• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 中日本航空専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 林 勇輝先生(航空整備士)

岐阜県認可/専修学校/国土交通大臣指定航空従事者養成施設指定校/岐阜

ナカニッポンコウクウセンモンガッコウ

先生・教授

飛行機への愛、学校への愛、学生への愛が溢れている 先生

林 勇輝先生

航空整備科

【航空整備士】
飛行機 ・ヘリコプター ・空港

大学3年生の時に初めて乗った飛行機に魅せられて、「飛行機のそばで働きたい!」と大学卒業後に本校に入学しました。学生時代から本校も先生方も大好きで、学食でも先生の横に座っていろんな話を聞きながら食事をしていました。現在も半数以上、当時の先生がいらっしゃるので、本当に嬉しいです。新しいコースのオリジナル教科書を夜遅くまで残って作成されている姿を見ると、「愛だな」と感じます。飛行機と本校に出会えたことが私の大きな転機になりました。学生にも充実した3年間を送って欲しいです。親元を離れている学生も多く、親代わりだと思ってますから、気持ちが緩んでいる時にはガツン!と厳しく言います。学生が目指すのは、日本や世界の空を守り、命を預かる重要な仕事。プライドを持って仕事ができる人になって欲しいです。

自分が学校一、学校が好きだと思っています(笑)自分が感じてきたことを教えていきたいです

授業・ゼミの雰囲気

1本のネジのゆるみさえも人の命にかかわる世界。その意義と大切さをわかりやすく教えています。

林先生が教えるのは、1年生の基本実習。飛行機、ヘリコプターには、安全を守るために様々な工夫がされています。ネジを1本締めるにも地上と上空-50℃の激しい気温の変化や振動で壊れたり、緩んだりしないように、決められた締め方があります。それを座学と実習で教えています。学生時代や企業での経験を交えながら、スマホ世代にわかりやすいように、画像を多く使い、視覚でわかる授業を工夫しています。まだ先生としては3年目。授業のコツを学生時代に自分が教わった先生に聞いたり、学生からの質問で学ぶこともあるそう。

先生の中では若手の頼れるお兄さん的存在。常に学生の体調に気を配り、プライベートな相談にものっている

キミへのメッセージ

3年間、飛行機に関わりたい気持ちを持ち続けて卒業して欲しい。

航空整備士になるためには、必要な勉強をして、たくさんの知識と技術を身につけなければなりません。でも3年間頑張れば、将来にわたり好きな飛行機のそばで仕事ができるのです。頑張ろう!あなたの夢を応援します!

この先生・教授に出会えるのは…

中日本航空専門学校 航空整備科

ANA・JALと提携して、大型機の航空整備士を養成…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
中日本航空専門学校(専修学校/岐阜)