• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大手前栄養製菓学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中野 淳美さん(栄養学科/管理栄養士)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオテマエエイヨウセイカガクインセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

管理栄養士  として働く  中野 淳美さん  にインタビュー!

  • フード業界
  • 医療・福祉業界
  • その他専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

食事を通して、人々が元気になっていくことが、なによりも大きなやりがいです!

この仕事の魅力・やりがい

現在、奈良県橿原市の介護老人保健施設で管理栄養士として勤務しています。高齢者は、食事量が落ち低栄養状態になりやすいのですが、食事形態や味付け時に調理師と連携し、利用者様一人ひとりに合わせた食事を提供することで、食事量が上がり栄養状態が改善されることがあります。食事を通して、食べる人を元気にすることや笑顔にすること、自分で考えたメニューが「おいしい」と言っていただけた時に、大きなやりがいを感じます。食事に対しての要望は十人十色なので試行錯誤しますが、結果的に喫食者によろこんでもらえるため、また次のやる気につながっています。

管理栄養士として働く中野 淳美さん

新しいことにも積極的に取り組み、より上をめざします

管理栄養士として働く中野 淳美さん
今の仕事との出会い・きっかけ

職場の人とのコミュニケーションもとても大事です

今の仕事との出会い・きっかけ

食べることが好きだったので、短大の生活科学科に進学。そこでフードスペシャリストという資格をめざし、試験科目に栄養学があったことや、授業で栄養素とその役割を学ぶにつれ、より興味を持つようになりました。卒業後、栄養士をめざすために本校に入学。先生方を見て、好きなことを仕事にする「その道のスペシャリスト」になるという目標が、人生の生きがいになりました。栄養士としてケアハウスに就職し、先輩のような管理栄養士になりたいという気持ちと仕事の幅を広げたいと思い、働きながら管理栄養士〈国〉を取得しました。現在の職場に転職し、管理栄養士としての経験は浅いので日々試行錯誤していますが、前向きに取り組んでいます。

後輩への応援&アドバイス

糖尿病の外来患者さんの栄養指導も行っています

後輩への応援&アドバイス

自分の好きなことや興味のある分野に進むことが大切だと思います。将来、どんな仕事をするにも知識の習得や探究心を持って取り組むことが必要になるからです。また、なりたい職業があって、その道の勉強をすると難しい科目や試験、苦手なことも出てくると思います。でも、信念深い目標を持って取り組み、その目標に向かう強いやる気があれば、どんな困難も乗り越えられると思います。私も管理栄養士になりたいという目標に向かうやる気が強かったので、働きながらも国家試験の受験勉強を頑張れたのだと思います。

プロフィール

中野 淳美さん のプロフィール

医療法人 雄信会 介護老人保健施設 大和三山勤務/栄養学科/2011年3月卒/短大の生活科学科に入学後、栄養士をめざそうと思ったことがきっかけで大手前栄養学院専門学校に入学した中野さん。先生方との出会いで、好きなことを仕事にする「その道のスペシャリスト」をめざす目標を見つけたことが生きがいとなった瞬間である。学生生活では、授業は難しいと感じることもあったが、友人と勉強したり、先生方に教えていただいたりして乗り越えることができたそうだ。味噌づくり、ベーコンの燻製、ジャムづくりなど普段あまり経験できないことができたこと、目標や悩みを共有できる同じ志を持った仲間がいたことも、とてもよかったと語ってくれました。

この先輩が卒業したのは…

大手前栄養製菓学院専門学校 栄養学科

学校イメージ

人々の健康を守る栄養士

食品・栄養の基本を身につけ、幅広い分野で活躍をめざす「栄養学科」では、栄養の知識、調理の技術はもちろん、よりよい給食環境をつくるために重要なコミュニケーション能力も2年間で習得をめざします。卒業後は、栄養士として健康増進のスペシャリストや、フードサービス業界で新製品・新メニューの開発や、製品の品質管理業務に就くことができます。また、近年注目が集まっているスポーツ栄養の分野でも活躍をめざせます。栄養士として、3年の実務経験の後には管理栄養士の道もめざせます。卒業生に対しても、「国家試験対策講座」や「模擬試験」を実施。卒業後のバックアップ体制も整っています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

大手前栄養製菓学院専門学校(専修学校/大阪)