• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪情報コンピュータ専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ビジネス系(2年制)

大阪府認可/専修学校/大阪

大阪情報コンピュータ専門学校

オオサカジョウホウコンピュータセンモンガッコウ

ビジネス系(2年制)

募集人数:
360人 (全体で)

パソコンスキルを武器とし、あらゆるビジネスシーンに展開できる人材や事務のプロを育成!

学べる学問
  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 経理

    売上げや利益などの数字によって、経営活動を把握する

    いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務。仕事の範囲は広く、多岐にわたるが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事。

  • 受付

    企業全体のイメージを決める役割も任う窓口役

    主な仕事は、来訪者の用件確認、アポイントメントの確認、関係者との連絡、伝言の伝達や客の接待、来訪者のチェックとそのリスト作成など。外国人の来訪が多い企業では英会話などの語学力が、受付がショールームにある企業ならばインストラクター的な商品知識が要求される。

  • 秘書

    良きパートナーとして多彩な業務で上司をサポート

    仕事内容は、補佐する上司によっても異なるが、一般的には、次の9つの業務になる。(1)スケジュール管理、(2)客の接遇、(3)文書作成と書類のファイリング、(4)事務機器の運用と管理、(5)上司の仕事の下準備と事後処理、(6)社内外の連絡・調整、(7)出張・交際などの手続きと費用の精算、(8)備品の購入、オフィス管理、(9)情報収集と整理など。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

  • 宣伝

    自社製品の広告制作窓口

    自社製品を広く告知するための広告制作、ポスター・CM制作、カタログ制作、イベント、一般問い合わせ対策などの企画・実施を行う。また、社内報の編集、社史編纂、CI統括、会社案内制作などの仕事をするケースもある。自社製品や業界情報に精通するための勉強は欠かせない。

初年度納入金:2018年度納入金 105万円  (延納・分納可)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

オフィスソフトの活用スキルや簿記・秘書学などのビジネス知識を習得。事務系のプロをめざす
Excel、Accessなどビジネスシーンで必須とされるアプリケーションのスキルや、企業ニーズの高い日商簿記検定2級の合格をめざします。さらにビジネスマナーや文書作成技術など社会人としての教養も磨きます。ビジネス系コースには、ITビジネスコースとOAパソコンコースの2コースがあります。

授業

一人ひとりを大切にした少人数クラス制だから、初心者でも大丈夫!
OICの授業は30名程度の少人数制で進めています。大型のスクリーンを使って講師が全員にわかりやすく説明するほか、重要な実習ではティーチングアシスタントを配置することで、学生をマンツーマンでサポート。わからない点はその場で質問できます。だから初心者でも大丈夫です。

卒業後

企業が求める社会人基礎力の高いパソコンのスペシャリストをめざす
あらゆるビジネスシーンでコンピュータスキルが問われる今、OIC生に対する期待度は高まっています。コミュニケーション能力などのヒューマンスキルはビジネスの基本。OICでは学校全体でビジネスマナーやコミュニケーション力などの社会人基礎力を養うキャリア教育を重視。ビジネス系コースではそれをより強化します。

資格

OAインストラクターもめざせるマイクロソフト オフィス スペシャリストを制覇する
マイクロソフト社認定のマイクロソフト オフィス スペシャリストはビジネスパーソンにとって重要な資格です。各種資格試験の時期に合わせて、授業の中で資格対策講座を実施しているので、複数の上級資格取得が可能です。
簿記検定・ビジネス能力検定・秘書検定など、ビジネス系資格講座も充実
すべての仕事に必要とされるIT知識を測るため設置された国家資格であるITパスポート試験やパソコン関連の資格取得と同時に、ビジネス系資格の取得もめざせます。簿記会計やビジネス能力のレベルの高さを実証できる資格で、就職活動でも有利になります。

制度

徹底した就職指導により、満足度の高い就職を実現
1年次から徹底した就職関連授業をスタートさせ、クラス担任と就職指導の専任アドバイザーによるダブル就職指導を行っています。学生一人ひとりの希望を把握した上で、進路についてアドバイス。満足度の高い就職の実現をめざします。

募集コース・専攻一覧

  • ITビジネスコース(2年制)

  • OAパソコンコース(2年制)

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • IT パスポート試験<国> 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) (Word、Excel、Access) 、
    • 日商簿記検定試験 、
    • 簿記能力検定試験 (全経) 、
    • 秘書技能検定 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    イオンリテール 、 城山グループ 、 エフ・アイ・ティ 、 大黒天物産 、 アイスター 、 エクセルコンピュータサービス 、 イベント21 、 日本トラフィックサービス 、 大和建装 、 イベント21 ほか

※ 内定先一覧

※2017年1月現在の就職内定先

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-8-4
TEL:0120-198-014(フリーダイヤル)
info@oic.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市天王寺区上本町6-8-4 近鉄「大阪上本町」駅から徒歩 1分
地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


大阪情報コンピュータ専門学校(専修学校/大阪)