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

目指せる仕事
  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 化粧品企画・開発・研究者

    ファッション性と美容・健康をともに追求し、新たな化粧品を生み出す

    化粧品メーカーで、新製品を企画したり、美容効果がある新たな成分などを研究開発したりする仕事。化粧品には、色や光沢などファッションとしての側面と、美肌やアンチエイジングなど美容・健康につながる側面とがある。その両方を意識しながら、消費者のニーズや流行にこたえる製品を創り出していく。化粧品の素材は化学物質から自然由来のものまでさまざまあり、化学やバイオ・生命科学、薬学などの専門家が数多く活躍。人の肌に使用するものなので、安全性の追求も非常に重要となる。

  • 医薬品登録販売者

    薬局の店舗スタッフとして活躍。第二類、第三類医薬品を販売できる

    薬局などで販売している医薬品には第一類、第二類、第三類の3種類があり、このうち第一類は薬剤師がいないと販売できない。しかし、一般的なかぜ薬など市販薬の9割以上を占める第二類、第三類は登録販売者の有資格者がいれば売ることができる。薬剤師は人材が不足していることもあり、現在は多くの薬局で登録販売者が活躍。医薬品の効能・副作用などの説明や会計などの店舗業務に従事している。6年制の大学を卒業しなければならない薬剤師に比べると資格も取りやすい。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

  • 医薬情報担当者(MR)

    医師に薬品の情報を提供する

    MRとはMedical Representativeの略で、製薬会社の営業販売をする人。医療機関に出入りし、メーカーを代表して医師らに医薬品の情報を提供したり、情報を収集する仕事。また、各研究機関への委託研究の連絡や研究発表、シンポジウムを手伝うこともある。

初年度納入金:2017年度納入金 100万円  (別途教科書代等)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

【医薬品販売専攻】登録販売者の資格を取得し医薬品や化粧品・健康管理のアドバイザーを目指す
ドラッグストアや薬店で医薬品の販売やアドバイスを行う「登録販売者<国>」を目指す専攻。漢方やサプリメント、化粧品の選択授業があり、興味・関心に合わせた知識と資格取得を目指します。卒業単位とアルバイト代の2つを同時に得られる、“デュアルシステム”制度を利用することで、学費負担を軽減することが可能です。
【医薬・食品分析専攻】医薬品・化粧品・食品の分析技術を学び、実験のプロを目指す
製薬会社や化粧品・食品メーカーで分析技術職や品質管理職としての就職を目指し、現場で求められている実験技術や資格を取得する専攻。公的機関や大学研究室での学外実習も充実しています。1から実験の知識・技術を学ぶので、「実験は好きだけれど理系科目が不得意」という方にも安心です。

実習

学内実習から学外実習まで、手厚いフォローで“現場で活躍する力”を養う
ドラッグストアそっくりの「薬局薬店実習室」や漢方の基になる生薬をそろえた「生薬室」など学内実習施設が充実。また、ドラッグストアや公的機関での学外実習では現場力や実践力などが磨かれ、卒業後スムーズに社会へ適応するための能力を養います。学外実習先での意欲や実力が評価され、就職内定するケースもあります。

卒業後

就職状況は好調。2016年3月卒業生の就職希望者264名全員が就職(学校全体)
ドラッグストアや医薬品メーカー、病院内の調剤薬局など幅広い場所で活躍する卒業生たち。一人ひとりの学生が希望の職場に出会えるように、1年生のうちから豊富なプログラムを組んでいます。

資格

将来を見据えて、現場で求められる資格をしっかり取得!
一般用医薬品の提供、アドバイスができる「登録販売者」や、分析技術職に必要な「危険物取扱者」「毒物劇物取扱責任者」を始め、調剤報酬請求事務専門士検定、ビューティーケアアドバイザー、アロマテラピー検定など目指す分野毎にたくさんの資格取得を目指し、医薬・食品・化粧品業界で活躍できる力を養います。

募集コース・専攻一覧

  • 医薬品販売専攻

  • 医薬・化粧品分析専攻

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 登録販売者<国> 、
    • 危険物取扱者<国> 、
    • 毒物劇物取扱責任者<国>

    化粧品製造所・輸入品販売営業所責任技術者<国>
    ビューティケアアドバイザー  
    調剤報酬請求事務専門士検定  
    サービス接遇検定
    アロマテラピー検定
    食生活アドバイザー検定
    ケア・コミュニケーション検定
    品質管理検定 ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者264人中/264人就職 )

主な就職先/内定先

    株式会社スギ薬局 、 株式会社キリン堂 、 株式会社ココカラファイン 、 株式会社コクミン 、 ウエルシア薬局株式会社 、 ロート製薬株式会社 、 株式会社アロインス化粧品 、 佐藤薬品工業株式会社 、 昭和製薬株式会社 、 キシダ化学株式会社 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

上記は薬業科全体の就職先です

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
フリーダイヤル0120-78-2501
info@ocmt.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区東天満2-1-30 京阪電車「天満橋」駅から徒歩 8分
地下鉄谷町線「南森町」駅4-A出口より地下連絡通路(JR1出口)を経て 徒歩 約8分
堺筋線「南森町」駅4-A出口より地下連絡通路(JR1出口)を経て 徒歩 約8分
JR東西線「大阪天満宮」駅JR1番出口から徒歩 3分

地図

 

路線案内


大阪医療技術学園専門学校(専修学校/大阪)