• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 長崎リハビリテーション学院
  • 学校の特長

長崎県認可/専修学校/長崎

ナガサキリハビリテーションガクイン

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

拡大するリハビリテーションの需要に対応できる人材を、多彩なカリキュラムで育成

運動器機能障害に加えて、肺や心臓などの内部疾患による運動障害、さらに生活習慣病などの病気の予防にも対応できるよう、時代の流れに沿ったカリキュラムを毎年組み直しています。本学院独自の「痛み」についての基礎講座から臨床・専門までの系統的講義、ホスピタリティー論、福祉住環境コーディネーター検定試験(R)受験に対応した科目など、充実した内容となっています。理学療法学科、作業療法学科、言語療法学科の3学科併設により、学科間・学生間相互の交流がもたらす様々なメリットもポイントです。学校の特長1

歴史や伝統がある

歴史と伝統に裏打ちされた国家試験合格実績!就職実績が証明する信頼の高さ!

リハビリテーションの先駆け的存在として、九州で2番目の理学療法士養成校として1981年に創立し、1991年に九州で最初の言語療法学科、2004年に県内唯一の夜間部(理学療法学科)、さらには2006年に作業療法学科を開設しました。こうした36年の伝統と歴史に裏打ちされた、国家試験合格率と就職率の高さも本校の大きな魅力です。学校の特長2

就職に強い

北海道から沖縄まで全国に広がる、活躍の舞台

専門分野の知識と社会人としての常識をバランスよく身につけた卒業生たちが、北は北海道から南は沖縄まで、全国の病院や施設などに勤務しています。長年の歴史を持つ本学院と病院施設のつながりで就職が有利になるのも特徴です。さらに、担任制を取っているため、きめ細かな指導が可能です。したがって学生の悩みや不安もスムーズに解消でき、深い信頼関係を築けています。学校の特長3
長崎リハビリテーション学院(専修学校/長崎)