• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 長崎リハビリテーション学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 言語療法学科

長崎県認可/専修学校/長崎

ナガサキリハビリテーションガクイン

言語療法学科

募集人数:
40人

見学や実習などの豊富なカリキュラムをもとに、コミュニケーション能力の高い言語聴覚士を育成

学べる学問
  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 言語聴覚士

    病気などによって言葉の障害をもつ人たちのリハビリ専門家

    音声機能、言語機能、聴覚に障害を持つ人の機能向上のためのリハビリ指導をする仕事。医師や歯科医師の指示のもとで、診療の補助を行う。音声・言語・聴覚機能障害には、身体的な面だけでなく事故や病気による精神面や環境面での要因が絡んでいるケースが多いため、家庭環境なども調べながら根気よく訓練を介助する。

初年度納入金:2017年度納入金 155万円  (入学金、授業料を含む/教科書代、教材費、実習費等、諸経費が別途必要です)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

コミュニケーションの原点である「ことばや聞こえ」の世界を深める
1991年、九州初の言語聴覚士養成のために設置された本学科では、「ことばや聞こえ」に問題を生じた人々の円滑なコミュニケーション活動を支援する人材を育成します。脳卒中や事故などによる失語症、運動障害性構音障害、摂食・嚥下障害、ことばの遅れなどに悩む多くの人々をサポートするための知識と技術を学びます。

カリキュラム

「人間性」を磨き、専門科目の学習と臨床実習を重ね、仕事のやりがいを実感
言語聴覚士としての知識と技術を習得できるカリキュラムを用意。1年次では一般教養のほか解剖学や生理学など医療に関わる土台を作り、早い時期から各施設への見学や実習を行います。2年次から言語聴覚療法の専門科目として実際の臨床活動に即したグループワークを、3年次では16週間に及ぶ臨床実習などを実施しています。

授業

現場に即した見学や実習のほか、問題解決能力やプレゼン能力も養う
本学科のカリキュラムは、必要な科目では基準を上回る時間数を確保。また1年次より少人数のグループワークを導入し、どんな問題にぶつかっても解決できる力や、他者に物事をきちんと説明できるプレゼン能力も養います。パソコンを活用したプレゼン授業や、授業の合間をぬってのボランティア活動などにも取り組んでいます。

卒業後

病院などの医療現場はもちろん、保健・福祉・教育など活動の場は多彩
卒業生の大半が病院や診療所のリハビリテーション科、介護老人保健施設などに就職したり、障害児通園施設や福祉センターに勤務するなど高い就職率を誇っています。九州で初、全国で5番目に設立された学科であることから信頼を築きつづけ、現在491名を超える卒業生が九州を中心に活躍しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 言語聴覚士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    燿光リハビリテーション病院 、 佐世保中央病院 、 川棚医療センター 、 長崎病院 、 長崎市民病院 、 長崎北病院 、 長崎医療センター 、 県央保健所 、 市立大村市民病院 、 長崎県島原病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒856-0048 長崎県大村市赤佐古町42
フリーダイヤル 0120-635-636

所在地 アクセス 地図・路線案内
長崎県大村市赤佐古町42 JR「大村(長崎県)」駅からタクシー 約3分
JR「大村(長崎県)」駅から徒歩 約10分

地図

 

路線案内


長崎リハビリテーション学院(専修学校/長崎)