• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪航空専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 西口 勝康さん(パイロット学科/パイロット)

大阪府認可/専修学校/国土交通大臣指定 航空機整備訓練課程校/大阪・兵庫

オオサカコウクウセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

パイロット  として働く  西口 勝康さん  にインタビュー!

  • 航空・運輸業界
  • 旅行・エンタメ業界
  • その他専門職
  • 筋道を立てて考えるのが好き
インタビュー

新たな目標は立派な機長になること。操縦士の職を全うするまで安全運航を堅持したい

この仕事の魅力・やりがい

全国各地に路線展開するJALグループのジェイ・エアに、2015年入社しました。いきなり全国を飛び回ることができるわけではなく、長期間の訓練ののち乗務機種の国家資格を取得するとともに、厳しい社内審査を受けなければいけませんでした。まさに訓練に次ぐ訓練です。大変でしたが、これは自分がずっとやりたいと望んできたこと。ポジティブな気持ちで取り組み、ついに夢を叶えました。現在副操縦士として様々な路線に乗務し、充実した日々を過ごしています。多くのお客さまの命をお預かりしている責任感と、安全運航に対する使命感を持ちつつ仕事ができることは、大きなやりがいになっています。

パイロットとして働く西口 勝康さん

コックピットから眺める景色は格別ですよ

パイロットとして働く西口 勝康さん
私の学生時代!

隣の彼は専門学校でも現会社でも同期のジョンさんです

私の学生時代!

小さい頃に見たコックピット内の景色に心を奪われ、パイロットを志すようになりました。私の場合は飛行機そのものが好きというより、操縦席に座ってこんなに大きなものを動かせるということに感動しました。大阪航空専門学校に入って一番強く感じたのは、教官との距離がすごく近いということ。ほぼマンツーマンで指導していただけ、その場ですぐに質問できたのが良かったです。教官は自分のクセなどを把握していて、自分に合った細かい指導をされていたと思います。また、パイロットになった後のアドバイスもいろいろ伝授していただきましたが、副操縦士になった今、なるほどと思えることがたくさんあります。

後輩への応援&アドバイス

お世話になった大阪航空専門学校の訓練機と久々の対面

後輩への応援&アドバイス

新たな目標は、一人前の立派な機長になること。そして、パイロットの職を退くまで安全運航を堅持することです。この仕事は知識・技量を熟成させるために、常に向上心を持てるのが素晴らしいですね。航空業界では多くの若いパイロットを必要としていて、あとに続く人が一人でも多く出てきてほしいです。パイロットになるハードルは決して低くはありません。けれども絶対乗り越えられないものでもありません。どんな夢でも叶えるのは大変ですが、コツコツと目の前の課題に全力で取り組むことが一番の近道です。そして、勉強する時は勉強する、遊ぶ時は遊ぶ。メリハリが大切です。私はそうしてきました。ぜひチャレンジしてください。

プロフィール

西口 勝康さん のプロフィール

株式会社ジェイエア勤務/パイロット学科 計器飛行証明コース/2013年11月修了/奈良県立生駒高校出身/小学校に入学したばかりの頃、飛行機のコックピットを見学。無数のスイッチ類が光る幻想的な空間に、たちまち心を奪われた。以来、パイロットになる夢を抱き続ける。2015年、JALグループの株式会社ジェイエアに入社。長期間の訓練、厳しい社内審査を経て、副操縦士として大空にデビュー。滞在先で、その土地の美味しい料理をたくさん食べることがひそかな楽しみ。

この先輩が卒業したのは…

大阪航空専門学校 パイロット学科

学校イメージ

事業用免許取得をめざす

航空会社などでプロの操縦士として仕事をするためには事業用免許が必要です。本学科は、この事業用(操縦士)免許の学科・実技試験に合格することを目標にしています。1年次の8月から約5カ月間アメリカに留学して、自家用(操縦士)免許をまず取得。そして2年次では、難関の事業用(操縦士)免許の実技試験に向けた、長時間のフライト訓練を実施。通常の授業は神戸空港に隣接した神戸エアセンターで行われますが、ここには豊富な経験を持つ先生がスタンバイ。操縦ライセンスの取得をしっかりサポートします。また、自家用操縦士免許取得済みの人向けの事業用免許コース(1年制)もあります。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

大阪航空専門学校(専修学校/大阪・兵庫)