• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 町田・デザイン専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ビジュアル学群
  • グラフィックデザイン科

東京都認可/専修学校/東京

マチダ・デザインセンモンガッコウ

グラフィックデザイン科

募集人数:
40人

グラフィック、広告、パッケージ…様々なクリエイティブスキルを身につける

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • アニメーター

    原画家、動画家に分かれアニメの作画を行う。

    映画やTVのアニメーションの作画を行う。作画は、シナリオや絵コンテをもとに登場人物や背景などのデザインを描く原画家、その間の動きを一コマ一コマつないでいく動画家に分けられる。動画家は膨大な枚数を描くため、かなりの根気と正確なデッサン力が必要。

  • ブックデザイナー(装丁家)

    作品にあわせて本の表紙をデザイン

    本のデザインをするのが仕事。装丁家とも言う。作家によっては装丁家を指名する場合もある。需要は増えているが、デザイナーや画家が兼ねるケースも多く、ブックデザインだけで生活できる人はまだ少ない。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 広告プランナー

    商品などを売り出すためのアピール方法を企画する

    商品や企業イメージなどをその時代や流行、消費者ニーズを考えながら、どのように広告していけばいいのか企画するのが仕事。イメージ作りはもちろん、デザイナーやコピーライターを集めたり、どの時期にその媒体に広告を打つと効果が高いかなども考えながら仕事を進める。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • パッケージデザイナー

    買いたくなるパッケージをデザイン

    お菓子や化粧品など商品の内容や魅力が消費者によく分かるよう、容器・包装などのパッケージデザインをする。商品内容やターゲット、会社のイメージ、使用する素材と商品の相性などを考慮し、思わず手が伸びるようなデザインを生み出す。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • ディスプレイデザイナー

    ショーウィンドウなどを魅力的に飾る

    デパートのブティックのショーウィンドウに飾られるディスプレイや、ショップ内のデコレーションを行う。人目を引くような斬新なアイデア、流行を感じ取る鋭い洞察力、色や形のバランスを気遣う美的センスなどが必要。店舗が閉まっている夜間の業務が多い。

  • DTPオペレーター

    DTPに必要な印刷用のデータを作る

    編集者やデザイナーの指示に基づき、ページごとのレイアウト、体裁の調整などをパソコンの画面上で行い、DTPによる出版物の印刷用データを作る。DTP用ソフトの操作や画像処理などの知識・技術が必要。

  • アートディレクター

    雑誌、広告などのビジュアルイメージをつくる

    広告や雑誌、商品のパッケージなど、印刷物のビジュアルイメージをつくる責任者。例えば広告の場合、広告する商品・サービスのコンセプトをもとに、どんなイメージにするかを考え、それに基づいたアイデアをデザイナーやカメラマンに伝える。時には自らデザインしながら質の高い作品をつくっていく。

初年度納入金:2017年度納入金 124万円  (※教科書・教材費など別途)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

1年次で身につけたデザインの基礎を、2・3年次の実践的な環境で専門性・応用性を磨く
1年次は、ものの見方や考え方といった様々な知識を吸収し、さらに造形への感覚、技能を習得し、徹底してデザインの基礎を身につけます。2年次・3年次は将来の職業ジャンルを見据えた課程です。様々なデザインコンクールへの挑戦やインターンシップ(企業研修)への参加など、実践的により深く学ぶ場を提供しています。

卒業後

専門分野のノウハウとスキルを身につけ、即戦力のクリエイターに!
グラフィックデザイン系の企業を大別すると、媒体を扱っている代理店の制作部やプロダクションと呼ばれる制作専門会社などがあります。また、印刷会社の制作部も就職先としてあげられます。どちらにしても、2年次・3年次に選択した専攻の知識や感覚、技術を活かし社会で活躍することが期待されます。

資格

1年次はAdobe(R)Illustrator(R)、2年次はAdobe(R)Photoshop(R)の検定試験合格が目標
グラフィックデザイナーの仕事はすべてパソコンを使用した作品創りです。そこで、1年次からデジタル基礎としてAdobe(R)Illustrator(R)と2年次はAdobe(R)Photoshop(R)のパソコン技術を学びます。2年次までには両方の検定試験の合格を目指す、就活の基本として検定対策集中講座を設けています。

教育目標

創造性を鍛えた人材を育て、日々進化しているグラフィックデザインの世界での活躍を目指す
グラフィックデザインとは印刷効果を考えた平面表現ですが、近年デジタル環境の発展に伴いその表現はさらに拡大しています。多様な社会環境の中でクリエイターとして活躍できる人材を育てるために、まず物の捉え方や考え方などへ繋がる人間力を育成。基礎を身につけ、志望する進路へのスタンスをしっかり持たせます。

奨学金

本校独自の特待生制度あり
【AO奨学生制度・特待生制度】経済的負担を少しでも軽減すべく1年次の授業料の一部を免除する制度。

入試

入学資格・選考方法について
入学資格/高等学校卒業以上及び2018年3月高等学校卒業見込者、高等学校卒業程度認定試験合格者。
☆選考方法
AO入学/AOエントリー→書類選考、面接
推薦入学/書類選考、面接
※詳しくはお問い合わせください。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • Illustrator(R)クリエイター能力認定試験 、
    • Photoshop(R)クリエイター能力認定試験 、
    • POP広告クリエイター技能審査試験 、
    • DTPエキスパート認証試験

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    クラウドエイト 、 インターコネクト 、 ナナマルニ・ワークス 、 グラス 、 ベイブリッジ・スタジオ 、 暁和 、 エムダブリュ 、 タキオ・アートスタジオ 、 カタオカデザインワークス ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※その他、フリーのイラストレーター、グラフィックデザイナーとしても活躍

問い合わせ先・所在地・アクセス

【入試広報室】〒194-0022 東京都町田市森野1-26-8
TEL 0120-27-0204 (携帯、PHS可)
MAIL infonyugaku@mdc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都町田市森野1-26-8 小田急線「町田」駅から徒歩 3分
JR横浜線「町田」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内


町田・デザイン専門学校(専修学校/東京)