• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪電子専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松田 友宏さん(電気設備科/電気工事士)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカデンシセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

電気工事士  として働く  松田 友宏さん  にインタビュー!

  • 航空・運輸業界
  • サービス業界
  • 技術・研究開発職
  • 皆で一緒に頑張るのが好き
インタビュー

使命を果たせた時の達成感と、少しずつ技術が身についてきたという充実感を得られます

この仕事の魅力・やりがい

工場の中にある自動倉庫などのメンテナンスが主な仕事です。2人1組で現場に出向き、正しく稼働しているかを点検。不具合があれば、部品の交換をしたり、大きなものであれば4~6人でチームを組んで工事を行ったりします。できる限り迅速に、高い精度でチェックを行い、クライアントに満足していただける仕事をするのが私たちの使命。さまざまな機器に対応できる技術と経験を駆使し、仕事の善し悪しがはっきりと結果として出るので、仕事を終えた後の達成感がありますし、少しずつ技術が身についてきたという実感が持てます。マイナス25度の特殊な環境の倉庫や、最新設備が整っている倉庫などいろいろな現場があるので、ワクワク感も尽きません。

電気工事士として働く松田 友宏さん

いろいろな現場で、仕事をさせてもらえるのが魅力

電気工事士として働く松田 友宏さん
今の仕事との出会い・きっかけ

倉庫が稼働していない週末に働くことも多いです

今の仕事との出会い・きっかけ

高校は理数科を卒業。電気系に興味があり、体を動かす仕事がしたかったので、電気工事士になろうと思いました。大阪電子専門学校に入学して、第二種電気工事士(国)の資格を取得。就職活動をしている時に、先生に今の会社を紹介してもらいました。この会社は、電気の知識と機械の知識が必要な会社。先生に“お前に合っているんじゃないか”と勧められました。学校の同期はほとんどが電気工事士になっていますが、1人だけ私と同じ会社に入りました。卒業生の先輩も何人かいて、その点でも居心地がよいです。

これからかなえたい夢・目標

何にでも即座に対応できる、頼れる存在になりたいです

これからかなえたい夢・目標

大阪電子専門学校を卒業後、この会社に就職して、まる2年経ちました。入社1年目にくらべると、できる仕事の幅が広がり、1日がとても早くすぎるように感じます。ただ、これまでは先輩に付いて何かあれば指示を仰いでいましたが、3年目からは、現場の作業責任者として先輩たちにも指示を出すことが多くなってきます。私が担当者となって、見積もりも作らないといけなくなります。責任のある仕事をさせてもらえるのは、嬉しい反面、正直不安なところもありますが、先輩が見守ってくれているので、安心しています。現場は、システムが止まってしまうと会社の大きな損失になってしまいます。視野を広く持ち、余裕のある仕事を心がけたいです。

プロフィール

松田 友宏さん のプロフィール

株式会社IHI物流産業システム勤務/電気設備科電気設備コース/2015年3月卒/大阪電子専門学校 電気設備科電気設備コースを卒業後、株式会社IHI物流産業システムに就職。九州サービスセンター(福岡)に配属。沖縄を含む九州全域を担当している。「奈良出身なのですが、九州は初めて。でも、すぐに慣れました。ご飯が美味しいので、食事はもっぱら外で。飲みにもよく出かけます。食べすぎ、飲みすぎで、最近太ってきたので、休日はジムに行ったり、小学生の時から続けているバスケットボールをしたりしています。」

この先輩が卒業したのは…

大阪電子専門学校 電気設備科

学校イメージ

ビルやマンションなど建物の生命線ともいえる電気設備。それは、そこで仕事や生活をする人々にとっての生命線でもあるのです。本学科では、電気機器のしくみから施工技術や保守、測定技術にいたるまで、電気工事・空調・消防・通信技術の電気設備全般における設計・施工・管理・サービス技術を修得します。人気授業の施工実習では作業服に工具を身につけ、電気工事の基本であるケーブル工事や各種配管工事を実際に練習して、電気設備の知識と技術を修得。また仕事に絶対必要な「第二種電気工事士(国)」は卒業時に無試験で取得でき、さらに「第一種電気工事士(国)」「消防設備士(国)」など、さまざまな資格に挑戦できます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
大阪電子専門学校(専修学校/大阪)