• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪医療技術学園専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 臨床検査技師科

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカイリョウギジュツガクエンセンモンガッコウ

臨床検査技師科

募集人数:
80人

血液・細胞・遺伝子・心電図などの検査はもとより、今話題の再生医療分野でも活躍できる「臨床検査技師」を目指す

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

目指せる仕事
  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • バイオ関連商品企画・開発・研究者

    自然の中に存在する生命の力を利用して健康食品、材料、燃料などを開発

    バイオテクノロジーは、エコや健康などにつながる可能性を秘めているため、医薬品以外にも非常に幅広い分野で使われている。例えば、微生物由来の健康食品なども注目されているし、生物から取り出した成分をもとにしたプラスチックなど材料系の研究も進んでいる。また、エネルギーの分野ではサトウキビなどの植物を使ったバイオ燃料なども世界的な需要が伸びている。材料メーカー、エネルギー会社、化学メーカー、製薬メーカー、医療機器メーカー、食品メーカーなど幅広い業種が参入し、研究者、開発者が活躍している。

  • 臨床検査技師

    病気の早期発見に寄与する、医療検査のスペシャリスト

    医師の指示のもと、病院や産科・レディスクリニック、整形外科(MRI)、臨床検査センターなどで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

初年度納入金:2017年度納入金 150万円  (別途教科書代等)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

診断や治療に欠かすことのできない検査データを医師に提供し、人々の生命を支える
チーム医療の一員として、診断・治療に深く関わる臨床検査技師。検査データをスピーディーかつ正確に医師に提供するための総合的な知識と判断力が要求されます。本学科では、血液や尿の検査、心電図の測定、脳波計などを使った実習を多く取り入れ、医師に各種検査データを正確に提供できる知識や技術を学びます。

カリキュラム

授業で学んだ専門知識を実習で確認し、実践力を高める。また国家試験対策講座も充実
化学や生物、医用英語などの基礎科目や免疫検査学、薬理学、公衆衛生学、血液学などの臨床専門科目、画像検査学、遺伝子分析検査学、病理検査学、検査情報処理科学などの臨床専門科目(実習)、模擬試験と苦手分野の対策を繰り返し実施する国家試験対策講座などの授業があり、段階的に学べます。

実習

養成校で最大規模の6ヶ月の学外実習で臨床検査技師として必要な技術を習得する
本学科では最大で約6ヶ月間にわたる臨床実習を行い、総合病院や検査センターなどで臨床検査技師の業務を医療スタッフの一員として学びます。また学内実習では、心電図や脳波計検査、超音波検査など、実際の病院で使われているものと同様の最新の装置を使い、さまざまな臨床検査実習を行います。

卒業後

就職状況は好調。2016年3月卒業生就職率100%(就職希望者264名全員就職(学校全体))
国立病院・専門クリニック・検査センターなどへの就職が多い一方、大学の研究所や製薬会社での研究職としての活躍や治験コーディネーターとして新薬の研究や開発に関わることも可能。どの分野でも医療の中枢を担う大切な仕事です。卒後教育の細胞検査士対策講座は、毎年多くの卒業生が参加しスキルアップを目指しています。

資格

独自プログラムで毎年高い合格率を達成!H27年度 臨床検査技師合格率88.4%(69名中61名合格)
臨床検査技師の国家試験合格率は88.4%(全国平均76.4%)。通常の授業で学んだ理論的な知識を実習で実践し、納得・確認します。授業でわからない点は放課後に行われる自主参加型の補習で理解できます。また姉妹校との連携により、卒業後1年で臨床工学技士<国>の受験資格取得もでき、4年間でWライセンス取得も可能です。
学校概要

1万人を超える卒業生が医療業界で活躍。国公立・大学病院への就職が年々増加!

国家資格や各種資格検定の対策はもちろん学外実習前指導、個別指導、就職サポートなど徹底したサポート体制を用意。初心者でも無理なく学べる環境で、業界が必要とする技術を習得し希望分野への就職の実現を目指す。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 臨床検査技師<国>

目標とする資格

    • バイオ技術者認定試験 (中級) 、
    • サービス接遇検定 (2級・3級) 、
    • 危険物取扱者<国> (乙種4類) 、
    • 語彙・読解力検定

    第2種ME技術実力検定 ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者264人中/264人就職 )

主な就職先/内定先

    独立行政法人国立病院機構 、 日本赤十字社近畿ブロック血液センター 、 兵庫県立尼崎総合医療センター 、 公立大学法人大阪市立大学医学部附属病院 、 兵庫医科大学病院 、 大阪医科大学病院 、 済生会吹田病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

上記は臨床検査技師科の就職先です

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
フリーダイヤル0120-78-2501
info@ocmt.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区東天満2-1-30 京阪電車「天満橋」駅から徒歩 8分
地下鉄谷町線「南森町」駅4-A出口より地下連絡通路(JR1出口)を経て 徒歩 約8分
堺筋線「南森町」駅4-A出口より地下連絡通路(JR1出口)を経て 徒歩 約8分
JR東西線「大阪天満宮」駅JR1番出口から徒歩 3分

地図

 

路線案内


大阪医療技術学園専門学校(専修学校/大阪)