• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪工業技術専門学校
  • 学校の特長

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカコウギョウギジュツセンモンガッコウ

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

実務経験も豊富な個性派揃いな教員たち。自ら考え、創造できる人材を育成します

社会に出て、たくさんの課題や問題にぶつかったとき、その課題を突破する問題解決力が必要になります。専門性の高い技術や知識ももちろん大事ですが、最も大切なことは、自ら問題を発見し、解決する力です。OCT(大阪工業技術専門学校)の教員は、現在も第一線で活躍している人や、プロとしてキャリアを積んできたスペシャリストばかり。実体験に基づいたノウハウで、知識を詰め込むのではなく、自分の頭で考えることを教えていきます。学生自身がいろいろな方向から考え、試行錯誤をしながら自ら答えを導きだし、解決する。OCTが長年、大切にしていることです。学校の特長1

就職に強い

3万人以上の卒業生が築いた業界との強いパイプ。一人ひとりの「働く」を考えた指導

業界について理解し、自分の進路を決めるため、「社会人とは何か」「働くとは何か」を考えることからスタートします。働く事への理解を深めることで、“就職”をゴールとせず業界で継続的に働くための力を身につけます。進路支援は個別対応を基本とし、多くてもクラス単位までの対応としています。学生一人ひとりが思い描く将来の夢の実現へ向けて二人三脚で取り組む体制を整えています。また、OCTではクラス担任制を導入。この業界経験豊富な教員陣、すなわちクラス担任と、同じく就職市場を熟知した職員とが、就職や編入学にあたっての基礎知識や活動方法、企業、編入学先の選び方、書類、面接への備えまで、徹底的にフォローしています。学校の特長2

インターンシップ・実習が充実

企業との連携プロジェクトを多数実施。現場での経験を経て“社会にひらく”学びを提供

授業で学んだ知識を実践し、現場で対応できる技術・知識を身につけます。理論を学んでも、知識や技術を実践しないままでは意味はありません。だから、社会とのリアルな接触を通した実践的なプロジェクトを積極的に取り入れています。「大阪環状線 森ノ宮駅プロジェクト」では、大阪市が主催する大阪環状線コラボ事業を卒業生と在校生が一丸となって取り組み、JR森ノ宮駅から大阪城が見えるという発見から、駅に憩いの場をつくりました。現場で学ぶことの意義のひとつは、ものづくりの背景にいる「人」の存在を知ること。多くの人たちと語らい、手を動かす現場での経験は、教室では学べない、かけがえのない「学び」になるはずです。学校の特長3
大阪工業技術専門学校(専修学校/大阪)