• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪社会体育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 芝池 一弥さん(健康スポーツ科 警察官・消防官コース/消防士)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカシャカイタイイクセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

消防士  として働く  芝池 一弥さん  にインタビュー!

  • 公務員業界
  • 公務員
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

身を挺して人の命を救う。消防士として、その使命を果たしていきたい

この仕事の魅力・やりがい

生まれ育った大阪府松原市の消防本部に勤務しています。消火、救急など幅広くやっていますが、今は救助活動がメイン。通報から時間がたつほど状況は悪くなるので、いつでも出動できるように準備して待機し、いち早く現場に駆けつけます。出動がない場合はほとんど訓練に明け暮れ、夜の待機時間も筋トレなど自主的に基礎体力の向上を図っています。そういった訓練の様子は、一般の方の目にはあまり触れません。人の命を助け守ることは、大きな使命と責任、そして地道な努力を伴いますが、他ではなかなか体験できない達成感を得られます。また、傷病者を助け出した後などに、「ありがとう」と言ってもらえるとうれしいですね。

消防士として働く芝池 一弥さん

さまざまな場面を想定して訓練を行います

消防士として働く芝池 一弥さん
今の仕事との出会い・きっかけ

訓練は真剣。自分の安全を確保することも重要

今の仕事との出会い・きっかけ

いわゆる高校球児でした。栃木の有力校に野球留学し、その後野球推薦で大学に進学しました。けれども肩をこわしてしまって中退。父と同じ警察官を目指そうかと思いました。でも、やはりスポーツに未練があり、スポーツ関係の仕事にも興味があった。調べてみると、公務員もスポーツ系の仕事も学べるコースが大阪社会体育専門学校にあり、この学校で再スタートをきりました。転機となったのは東日本大震災です。同じカラダを使う仕事でも、カラダを張って人の命を救う仕事がしたい。こうして、最終的に消防士という職業にいきつきました。採用試験の倍率は高かったのですが、必死に勉強した甲斐もあって無事合格しました。

これからかなえたい夢・目標

もちろん火災や事故は、起こらないのが理想です。極端なことを言えば、消防士が暇になるような平穏な日常であってほしい。そんな日が来ることを願いつつ、常にしっかり準備したいと思います。もちろん、自分ひとりでは何もできません。救助隊はチーム活動であり、命を預け合う仲間とのコミュ二ケーションが重要です。そこで、大阪社体で学んだ社会人としての礼儀やビジネスマナーなどが大いに役立っています。後輩も増えてきたので、後輩たちから目標にされる先輩になるのが今の目標。そして、いかなる環境でも冷静かつスピーディーな救助活動が行えるよう日々勉強しています。

プロフィール

芝池 一弥さん のプロフィール

松原市消防本部勤務/公務員コース(現:警察官・消防官コース)/2010年3月卒/栃木県/私立青藍泰斗高校出身/高校野球名門校での野球留学を経て、野球推薦で大学進学。肩の故障により中退し、スポーツを学びながらクラブ活動で硬式野球を続けられる大阪社会体育専門学校に入学する。「人の役に立ちたい」という思いから、消防官や警察官を目指せるコースを選択した。芝池さんの姉も同校卒業生である。

この先輩が卒業したのは…

大阪社会体育専門学校 健康スポーツ科 警察官・消防官コース

学校イメージ

授業では護身術も修得

本校は1981年に設立されたスポーツトレーナー・インストラクター養成機関。ケガの予防やスポーツ外傷の応急処置等を行うアスレティックトレーナーの資格は、本校の定められた課程を修了し検定試験に合格すれば取得できます。また、複数のプログラムから選択して行われるインターンシップは、トレーナー・インストラクターとしての指導能力を養い、社会人、大学のチームやスポーツクラブ等で実践的な能力を身につけられます。コースは進路に合わせ、アスレティックトレーナー、テニス、フィットネス、警察官・消防官等、将来の仕事に直結したコースから選択。希望の就職を叶えるため、入学時からきめ細かい就職指導にも力を入れています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

大阪社会体育専門学校(専修学校/大阪)