• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京YMCA社会体育・保育専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 社会体育専門課程
  • スポーツインストラクター科

東京都認可/専修学校/東京

東京YMCA社会体育・保育専門学校

トウキョウワイエムシイエイシャカイタイイクホイクセンモンガッコウ

スポーツインストラクター科

募集人数:
80人

スポーツクラブで健康維持増進、水泳・水中運動指導、幼稚園体育指導、サッカーコーチなどのスペシャリストを養成

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • アウトドア・キャンプインストラクター

    参加者の安全や命を預かり、人と自然をつなぐアウトドアの達人

    キャンプ場などで、キャンプのルールやマナー、野外炊事やキャンプファイヤーなどの方法を指導するキャンプインストラクター。総合的な自然体験活動であるキャンプを支援するのが役割だ。自分で楽しむのとは違い、参加者の安全や命を預かる大切な役割を担い、人と自然とのよりよい関係づくりをすすめる。

  • スポーツトレーナー

    一般の人からプロ選手まで、トレーニング指導の専門家

    プロ野球選手の専属トレーナーが注目されて話題になるなど、スポーツトレーナーの仕事は奥が深い。トレーニングする相手の体質や、健康上の課題をつかみ、その人にあったアドバイスや指導をしなければならない。体のしくみや栄養知識など、高度な専門知識がもとめられる。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • 体育教師

    授業や課外活動でスポーツの指導をする

    児童・生徒に陸上競技、球技、水泳など様々なスポーツの指導や、体の仕組み、応急処置などの知識を教える。積極的に運動を楽しむこころを育てるとともに、適度な運動で健康な体をつくることをめざす。中・高等学校では運動部の顧問として活躍することも多い。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

初年度納入金:2017年度納入金 120万円  (実習費・演習費含む。※幼稚園教諭2種免許状〈国〉取得希望者は158万円〔併修費用含む〕)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

スポーツの魅力と楽しさ、健康の大切さを伝えるスペシャリストを養成
スポーツの楽しさを伝えつつコミュニケーション能力を身につけ、興味ある分野を中心に学び、技術・能力のレベルアップや、心身ともに健康へと導くことができるスポーツ指導のスペシャリストを目指します。YMCAの施設・指導員の元で行う指導実習で養われる実践指導力には業界からも評価をいただいています。

カリキュラム

YMCAの充実した施設と、プロ指導者による行き届いた指導実習でスポーツ指導エキスパートに
スポーツの科学的な知識・技術、楽しく継続できるコミュニケーション能力、年齢に応じた指導力を重点に学びます。また、幼稚園や各種スポーツ施設で、子どもの発育・発達に即した遊び・運動を提供できるインストラクター・幼児体育指導員を、現場での充実した指導実習の中で養成します。

実習

YMCAは“現場主義!”。併設総合スポーツクラブで、実践力・指導力を養成
併設されたYMCAの総合スポーツクラブ・スイミングスクールで、指導アシスタントとして現場指導の中で継続的に指導力を養います。プロの現場に継続的に入るのはYMCA独自の養成システムです。毎週1回は指導現場に入り、プロの指導員の指導を受けます。実習の積み重ねが、“即戦力として”定評ある指導力養成の源です。

資格

こどもスポーツコースでは、幼稚園教諭2種免許状<国>も併修可能
幼稚園やスポーツクラブで、幼児の遊びや運動の指導ができる人材を養成するこどもスポーツコースでは、希望により、幼稚園教諭2種免許状の取得が可能になります。※近畿大学九州短期大学通信教育部との併修修了により取得可能。

施設・設備

学校と総合スポーツクラブがドッキング!
学校にはYMCAが運営するスポーツクラブが併設。25メートル×5コースのプールをはじめダイビングの練習もできる可動床プール、トレーニングルーム、体育館、スタジオ、フットサルコート、テニスコートなど充実した施設・環境があります。YMCAの総合力の中で専門性を磨きます。

イベント

仲間と一緒に体験することでスポーツの楽しさが見えてくる
よい指導者になるためには、まず指導される者としての体験が大切。YMCAでは数々のスポーツ・野外活動を通じて、教室内では学べない体験を積みます。1年次必修のキャンプ実習のほか、夏・冬に行われるスポーツ実習では各種プログラムを体験するとともに、スポーツイベントに携わり、企画・運営する力を養います。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 健康運動実践指導者 、
    • 水上安全法救助員 、
    • 幼稚園教諭免許状<国> (2種/近畿大学九州短期大学通信教育部併修修了で取得)

    公認水泳教師
    テニス指導員
    公認C級サッカーコーチ
    日本赤十字社救急法救急員

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    埼北スイミングスクール 、 メガロス 、 スィンスイミングスクール 、 東京ドームスポーツ 、 東京マリンスイミング&フィットネス 、 柏洋スイマーズ 、 コスモスポーツクラブ 、 東京ドルフィンクラブ 、 東所沢スポーツクラブ 、 ダンロップスポーツウェルネス ほか

※ 内定先一覧

<四年制大学編入学>鹿屋体育大学、仙台大学、東京女子体育大学、国士舘大学ほか ※2016.12現在

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒135-0016 東京都江東区東陽2-2-15
TEL 03-3615-5577
sports@tokyo.ymca.or.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東陽町キャンパス : 東京都江東区東陽2-2-15 「東陽町」駅西口2番出口から徒歩 3分
「錦糸町」駅からバス15分 東陽町駅前下車  徒歩4分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京YMCA社会体育・保育専門学校(専修学校/東京)