• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪社会体育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 狩野 達朗さん(健康スポーツ科/スポーツトレーナー)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカシャカイタイイクセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

スポーツトレーナー  として働く  狩野 達朗さん  にインタビュー!

  • スポーツ・健康業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 皆で一緒に頑張るのが好き
インタビュー

自分もチームの一員。チームの、ひいては日本のスポーツレベル向上に貢献したい

この仕事の魅力・やりがい

理学療法士として整形外科のスポーツ部門で働くとともに、週末はラグビーのクラブチーム、その他の競技会でトレーナー活動を行っています。ラグビーにケガはつきもので、練習前のウォーミングアップや練習後のクーリングダウンは非常に重要です。また、日々のトレーニングメニューの提案、ケガをした選手と長期的に携わり復帰サポートを行うこともあります。全国大会優勝をめざしているチームなので、試合に勝ち、目標が達成できたときはすごくうれしいです。自分もチームの一員だという意識は常にありますね。一線に復帰した選手が以前のパフォーマンスを取り戻すと、強い充実感に満たされます

スポーツトレーナーとして働く狩野 達朗さん

傷害予防や早期復帰に重要な役割を果たすテーピング

スポーツトレーナーとして働く狩野 達朗さん
今の仕事との出会い・きっかけ

選手のコンディションは微妙に変化します

今の仕事との出会い・きっかけ

中学・高校と野球をやっていて、何らかの形でスポーツと関わりたかった。そして、スポーツに関する学校や仕事を調べる中で、アスレティックトレーナー(AT)という職種を知りました。当時アスレティックトレーナー認定校は少なかったのですが、伝統ある大阪社会体育専門学校が認定校で迷わず進学を決めました。卒業後は専属トレーナーとしてラグビーのトッププロリーグに所属。その後、大阪社体の先生の助言もあり、中断していた日本体育協会アスレティックトレーナー資格に再受験してクリアしました。専門学校在学中は礼儀・マナー面も厳しく指導されましたが、多くのアスリートや患者さんと接する仕事柄、とても役立っています。

これからかなえたい夢・目標

さりげない会話で精神面のサポートをすることも

これからかなえたい夢・目標

スポーツの現場でも、患者さんのリハビリをサポートする病院でも、大切にしていることがあります。それは、傾聴。相手の言葉に丁寧に耳を傾けることです。あくまでも主役は選手ですから、選手の感じていることをおろそかにはできません。最初からこちらの考えを押し付けるのではなく、選手の意見をしっかり聴いたうえで話し合い、プランに納得してもらってから行動に移ります。意見が食い違う場合は、お互い歩み寄って妥協点を見つけます。このように、一人ひとりの選手に細やかにサポートすることでチームに貢献、日本のスポーツレベルの向上に少しでも貢献できればうれしいですね。

プロフィール

狩野 達朗さん のプロフィール

つじもと整形外科勤務/社会体育科(現 健康スポーツ科) アスレティックトレーナーコース/2002年3月卒/大阪府立渋谷高校出身/パーソナルトレーナー派遣会社でトレーナーとして活躍した後、ラグビートッププロチームの専属トレーナーを経て、現在はつじもと整形外科で理学療法士・アスレティックトレーナーとして勤務。古豪クラブチームの専属トレーナーも務めている。アスレティックトレーナーの資格取得は難しいが、「あきらめる前に自分が何をしたいのかをしっかり考え、本気で取り組んでほしい!」と語る狩野さん。

この先輩が卒業したのは…

大阪社会体育専門学校 健康スポーツ科

学校イメージ

本校は1981年に設立されたスポーツトレーナー・インストラクター養成機関。ケガの予防やスポーツ外傷の応急処置等を行うアスレティックトレーナーの資格は、本校の定められた課程を修了し検定試験に合格すれば取得できます。また、複数のプログラムから選択して行われるインターンシップは、トレーナー・インストラクターとしての指導能力を養い、社会人、大学のチームやスポーツクラブ等で実践的な能力を身につけられます。コースは進路に合わせ、アスレティックトレーナー、テニス、フィットネス、警察官・消防官等、将来の仕事に直結したコースから選択。希望の就職を叶えるため、入学時からきめ細かい就職指導にも力を入れています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

大阪社会体育専門学校(専修学校/大阪)