• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 中部楽器技術専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 管楽器リペア科

愛知県認可/専修学校/愛知

中部楽器技術専門学校

チュウブガッキギジュツセンモンガッコウ

管楽器リペア科

募集人数:
30人

通常、何年もの修業が必要な管楽器リペア技術を体系的で合理的なカリキュラムにより2年間で習得します。

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

目指せる仕事
  • 楽器クラフトマン

    楽器をつくる芸術家

    楽器を創り出す職人。バイオリンやギターなど、最初から最後まで作り上げる人。その楽器のことをよく知り、また音感をしっかり持っていることも欠かせない。

  • 楽器リペアマン

    楽器を修理する職人

    楽器が壊れたときに修理する専門家。楽器の素材や微妙な音色の調節なども行う繊細な作業。楽器を作る楽器クラフトマンが兼ねる場合も多い。

  • 楽器インストラクター

    専門の楽器について、演奏技術を教える

    ポピュラーやジャズ、クラシックなどさまざまな教室があるが、初心者からプロ志向の人向きまでそれぞれのレベルに応じた指導をする仕事。これらの教室は、従来の基礎から入る指導から、個人の希望を取り入れる方向に変わってきている。そこで生徒の希望を取り入れつつ、専門的な知識と技術を教えなければならない。

  • 楽器店員・店長

    ピアノ、ギターなどの楽器や音楽に関する広く深い知識が求められる

    ピアノ販売店、ギターショップなどの楽器店で楽器や楽器に関連する道具・アクセサリーなどを販売する仕事。楽器店を訪れる顧客は初心者からプロのミュージシャン・演奏家までさまざま。初心者には、楽器の選び方や扱い方に関するアドバイスが求められ、一方で、プロの専門的な質問にも対応しなければならないので、楽器や音楽に関する広く深い知識が必要とされる。自分自身も演奏の経験があるとプラスだ。店長は仕入れや売り上げの管理、店舗スタッフの管理なども大切な役割。

初年度納入金:2017年度納入金 147万円  (専用工具・オリジナルテキスト・制服代等として別途20万円程度必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

クラリネット、サクソフォン、トランペットなど2年間で6種類の管楽器を教材に学習
分解、修理、調整の実習を繰り返して、6種類の管楽器全てのリペア技術を学びます。木管のオーバーホール、金管のベル縁並行修正やピストン・ロータリー・スライドなどの調整技術を習得。「検品・見積もり」などの実務もマスターします。世界的な管楽器メーカーの工場を見学できる海外研修(任意参加)もあります。

授業

実際の仕事現場を想定した専用作業台を設置し、ベテラン講師がマンツーマン体制で指導
実際の仕事現場を想定し、限られた時間内で仕上げられる正確さと迅速さを身につけ実践力を養います。段階的カリキュラムと経験豊富なベテラン講師の教えにより、木管楽器と金管楽器に関する様々な知識を習得。少人数制とマンツーマン指導によって一人ひとりの技術レベルを確実なものにしていきます。

卒業後

楽器店でのリペア担当や楽器製造メーカーへの就職者を多数輩出
楽器店でのリペア担当として小・中・高校へ訪問。楽器メーカーでの開発スタッフや管楽器修理工房での専属リペア技術者として活躍できます。また楽器商社での出荷調整や海外技術指導など仕事の幅は広く、独立して工房を開く道も想定できます。学校の先生・スタッフが学生一人ひとりの就職を全力でサポートします。

施設・設備

木管楽器・金管楽器の多彩なリペアを経験
一人一台の個人用作業台は隣との間隔を十分にとってあり、しっかりと作業に集中できます。実習用楽器は、サクソフォン、フルート、クラリネット、トロンボーン、トランペット、ホルンを用意。数多くのリペアを経験することも卒業後に活躍するための強みとなります。

研修制度

各自に応じた卒業前の研修プログラムや、インターン実習による実地訓練で「即戦力」を養成!
卒業前には、入社後即戦力となれるよう、各自の就職先に応じた卒業前の研修プログラムを実施。内定先からの課題の習得、技術応用力の養成、商品知識の定着など、仕事に直結した内容です。また、楽器店の依頼・指導の下、社会貢献も兼ねたインターン実習も実施。中学や高校吹奏楽部の楽器リペアなどを担当します。

入試

筆記、実技、作文、面接により人物重視のもと総合的に合否を判定
試験内容は、計算・言葉・図形に関する筆記試験の適性I、管楽器関連の知識を問う筆記試験の適性II、理解力や作業姿勢を見る実技試験の適性III、作文(400字)、面接により合否を判定します。人物重視のAO入試は、7月から10月までに実施。推薦入試は11月から、一般入試は12月から始まります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス

    ヤマハ技術グレード

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    北海道教育楽器 、 関山楽器 、 ウィンズ・ユー 、 セントラル楽器 、 ミュージックライフTAO 、 ミルズ 、 KG-Reeds 、 石森管楽器 、 パール楽器製造 、 開進堂 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒466-0027 名古屋市昭和区阿由知通3-13-6
フリーダイヤル:0120-856-854

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市昭和区阿由知通3-13-6 「御器所」駅から8番出口を出て徒歩 1分
「名古屋」駅から徒歩 約15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

中部楽器技術専門学校(専修学校/愛知)