• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪情報専門学校
  • 学校の特長

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカジョウホウセンモンガッコウ

資格取得に有利

個人のレベルに合わせた万全のサポート体制。多くの資格に合格しよう

1年間学んで1種類以上の資格に合格。卒業年には2種類以上の資格を持つことを目標としています。希望企業へ就職するのに不可欠な“チカラの証明”、それが資格です。大阪情報専門学校(以下、JOHOと略)では、入学時から各自の目標に合わせた資格が取得できるようサポートしています。覚えやすいオリジナルテキストを使い、ITのプロとして活躍していた先生が分かりやすく教えるので、毎日の授業の積み上げでIT技術や資格に合格できる実力が身につきます。わからないことがあれば放課後に個別フォローも行っています。また、試験前には対策授業も実施するなど、無理なく計画的に資格が取得できる体制が整っています。学校の特長1

就職に強い

個別サポートが充実。希望の企業へ就職

毎年、就職希望者のほぼ全員が就職を決めているJOHOでは、入学と同時に就職サポートを開始。学んだ技術を活かせる企業へ就職できるようにキャリアガイダンスや外部から講師を招いてのセミナー、企業研究など、きめ細かいバックアップ体制を整えています。在校生からは「安心して希望の就職先を絞り込んでいける」といった声が多く聞かれます。これまでJOHOが送り出した卒業生は約5000名。先輩たちの仕事ぶりはどの企業からも高く評価され、毎年、IT関連をはじめ、メーカーや流通、サービスなど、幅広い分野の企業から求人が寄せられています。〔2015年3月卒業生:就職率100%(就職希望者数102名・就職者数102名)〕学校の特長2

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

学びたいことが学べる学習環境。コンピュータ実習も充実

IT初心者にも対応。基礎から無理なく学べ、着実にレベルを上げるのが特長。システム系の専攻では、コンピュータの仕組みや基本操作からスタート。講義と実習のバランスも良く、自然とプログラムを作成する力が身につきます。ゲーム系の専攻では個人のアイデアを活かしながら、オリジナルゲームを考え、制作する技術を習得。自分の作ったゲームが動くと感動が味わえますよ。ビジネス系の専攻では事務として必要なパソコンの応用技術、プレゼンテーションの技術を習得。4年課程の大学併修学科(北海道情報大学通信教育部併修)では、大学の講義も大阪で無理なく学べ、大卒資格、プログラム・ゲーム・事務の技術と資格が身につきます。学校の特長3
大阪情報専門学校(専修学校/大阪)