• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 国際文化理容美容専門学校国分寺校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 木村 直人さん(美容科/美容師)

東京都認可/専修学校/東京

コクサイブンカリヨウビヨウセンモンガッコウコクブンジコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

美容師  として働く  木村 直人さん  にインタビュー!

  • 美容・ファッション業界
  • その他専門職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

受け身にならず、自分が「良い!」と思うヘアスタイルを提供することが、僕のポリシー

この仕事の魅力・やりがい

仕事をする上で特に意識しているのは、自分が作るヘアスタイルに対し、一貫したポリシーを持つこと。それは、美容師として働き始めたときから変わりません。僕には「こういう女性が美しい」という信念があり、ただお客様のリクエストに応える、という受け身なスタンスではなく、僕自身が「良い!」と思うヘアスタイルを提供する姿勢を貫いています。お客様の中には、優柔不断だったり、自分が分からないという人も多くいます。僕が提案するスタイルを気に入って頂ける人が増えれば、その分、僕のお客様が増えていくことになります。一般にはあまりないやり方ですが、「air」にはこうした考え方を是とする土壌があって、とてもやりやすいですね。

美容師として働く木村 直人さん

現役の美容師として、毎日サロンに立っています

美容師として働く木村 直人さん
今の仕事との出会い・きっかけ

様々な情報をインプットすることも欠かせません

今の仕事との出会い・きっかけ

僕が「air」に入ったのは、美容師として日本一だと思う人がいて、「自分もこういうのが作れるようになりたい」と思ったから。自己満足に陥らず、彼と自分の作品とを比較して、何ができていないのか冷静に分析するようにしていました。思い描くビジョンが常に先に行くから、今も、自分の作るものに満足はしていません。僕にとってこの仕事は、髪を通して理想の女性像を作るという「アート」です。作品として世に出したときに僕のメッセージが出てくるような、そういうものを作る人生を送りたい。今までは美容師というと、サロンワークか撮影かの二極しかなかったけれど、今後はもっと多様な仕事ができると思う。その可能性に魅力を感じています。

後輩への応援&アドバイス

店を統括する立場として、後輩にも目を配ります

後輩への応援&アドバイス

自分の美容師としてのキャリアにはある程度満足しています。だからこそ生まれた余裕を、後輩に還元することを意識しています。若い美容師を見ていると、人柄はいいんですが、反骨精神が足りなかったり、技術的に未熟な上に、その理由を追究しない人が多い点は目に付きますね。フワフワと時間が流れてしまっていては、もったいないと思います。やればクリアできないことはないし、できないのは単純にやっていないだけだと思うんです。また、顧客が増えない若手美容師は、トレンドやお客様の要望に流されすぎて、自分の軸がブレてしまっていることが多い。お客様も大事だけど、自分が本来何をやりたかったのか、見つめ直すことが大事だと思います。

プロフィール

木村 直人さん のプロフィール

air GROUP 勤務/美容科/1998年3月/岡山県出身。高校卒業後、国際文化理容美容専門学校国分寺校に進学。卒業後、都内の有名美容室への勤務を経て「air」に入社。現在は「air」・「LOVEST」の4店舗でのサロンワークをはじめ、美容専門誌や一般誌の撮影でのヘアメイク、ブログやネットニュースなどへの寄稿、各種セミナーで講師を務めるなど、多忙な毎日を送っている。

この先輩が卒業したのは…

国際文化理容美容専門学校国分寺校 美容科

学校イメージ

自然豊かな国分寺で学ぶ

緑豊かな文教地区に建つ国分寺校では、数多くの優れた技術者を輩出してきました。理容師・美容師としての技術や知識の習得と同時に、一人の人間としても社会に貢献できるように、奉仕や思いやりの精神を、独自のカリキュラムを通して身につけていきます。授業では、ヘアやメイクをはじめ、ネイル、着付け、エステなど美容に関する基本科目のほか、色彩学やファッションプランニング、トレンド学、英会話など、美容師としての幅をさらに広げる選択科目も多彩。また、プロを講師に迎えて行う特別授業や、学生コンテストなど、切磋琢磨しながら現場力を鍛えていく機会が豊富に用意されているのも、国際文化の特長です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

国際文化理容美容専門学校国分寺校(専修学校/東京)